血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

継承の成功者

読了までの目安時間:約 3分

 

先達て、騎手の時代にはターフの魔術師とも称される巧みな手綱捌きでファンをうならせ、調教師としてもバンブーメモリーなどを育てた武邦彦氏が亡くなられた。
同じ道を進んだ歳の離れた末の息子二人は、沈痛な面持ちで葬儀に参列したことも大きく報じられた。

そんな稀代の名手を勝手に弔う気分になっていた一部外者が、ふと重賞年表を覗いてみたところと、現役時ライバルと言われた福永洋一元騎手と愛息祐一騎手の活躍とともに、恐ろしく勝負強く、でも、ちょっとツキがない感じまでそっくりな横山親子の栄光が、見事なコントラストとして浮かび上がってきた。
三者三様。子の代になっても、鎬を削る対戦構図に変化はなし。

各々の個性は、旧八大競走の未勝利記録に凝縮されているといっても過言ではない。
そして、それが案外えげつないデータを顕在化させることにも気づかされた。

桜花賞 典弘×
皐月賞 富雄、祐一×
天皇賞(春) 邦彦、祐一×
優駿牝馬 邦彦、洋一×
東京優駿 富雄、福永親子×

<宝塚記念 祐一×>
菊花賞 富雄×
天皇賞(秋) 邦彦×
有馬記念 富雄、福永親子×

親子制覇が必ず一組成立していること。父超えを果たしながら、どことなく縁のないところがよく似ていたりすること。
そして、
「親子制覇を各々2レース以上果たしているということ」

複製など滅多なことではできやしない厳しい世界において、まさに、異質の存在というべき3組の親子について思うのは、それぞれがサラブレッドを愛し、子は父を尊敬して、何とか父の域を追い越してやろうと必死に技術を研鑽していった戦いの稀有な勝ち残り組だということ。

数字上では父の立ち位置とは最低でも同格以上となった子たちは、それを成したからこそ、父と並び称される名手と世間に認知されるのである。
それをよく知っている子が、父のどこか一点でも自分のライバルとなり得る部分を見出したからこそ、今の位置があるように感じる。
血には抗えないとは言っても、そこに真っ向から立ち向かっていくのが己の成功の最短の道だと、どこかで確信したのだろう。
思い当たる節がないわけではないが、彼らのゴールはまだ先の方にある。

 

コラム

2歳馬選定 新馬・未勝利総括

読了までの目安時間:約 3分

 

やけに気になる1800勝ち上がり組が多い。ざっと記していく。
7/31 ソウルスターリング<牝> 札・新 父フランケル
8/6 レジェンドセラー 新・未 父ルーラーシップ(新馬・イブキの2着)
8/7 ランガディア 新・新 父キングカメハメハ
 〃  ミラアイトーン 小・新 父ロンロ
 〃  インヴィクタ 札・新 父ハービンジャー
8/13 ニシノアモーレ<牝> 新・新 父コンデュイット
 〃  アダムバローズ 小・未 父ハーツクライ(新馬・キャスパリーグの2着)
8/27 ジュンヴァリアス 新・未 父デュランダル(前走・中京2歳S4着)

が、28日小倉デビューのヴァナヘイム<キングカメハメハ×グルヴェイグ>が楽勝してしまったから、序列ができてしまった。
無論、まだ成長途上なわけだが、母マリーシャンタルのランガディアや母ニシノマナムスメのニシノアモーレなどは、分かりやすいクラシック血統で、重しとなるナスルーラの芝血統の入り方の差がかなり興味深い。
現時点では、在来牝系の馬に自在性のアドヴァンテージがあると思う。

週末の札幌にはインヴィクタが登場するが、芝2戦目のトラストもいるから、先月評価したアドマイヤウイナーなど、川崎の才能との対決を注視したい。

小倉2歳Sはレーヌミノルで大丈夫そうだなと思っていたら、翌週にメイソンジュニアというスケールの大きそうなアメリカ血統の馬が登場した。
理屈の上では、新馬戦から差して勝ったレーヌミノルの方が評価されるべきだろうし、函館ではそういう結果になった。
ただ、大物であるかどうかも重要で、メイソンジュニアには奥行きの深さを感じさせる先行力がある。
北海道で1200戦を2-1着としたアンジュデジールも、ディープ産駒で母系も大物が出そうな配合だから、意外と侮れない存在か。
九州産の星・カシノマストは、今ならそれらと伍して戦えるだろう。

