競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ダービー馬の意趣返しか

読了までの目安時間:約 2分

 

凱旋門賞と英チャンピオンSを両睨みで、それぞれの前哨戦に最も重宝されている3週間前の愛チャンピオンSで、よもやの惨敗を喫していた、今季の仏ダービーウイナー・アルマンゾルのまたしても、まさかの凱旋門賞参戦が、俄かに現実味を帯びてきた。

近年のトレンドである、無敗のオークス馬による古馬斬りが、ラクレソニエールの事実上の故障回避により叶わなくなり、代わって主役候補になる斤量利のあまりない古馬勢と、昨年のような主役の不発によってでしか出番の巡ってこない3歳牡馬の争いとなれば、まだチャンスがあるのでは…。

水曜日の昼下がりの時点では、まだはっきりとした陣営の意思は示されていないが、古馬が不利ということは誰でも理解しているところ。

世界の潮流に合わせて、ダービーもオークスも2400Mから短縮してからというもの、地元のダービー馬はなかなかチャンスを得るところまでも至らず、前述したように、牝馬も強いし、一時期よりも英ダービー馬が盛り返すシーンも多く見かけるようになってきた。

フランスの誇りである「欧州競馬の最高峰」が、芝競走におけるステータスで在り続けるためには、ネイティヴダンサー系が3連続で配されたこのスピード優先型の中距離馬に、勇躍参戦、大立ち回りを演じた末に日本のダービー馬もろとも葬り去ってもらいたいという気持ちはなくもないはず。

前走惨敗から名誉回復の一手として、再びの国内戦での大金星を目論むならば、それなりの根拠を示す義務が陣営には求められる。
今秋のアメリカ、アジア遠征まで視野にあるならば、当然、どの道を進もうとも好結果を出さなければいけないが、果たして。

 

ニュース

重賞1番人気敗退の復習③

読了までの目安時間:約 3分

 

オールカマー

21世紀に入ってから、中山では13回行われているが、1番人気は【4315】とまあまあ。
ただ、大きな落とし穴があって、【3310】と【1005】という明らかな棲み分けが、GⅠ連対実績という細かい目のフィルターを通すと、実に分かりやすい形で顕在化する。
GⅠ3着があったエアエミネムと、ダイワテキサス、ハイアーゲームに差がついたのは、休み明けなら格上の馬で、そうでなければ夏に結果を出していること。
加えて、4着の両者は、ここに至るまでが大分タフで、テキサスは関屋記念で61を背負って好走し、ハイアーは歴史的レコードの出たダービーの3着。
消耗しても、半端な上昇力でも、ここでは通用しない。

あとの消えた組は、基本的に押し出された人気だから、小倉、新潟記念に毛の生えた程度のメンバーでない限り、夏競馬組は連下としたい。

神戸新聞杯

07年の大幅変更後の9年間で、1番人気馬がダービー不参戦であったケースは、ただの一度もない。
ダービー連対馬は【4400】とほぼ完璧なのだが、ここで1番人気だと【4100】。
10年にダービーの着順が入れ替わったのが唯一の敗戦の例で、あとは楽勝か力が違うというパターン。

が、ダービー連対馬を差し置いて、ダービー1番人気の着外の馬がまた人気になると、【0002】で、何故かダービー連対馬も敗れる。
ダービーのレベルも多分に影響するようで、セントライト記念でダービー組の馬が勝つと、1番人気は【3200】でクラシックホースは負けていない。
波乱は来年以降に期待である。

翌週行われるスプリンターズSは、GⅠ昇格後のこれまで1番人気が【11618】という結果で、イメージよりはまともに収まっているのだが、3着以下となると、あのタイキシャトル以外は、競走中止のケイエスミラクルを除けば、
ダイタクヘリオス
ゼンノエルシド
サニングデール<不良>
アルティマトゥーレ
グリーンバーディー
ロケットマン
ハクサンムーン

らが、実績上位ないし、同格くらいの馬を差し置いて、国内の強い馬がいるのに過剰人気になった面々ばかり。
勢いと実績に逆らうレースではない。

 

コラム

戸崎と牝馬とMVJ

読了までの目安時間:約 3分

 

中央移籍直後から、日本競馬の中心的存在になった戸崎圭太。
いい時というのは何でもうまく回っていくもので、今は人気のあるなしに拘わらず、ベストポジションからのスムーズな抜け出しで、極端な策をとらずとも結果を残し続けている。

