血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

まさかの差し切り勝ち<帝王賞はケイティブレイブ>

読了までの目安時間:約 2分

 

連日の雨の影響で、水曜夜の大井の馬場状態は重。
人気に推されたアウォーディー、普通に出れば無難な競馬をできるゴールドドリームらは好位グループにつけたが、有力の一頭とされたアポロケンタッキーは前に追い込み型のサウンドトゥルーを見るような位置取り。
オールブラッシュの逃げは平均より遅く、年末の東京大賞典と似たり寄ったりの展開も、最近好調なところを見せている古豪クリソライトが仕掛けていく男らしい競馬に、ここ1年GⅠ勝利の記録を持つ面々は全く見せ場を作れず、一時は勝負ありの展開に持ち込んだのだが…。

フルゲートの内枠で、明らかにスタートに失敗したのが、逃げることを望んでいただろうケイティブレイブ。
万事休すと思われたが、前述の人気馬が様々敗因となる要素を抱えていた影響がもろに出てしまったレースで、直線では衝撃的な直線一気を決め、クリソライトに最後は1.3/4馬身差をつけて、初GⅠ制覇を果たした。

前回からケイティブレイブに乗っている福永騎手の冷静なアシストも最後は効いたのかもしれないが、意外な決め手を発揮できたのは、海外遠征組の不発といくらなんでも7歳勢に頼りすぎてきた現状で裏の面が出てしまったことが大きかったように思う。
ゴールドドリームは無難に立ち回りながら、中央勢で最下位の7着。
この時期、決して特殊ではない馬場状態で、案外すぎるこの結果は、単なる世代交代というよりは、混沌の時代が幕を開けたことを示す一戦になるのかもしれない。

平安Sでグレイトパールに完敗の組がワンツーフィニッシュ。
コパノリッキーも恋しい、やや不完全燃焼の結末となってしまった。

 

ニュース

古馬王道路線春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

渋馬場のドバイターフをぶち抜きの直線一気で制したヴィブロスは、まぐれではないにせよ、いろいろ勝ち運に恵まれたところがあったから、本筋とは関係ないということで、評価保留とする。

冷静に振り返ると、大阪杯のメンバーは、古馬戦での実績が完全に抜きん出ていた本命候補と、その他古馬重賞勝利の記録を持っているだけの馬という構図であったように思う。

速く走れる武器を活かそうとしたマルターズアポジーは、有馬記念後の小倉の激闘を経て、強くなったと思ってみていたが、同期で王道を進んできたキタサンブラックにとっては、味のあるライバルという関係性ではなかった。
本番前に力を出し切った馬では、フレッシュながらもっと高い目標を見据えた王者には敵わない。
2400タイトルが虚しく見えたMとSは、待って動くことも考えた王者を競り潰す作戦をとらせてもらえず、ジエンド。
何も起こらず、平凡なレースは淡々と消化されていった。

馬場が速そうだと気づいたときには、もう終わっていた天皇賞。
時計もレース内容もその名に恥じぬ2強プラスワンの展開は、手に汗握るというよりは、汗を流してならもう一勝負できたブラックのローテの妙もあったか。

阪神大賞典も淀みのない流れで、シュヴァルグランが強気の競馬をしたということが、もう一頭のSの底力をスムーズに引き出すことになったわけだが、3000Mの前哨戦というやつは、いかに楽に勝つかが重要。
得意条件に近い2000Mの軽いGⅠは、強烈な時計決着が見えていた状況で、これ以上ないステップとなった。
動くことを恐れない鞍上の的確な勝負勘は、言わずもがな、世界の武豊ならではの技巧があって成立するもの。

となると、最後の締めも…。
甘くなかった。ひふみん風にいうところの、競馬の神様はいません、である。
ハイランドリールを屈服させたサトノクラウンと至福の時を経たゴールドアクターとのマッチアップは、主役が違えばもっと面白かったのだろうが、誰もがキタサンブラックはいつものように走ると思っていたから、口あんぐりだった。
宝塚の馬場悪化は防げたが、春天の高速化の弊害は、大いに議論を呼ぶことになるだろう。

 