スマートファルコン牝駒のビーチマリカとゴールドアリュール産駒のエピカリスは、どの時期のダート新馬に出てきたところで、きっと期待に応えていただろうから、クラシック向きではないけれども注目したい。
結局、ダート馬の方が長く応援できる。

 

コラム

日・元伊の2強対決・WAJS

読了までの目安時間:約 2分

 

良馬場の札幌。全4戦のワールドオールスタージョッキーズの初戦は、2600Mの腕比べ。
巧みな手綱捌きで人気に応えた岩田騎手と、元芝馬の才能を再び引き出した武豊騎手の鮮やかな着拾いが、ファンの心を掴んだ。

2戦目も駆け引きが目を惹いた2000M戦。
このシリーズにありがちな穴馬の決着は、兄M.デムーロの十八番である中距離戦での積極策で逃げ切り。
またしても武豊騎手が内からすっと抜け出しを図るも、また届かずの2着。
皐月賞や札幌記念で好成績を収めている両者らしい、勝つための競馬ができていた。

マジックマン除外の翌日曜日の第3戦<1200M>でほくそ笑んだのは、断然人気の武豊とその隣から一発を狙ったミルコだった。
イッテツの競馬ぶりに進展があったことで、かなり丁寧に乗った武騎手は、じっくり追い出しを待ってから仕掛けるも、外から先行馬の動きを見ながら仕掛けたデムーロ&クリノハッチャンに有利な展開に。
ペースが落ち着き、勝ち馬の末脚が活きた。

この時点で、最終戦の騎乗馬のレベルから、ほぼM.デムーロ騎手優勝は決まっていたが、最終の1800Mは違った展開に。
直線雁行状態の大外から、芝など前日乗ったのが殆んど初めてという永森大智騎手騎乗のメイクアップが快走し1着。
またしてもやってきた元芝馬のランドオザリールを駆ったC.ウィリアムズの積極策からの逃げ粘りで、馬券は大波乱。
ただ、あまりにも小回り上手の2人が目立っていたから、これはこれで楽しかった。

なんでもありだったモレイラ騎手が最後に3着したが、餅は餅屋という結果に。
この刹那の夏の共演をもって、秋シーズン開始のホイッスルが鳴らされた。

 

ニュース

新馬回顧<8/27・28>

読了までの目安時間:約 3分

 

少しはまともな気温に落ち着いた今週は、1日1鞍×3で計6鞍の新馬戦が行われた。

土曜日は1200戦が2つ。
今週も小倉が発走順で最も早く行われた。
そこで勝ったアオアラシは、軽いミスプロの代表格たるアルデバランⅡの影響か、器用にインから差してきて、2着に2馬身半差つける圧勝で初陣を飾った。
マイル以上に向く母系の配合からも、時計の限界はありそうだが、強かったのは間違いない。
札幌では、外国産馬のリエノテソーロが上手な競馬で、ゴール前抜け出した。
配合相手に困らないアウトヘイルトゥリーズンの主流偏在の配合だから、楽しみは今後も長続きしそうな牝馬だ。

新潟のマイル戦を制したルートディレクトリは、速い上がりの競馬を中団前目からの成功の抜け出しで勝利したのだが、タートルボウル×シンボリクリスエスのイメージよりはタフさを感じさせない、すんなりしたレース向きの印象で、来年の新潟でまた出番ありというタイプかもしれない。
ライバルが少しデビューが早かった印象もあって、低調だった。

日曜日は、新潟2歳Sと小倉1800でデビューするキンカメ×グルヴェイグのヴァナヘイムを見るというのが、ファンの楽しみだった。
あいにくの雨模様で、芝は稍重。しかし、スムーズに中団外目につけ、馬場を考慮した早めの仕掛けで動いて行けたから、その時点でゲームセット。
直線追うこともなく、こちらも祖母シンコウラブリイの名血・ディランフィールドを子供扱いだから、むしろ、そちらの精神面の方が気になるくらい。
勝ち馬の課題は、坂のあるコースでの時計勝負だ。