戸崎の成長要因は、名牝との邂逅とイコールである。
実績に加え、騎乗スタイルが地方出身騎手の今までのそれとは一線を画すことにより、牝馬を任せたい、もっと言えば、牝馬全盛の時代にあって、高水準の牡馬混合GⅠにも対応可能な馬はゴロゴロいるから、その機会は必然的に増加した。

中央の所属になってからというもの、勝利はおろか、2着になったGⅠもことごとく牝馬戦であり、牝馬でのもの。
今春も、牝馬でGⅠシーズンを締めたようなところがある。
ジェンティルドンナ、ストレイトガール、いずれタイトルを獲ってくれるだろうルージュバック…。

サマーシリーズの終盤も、ブランボヌール、カフェブリリアントらをアシストすることで、断然の優勝に繋げた。
思えば、テン乗りのビッシュも、タフな流れが比較的得意ということをオークスで証明していたとはいえ、見事な捲りで完勝だった。

福永祐一が牝馬のエスコートを得意とすることは知られているが、彼とリーディング争いを繰り広げていた岩田康誠などもそう、何故だか、牝馬のタイトルに縁のある騎手というのは、必然的にMVJの最有力候補になっている。

騎手それぞれに、短距離であるとか、地方出身ならダート、中央のベテランなら中長距離と、得意分野というのはあるから、それぞれで必ずしも巧者やチャンピオンがいるとは限らない牝馬という括りで得意というのは、あまり強調点とはなりえない。
でも、平均的に満遍なくとなった時に、牝馬の力を借りないと勝ち鞍も賞金も稼げないということなのだろう。

近年は、地方出身騎手の影響を受けてか、かなり大きなアクションで追う若手が増えているが、地方から来た騎手は、牝馬へのアプローチをマスターすることで、芝への対応力に柔軟性を加えて、成功例を作った。
あまりにも学校で習ったことと違うことをやりすぎると、一からやり直しになってしまう。
戸崎に学べ、である。

 

コラム

ホワイトフーガ敗れる

読了までの目安時間:約 2分

 

敬老の日、大井の昼間の開催で行われたJBCレディスクラシックの最重要前哨戦であるレディスプレリュード(1800M・重馬場)は、単勝オッズ1.3倍、昨年大井で行われたレディスクラシックを圧勝したホワイトフーガが、直線はその時通ったインのラチ沿いを選択するも、マイペースで前を行った園田のトーコーヴィーナスをなかなか交わせずにもたついていたところ、外から抜群の手応えで伸びてきたタマノブリュネットにまとめて捉えられ、同馬が重賞初制覇を達成し、波乱の結果に終わった。

勝ったタマノブリュネットは、ジャパンダートダービーを圧勝したキョウエイギアと同じディープスカイの産駒。
2着に入ったトーコーヴィーナスが、3歳ダート路線のトップホースであるケイティブレイブの父・アドマイヤマックスと同じ一族のクロフネ産駒。
勢いのある血統に、女王が大いに苦しめられることとなった。
4歳勢の層の厚さは知られるところだが、ホワイトフーガ1強ムードは、この一戦を以って、様相は一変した。

ホワイトフーガの敗因に関しては、様々考えられるものはあるが、本質的に器用ではないことが、蛯名騎手とはここまで2戦2勝で息もぴったりという自在のレースぶりの裏の目として出てきて、今回不発に終わった可能性がある。
最初は、1400戦をハイペースの差し切り。
前回のスパーキングレディーCは、途中から自分のレースに持ち込むために先行策をとって、力の違いで押し切っていた。
昨年のこのレースでは、当時の女王サンビスタなどに力でねじ伏せられていたから、未だ成長途上の馬ということも考えられる。
いずれにせよ、本番では巻き返さないといけない。

 

ニュース

新馬2016<9/17・18>

読了までの目安時間:約 3分

 

台風再来襲直前、実に穏やかな日和の土曜日は、若駒のために用意された開催日となった。
芝・ダート含めた4つの新馬戦が行われ、お行儀のいい競馬をした4頭が、それぞれに強さを見せた。