レース回顧

帝王賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 

出てきたかはともかく、期待の上がり馬グレイトパール、当然の中心馬となるコパノリッキーの脚部不安での回避は、このレースだけの問題ではない。
ただ、昨秋以降にGⅠを勝った馬が5頭出てくる上に、大井のタイトル戦で好走実績のある2頭も参戦する豪華メンバー。
そういう時ほど、結局東京大賞典と同じではないか、という結果になりかねない。
締まったレースになればなるほど、近走実績と適性は重要となる。

サウンドトゥルーやクリソライトは、どちらかというと何か強い馬に続くという結果が多いタイプ。
真の王者を決めるという雰囲気まではなくても、力勝負必至の場面で、過剰人気の馬がいるわけではないから、今回も同じような結果に終わるはずだ。

若いゴールドドリーム、ケイティブレイブは、2000Mのチャンピオンレースにピタリと合った何かが加わらないと、基本的には底力で勝負できるほどのパフォーマンスをここまでは見せられていないから、これももうちょっと軽い条件にならないと苦しいか。
まあ、雨馬場は間違いないだろうから、スピード勝負に持ち込めれば大駆けはある。

四の五の言っても、結局は東京大賞典の1、2着馬と、ドバイには行かなかったけれども右回り平坦であまり小回りではないコースで強いオールブラッシュの争いになりそうな感じがする。
実績と上昇度合いは皆横一線といった具合だが、ドバイで慣れない本場のダートで道悪競馬を戦いながら、何とか5着に入ったアウォーディーは、よく考えたら休み明けで尚且つ、秋はまだ全開とはいかない体調だったことを考慮すると、ここを使える状態であれば、ほぼ間違いなく勝ち負けだろう。

世界を目指す馬に数多くに乗ってきた武豊騎手は、ゴールドアリュールやドバイ帰り後体調一歩のカネヒキリで屈辱的な敗戦を喫している舞台だけに、過去5勝と言っても、ここは負けないレースに徹するはずだ。
アポロケンタッキーはGⅠレースに参戦するようになってから、ここまでまともな展開というか、速くても遅くても精神的にタフなレースばかりだったので、ほぼ力を出し切れるだろうこの舞台が試金石か。
GⅠをまた勝てる馬に成長できたかどうかがわかる。

 

レース予想

新馬回顧<6/24・25>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜日は4レース全て良馬場。
函館、阪神では1200Mの新馬戦が組まれ、追っての味で先行馬を競り落とした馬が勝利した。
牝馬限定の函館では、ダイワメジャー産駒のアリアがマイペースの逃げで粘るダンツクレイオーをゴール前捉えきった。
阪神は人気のキンシャサノキセキ産駒・イイコトズクシが、力でねじ伏せる競馬で勝ち上がり。
高速馬場で平凡な時計は気になるが、それなりの成長が期待できる配合だ。

東京は芝のマイル戦が行われ、10番人気のマイネルサイルーンがゴール前抜け出し、人気勢を封じ込めた。
キャプテントゥーレ産駒なので、下げる手はないだろうが、オルフェ初出走の産駒・モカチョウサン含め、器用なタイプが少なかったようだ。
函館ダート1000Mは、断然人気の外国産馬・モルトアレグロが勝ったのは良かったが、吉田隼人騎手が妙に手控えたような乗り方で、脚が残っていた印象。
気落ちとは思わないが…。

日曜日は本州が雨で稍重、函館は結局、晴れの良馬場で芝の3戦が行われた。
函館はこの日も1200戦。
人気のデルマキセキにゴール前で引き寄せられるように、4頭横一線の決着になるも、デルマが終始優勢の展開。
ストームキャット系でも、ヨハネスブルグの孫なので芝向きだろう。

渋馬場の本州2場は1800戦を開催。1番人気馬の力が際立つ結果となった。
東京で外からきっちりの伸びきったスワーヴエドワードは、ディープ一族のエイシンフラッシュ産駒。
重厚な配合ながら、意外と仕上がり早の欧州血統馬らしい完成度の高さとまだ進化する可能性しかない走りのアンバランスさが魅力。
急にエンジンの掛かってきた戸崎騎手の仕掛けも絶妙だったことも勝因だろう。