新潟芝1200戦は、最後は評価がまるで違う同士の一騎打ちになり、上位人気に支持されたダノンハイパワーが競り落とした。
グロリアスソングの3×4を持つ同族配合で、ヘイローのクロスも継続させ、意図的にスピード型にした印象あり。
札幌ではダート1700戦が行われ、人気のブルーヘヴンの暴走気味の逃げに同等評価を受けていたリガスの好位付けも裏目となり、それらを唯一追い上げていったサリーバットマンがごっつあんする展開に。
勝ち馬は父スクリーンヒーローで、乱戦向きだったか。

 

レース回顧

キーンランドC 回顧

読了までの目安時間:約 4分

 

モレイラの勢いを止められるのは、もはや、この日本には戸崎圭太しかしなかった。
押し出されるようにして先行したシュウジを、測ったように差し切ったブランボヌールが、約1年1か月ぶりの勝利を挙げた。
ともに、夏のローカルで未来の飛躍を約束された同士。
しかし、距離の壁は大きく、気持ちスケールダウンでの参戦は、残念と言えばそうなってしまう。

それにしても、いつもよりはやりやすい、ましてや、WSJSに乗っている騎手とすればこんなに乗りやすいことはない14頭立てのリズムは、いつもどう行くか出てみてからでないと決められないところのあるシュウジと、金曜の時点で大外の14番枠で自在性を活かして競馬できればかなりのところまでやれそうだというブランボヌールとで、古馬との対戦実績を買われ、またモレイラの破竹の勢いも手伝って投票に拍車のかかったシュウジは、実力以上のプレッシャーと一応テン乗りという不確定要素があったことまで考えると、いくらかブランボヌールは有利な状況で戦えたのだろうと推察される。

そして、それを後押しするように、恐らく昨夏の反動があって、秋以降なかなか体重減に歯止めがかからなかったものが、大した休養もないのに、今回はプラス20kg。
パドックを見るまでもなく、最後のゲート入りとなったことでスポットライトを浴びたスタート直前の歩く姿を見ただけでも、自分の持っているものを出し切れる状態にあることは明白だった。
逆に言えば、そこから20kgも体が足らない状態にありながら、一応クラシック仕様に作り上げた効果もあったのだろうが、なかなか歯が立たなかったメジャーエンブレムと、NHKマイルCでは0.3秒差。

シュウジにはその時は、0.3秒先着している。
枠のことも、体が戻ったことももちろんあったはずだが、何より、馬が成長力を示したことを春の時点で証明できていたブランボヌールには、一日の長があったのである。

ただ、今後を展望していくと、ブランボヌールには時計勝負への疑問がしばらくつきまとうことになる。
NHKマイルCも1:33.1。スプリントでも1:08.5だから、今回の走破タイムをどう更新していくかが鍵。
ディープの仔の中には、ディサイファやダノンバラードのように、母方のタフな血統の影響を受けて、東京、京都の超高速決着より中山、阪神のやや渋い競馬を好むタイプがいる。
若いうちに適応できるようになれば、しっかりと芯のある現役トップクラスの能力を持つ馬へと成長するのだろうが、ある意味、時計が遅くなると普通の馬になってしまうベルカントとは真逆の性質で、しかし、括りでは似た者同士となる可能性がある。

「それはシュウジも同じ」
前回1:07.8で走れたシュウジは、今回は主導権を握りながら、それと0.8秒遅い時計で走り切った。
名前からして、風に流されるタイプというより、自分を主張して結果を残していく武骨なタイプにも思えるのだが、今は低迷期なのか、成長していく軌道に乗れていないような気もしないではない。
数的評価に偏った嫌いもあるが、こういう馬たちは、少し距離を延ばした1400Mの時計勝負に対応できた瞬間、突如として変貌を遂げるものだ。
体調だけは間違いなくいい頃に戻っているレッツゴードンキに先着しているのだから、一芸に秀でているだけの馬ではもったいない。
反対に、昨年の重賞活躍馬の方は、今後も出番は少なくなるだろうという内容の凡走であった。

 

レース回顧

1 2 3 7