順当な競馬となったのが、圧勝馬が登場した阪神。
芝1400はアグネスジュレップが8馬身差、ダ1800ではゲキリンが3馬身半差をつけ、力の違いを着差で示した。
アグネスデジタルの牝馬とタピット直仔・タピザーの持ち込み馬という、それぞれがタフな条件を好む父を持つ影響か、新馬戦から能力全開であったから、次戦での反動もやや気にはなるのだが、十分重賞でも通用する能力の持ち主であることは、今回証明されたと言える。

中山では、芝の1800と1200のレースが、人気上位馬の不発で波乱の結果に。
1800逃げ切りのアルミューテンは、またしても登場のスクリーンヒーロー産駒だが、祖母プリモディーネの牝馬で、まずはフラワーC辺りを目指して調整できると、意外と活躍できるかもしれない。
この日はドスローの逃げ切りで、参考にならない。
1200も牝馬のキャラメルフレンチが快勝。タイキシャトル産駒。
これより人気の2頭が、ダイワメジャーとアグネスデジタルだったから、適性の差もあった印象。

日曜日は一転、阪神は雨に泣かされ、人気のザウォルドルフは直線お釣りなしの内容で、馬群に沈んだ。
この芝1800戦。1:50.5で決着しているから、重の競馬でも、かなり中身の濃い競馬。
武豊の重馬場適性はよく知られるところだが、それに応えて、終い伸びきったワンダープチェックは優秀といえる。
これがハーツ×Sキャットで、これに続いたのが、Sゴールド×ムトトとWマズル×エルコン。総合力で上回ったように感じた。

渋った程度の中山マイルは良。牝馬戦なのでよかった。
ただ、中盤までは阪神より遅い流れで、人気のヒストリアももたもたしていたが、坂の辺りでエンジン全開で快勝と相成った。
こちらもハーツクライで、母系の構成も似たような感じ。おまけに蛯名騎手騎乗と、揃いも揃った2戦だった。
重馬場でも勝っていただろう。

 

レース回顧

2016年 サマーシリーズ総括

読了までの目安時間:約 3分

 

スプリント

優勝 19pt ベルカント
事実上、北九州記念の出走馬確定の時点で終戦。
そこでは力を発揮できなかったが、まともに使える状態でレースに挑むことが、夏競馬において何より重要なことは、己も負けながら、同日の北海道で再び苦杯を嘗めることとなったモーリスのそれを見たことで、誰もが確信する結果となった。
アイビスサマーダッシュの連覇は、特段驚きを以って、その事実を共有する必要性も感じなかったが、あんなに勝負強いベルカントは、皆が初めて見たわけで、夏女の代表格として今後も、その功績は語り継がれるだろう。

2000

優勝 15pt アルバートドック
新潟記念で夏のチャンピオンを決める時は、札幌記念組と互角に勝負できるかが、判然とする結果となる場合が多い。
そのためには、トランスワープやトウケイヘイローのように、なかなか難しいシリーズ2勝での実質完全優勝を決めることが求められる。
アルバートドックはどうだったのか。
陣営は、やや左回りに不安を感じていたようだが、少々ややこしいハイペースの決め手比べで、時計勝負への自信は深める一方で、肝心の決め手では、超大型馬の豪脚に屈する結果に終わった。まだローカル要員であろう。

マイル

久々の該当馬なし。
いつものように荒れた中京記念。
その結果がまるで反映されない、高速決着の関屋記念。
そして、腐っても鯛の京成杯AHという格。
チャンピオンが乱世を統一したのは、もう過去の話であると証明するかのように、今年も突出した候補は出てこなかった。

騎手

優勝 41pt 戸崎圭太
前年覇者と今期のチャンピオンジョッキーとの一騎打ちは、騎乗馬の質、実際問題は勝利数の差でもあったが、やはり、ムラが出るかどうかという、イメージに見合った結果だったように感じる。
GⅡ2戦はパス。更に、シリーズ戦に6回の参加でありながら、7、1、1、1、2、2では、手も足も出ない。
夏競馬終了時で、JRAの勝ち星は135。先週は4勝で、重賞も両方連対。
ある意味、勝利数に関する争いは、これにて終了といった塩梅だ。

 

コラム

新馬2016<9/10・11>

読了までの目安時間:約 3分

 

快晴の土曜日。
中央2場の秋開催がいよいよスタート。最高の馬場コンディションの中、土日で3鞍ずつ組まれた新馬戦は、芝のマイル以下のレースからスタート。

阪神ではマイル戦と牝馬限定の1400戦が行われ、シグルーン、ジョウショーホマレと結局、牝馬が正攻法で押し切る結果になった。
断然人気に応えたシグルーンはアイルハヴアナザー産駒。豪快な競馬が似合いそうな配合で、トータルの時計がかかったのも勝因だろう。
ジョウショーホマレは逃げ切り勝ち。トーセンホマレボシはまだ掴めない部分もあるが、この馬にディープっぽさはない。

中山でもマイル戦。
人気上位馬同士の叩き合いを、こちらも牝馬のカリビアンゴールドが制した。
ステイゴールドにケープクロスとミスプロの肌で、雰囲気はロジユニヴァースに近いが、追い込んでも仕方ない配合の中距離馬で、実際似たタイプに育つかもしれない。

対照的な空模様の日曜日。
曇天・渋馬場の中山、引き続き好天の阪神では、2000M戦を開催。
結果も対照的だった。

直線、順番が変わる理由が全くなかった中山は、ハエも留まるほどの超スロー。
キングズベスト産駒の関西馬・ミヤビベストが逃げ切ったのだが、どう捉えるべきか。無難に好位抜け出しをしたようなイメージで、鞍上はエンジンを掛けにいっているだろうから、次に前に馬を置くと、ちょっと掛かるかもしれない。
後ろは後ろで、少しキレ不足だったし、難儀である。

ゴール前際どくなった阪神。
脚勢は外、人気のスワーヴリチャードだったが、写真判定の結果、普通に仕掛けて抜け出したメリオラが、わずかに先着していた。
勝ち馬はジャイアンツコーズウェイ産駒で、こういった混戦向きのアメリカングラスホース。一方、バンドワゴンの下に当たるハーツクライに関しては、今後とも、こういったレースを繰り返す可能性ありで、次戦で勝ち上がらないと…。

中山はダートも稍重。
例によって、超スローから粘り込んだ人気薄のトミケンカリムに凱歌が上がったが、サマーバード×プルピットで3歳重賞に縁があるとは思えないので、来夏の活躍を期待したい。人気では走らないタイプと思われる。

 

レース回顧

ミルコとリアル

読了までの目安時間:約 2分

 

「タイプ的に合う、合わないのある馬だと思うが、(ミルコ・)デムーロは合うタイプだと思いました」

 
リアルスティールが次走に予定している10/9の毎日王冠での鞍上が、主戦の福永騎手から再び乗り替わりになることが、管理する矢作調教師の口から明かされた。
来週中頃の帰厩を予定しており、師も、馬の体調に不安がないとの放牧先からの話を聞いたと仰っていた。

 
ただ、デムーロ騎手は秋の天皇賞でリオンディーズに騎乗することが、現時点では決定しているので、再びの乗り替わりが濃厚だ。

迷える子羊と化した昨シーズンのクラシック戦線における、やや物足りない内容の連続に加えて、春の劇的なGⅠ制覇が、この秋もモーリスとのコンビで日本競馬を盛り上げてくれるだろうR.ムーア騎手の技量によるところが大きいとの印象は、陣営ならずとも最初に持ったものではあるが、気になるコメントである、とも感じてしまうのが冒頭の一節。

 
福永騎手は、ムーア騎手ほどではないにせよ、合理性を重視して結果を出そうとするタイプだから、ある意味、結果を陣営も求めてこなかった部分が見受けられる。
海外遠征を機に乗り替えたことが吉と出た、大きな事実はある。
一方で、闇雲に二匹目のドジョウを求めているようにも思える。

海外遠征帰り初戦で、主戦が結果を出せなかったからといって、これが馬第一主義とは思えない連続スイッチの発端となるのなら、前言に隠された乗り替わりへの我慢の意思に、大きな揺らぎが生じたと思われかねない。
これからは彼に、場合によっては彼女に今後は任せたいという言葉が欲しかった。
そうでないから、信用できないのである。

 

ニュース

シュウジとアーサー

読了までの目安時間:約 3分

 

この秋、お互い無事であるなら、どこかで当たることになるだろう両者。
昨年夏の重賞初挑戦。
父が、共に日本では珍しい同一スプリントGⅠ連覇の馬であるということ。
血統ではもう一つ、母父キングマンボで、スピードと底力の両面に充実の補強がなされた、パワー優先の配合である点も同じ。

そして、印象も同じ。
「何だか勝ち切れない<なかった>…」

昨夏から重賞ではいつも勝ち切れなかったのに、果敢にも、賞金加算を諦めて、本来やりたかったローテでGⅠ獲りを成したビッグアーサーには、自分の底力を信じるだけの根拠があった。
それもそのはず。母がエルコンドルパサーとそっくりの配合だから、何となく、ロードカナロアの雰囲気と似通ったところもある。

一方、思えばビッグアーサーよりずっと後にデビューしながら、3連勝で重賞ウイナーになって以降のシュウジは、ちょっと物足りない元ビッグアーサー化した、切ない敗戦を積み重ねてきている。
夏の2歳S勝者同士の対決に敗れたキーンランドCで、連敗は6に伸びた。

エアスピネルに敗れ、何だか強そうだから勝ってしまうのではないか、という事前の評価は一変し、世代の片隅に追いやられた一重賞馬は、今、己の壁という難敵に自由を奪われている。

サクラバクシンオー産駒というのは、快速の先行型は必ず頭打ちになる。
その分、大きい体の割に器用に好位抜け出しをデビュー当初からできていたビッグアーサーは、出世そのものは早かった。
ただ、最短でオープン入りしてしまったから、以降【2211】となって、半分以上は人気を背負っての惜敗ばかりに。
でも、上手に競馬ができるからこそ、初GⅠが未知なるゾーンでの争いになった時に、対応できたのである。

「逃げては勝てないのが常識」
道悪に勝機を見出せるシュウジには、古馬重賞初制覇が逃げ切りの可能性もなくはないのだが、ビッグアーサーのように大成したいのであれば、父も最後はそうしたように、上手に折り合うポジションからの抜け出しを自分の戦法にする必要性が出てくる。
キーンランドCの逃げは、色々な意味でリスクを孕んでいるように感じる。

 

コラム

2016年 2歳馬選定 <重賞総括>

読了までの目安時間:約 3分

 

新潟2歳S
勝ったヴゼットジョリーが一枚上だった。新潟ではこれがよくある。
渋とくのびてくるイメージは、新馬戦が牡馬の有力どころをねじ伏せる内容だったことを考えると、他の馬よりも現時点での戦法の選択肢が多かったことの何よりの証だろう。
完成形ではないが、キレを出すために下げようとしなければ、恐らく、世代のキーホースとして安定した能力発揮をしてくれるはずだ。
全く力を出せなかったモーヴサファイア以外は、自己条件からしっかりと立て直す方が後々楽なような気もする。

札幌2歳S
トラストの逃げは、意外というものではなく、他が引く可能性のあった2戦目の人気馬が多かった点からも、実は陣営の思惑通りに事が運んだ結果のように思う。
前走時の評価からして、明らかに格下という評価になっていたが、そこは2歳重賞である。
脚質もまだ定まっていない未完成の馬同士の戦いのこと。今日はトラストのレースに終始したが、早熟の配合馬が出てくるようなレースではないから、晩春には間に合う馬はいると感じた。

小倉2歳S
レーヌミノルが歴史的圧勝で、重賞初制覇を決めたが、どうもこの世代のここまでの重賞戦線は、一頭がやたらと強くて、あとが終いアラアラという展開ばかり。
エピセアロームのダイワメジャーと後の快速ダート王のメイショウボーラーを出したタイキシャトルの配合で、それらのプラスの面がすべて出ると、こういう結果も有り得たという印象。
すずらん賞勝ちのリエノテソーロも悪くはなかったが、これでは比較にならない。

コスモス賞に関しては、当面の重賞出走資金を得て、ハードローテもあって秋以降に備えることとなったサトノアリシアが注目株。
レベルに疑問の残る組み合わせながら、この時期にマイネルの牡馬に競り勝った価値は大いにある。
タガノアシュラとこれで横一線。まあ、ハービンジャーの未来を委ねられた存在でもあるから、そちらの方が重要か。

今週も小倉未勝利1800戦から、ナムラライラ<ハーツの近親>が登場し、夏前半の勝ち上がり組もひっくるめて、この世代はとにかく中距離型に魅力のある馬が集中している印象を持った。

 

コラム