一方、インパクト大の勝ちっぷりでグランプリデーを盛り上げたのが、ディープ×インティカブという最近多い同系配合のダノンプレミアム。
前半62秒ほどのラップは決して遅くはないし、以降良馬場並みの上がりで後続を突き放した正攻法の競馬は、差しての根性比べにも転換可能に思えるし、1:48.7の勝ちタイムは傑出している。
彼を基準に、クラシック級の評価を見極めていきたい。

 

レース回顧

宝塚記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 6分

 

パドック気配で推せたのはゴールドアクターと、若いけど伸びしろたっぷりのシャケトラ。
前走を衝撃的なレコードで駆けてしまったキタサンブラックは、出来が落ちるような体調ではなかった半面、清水調教師が毎度毎度目一杯の仕上げをさせてきたことに触れていたから、その点で、危なさを出さないように、究極までは追い込まなかったという印象のプラス体重だった。

でも、サトノクラウンもミルコ次第では…。
思えば、ダービーも人気を背負って、馬が気負っていた。
今回とは立場もレースのコンセプトも違うので、やれることの選択肢も変わって当然だが、うまくいくときは何でもうまくいくという感じで、うまく途中から動かしても終いが伸びるように育ててきた甲斐あって、ハイランドリールを負かした時の末脚を今回は引き出せた。
前走は体調も相手の力も、まったく及ばずの完敗だったが、3か月のレース間隔を堀調教師は全て有効に使って、体調だけは元に戻せたのは事実。
だからこその危ない気性の一面を覗かせたパドックでの仕草なのだ。充実の再調整期間がとれたことの証である。

レースは推測されたような流れ。
だいたいは、遅い流れになればそれはキタサンブラックがそれを締めるように、自分の流れに持ち込んだ場合であろう捉えていたのだが、誰もが同じことを考えていたように、それを崩さなければ自分は勝てないと思っているから、福永騎手のシュヴァルグランと前走のような自滅だけはテン乗りでは避けたかったルメール騎手のシャケトラは前に行った。
一方、筆者の栗東調教という幻影に囚われた推挙の一手を土曜夕刻に完全否定され、半ばやけくそになっていたゴールドアクターに関しては、馬場が悪いということを重視したベテランらしい好判断で、横山騎手は終始キタサンマークのオーソドックスな騎乗に、恐らく転じたのではないだろうか。

細々とした策は、鞍上も認めていたようにできないタイプのキタサンブラックは、外から被されることそのものは慣れているから、4角までスムーズに運べれば、あとは何とかなくということだけを考えて、今回も普通に乗っていたのだろう。
が、この日のキタサンブラックは、勝ち気なところがあまり出ていない、彼の日のゴールドシップのような気配にも見えたから、本来格下のサトノクラウンに勝負所の手前から突かれたことで、普通はスイッチが入ってそれをアシストしようとは思っていただろう武騎手のコンピューターが、正常な形で作動することはなかった。

直線に入って、最初からキタサンを負かすにはインを狙おうと、筆者ときっと同じことを考えていたのだろう横山騎手のゴールドアクターは、あえて、馬場の悪い内を突く。
時計は案外速くなる状態だったから、これでキタサンブラックを…。
相手は道悪巧者のGⅠ馬・サトノクラウンであった。
キタサン以外は実力通りの入線で、天皇賞で激闘を演じた組は総崩れ。
ある意味、精神状態が安定している時のサトノクラウンとデムーロ騎手というのは、普段以上の底力を発揮することはみんな知っているから、これに負けるのであれば、キタサンブラックにひれ伏すだけに終わるよりは、仕方ないと思える部分もある。

ある種のおじさん体型に悩みのあったゴールドアクターは、栗東ではなく美浦できっちり併せ馬をこなしているうちに、見事なまでのライザップ体型を手に入れ、鋭さを取り戻した。いや、違う自分に出会った。
サトノクラウンは若い頃から注目された馬で、皐月賞でも人気になったが、血統からも陣営からも華やかさをあまり感じさせないゴールドアクターというのは、いかにもグランプリ要員であった。

ただ、自滅というか、同期のライバルがあまりにも絶望的なレベルの差があったドゥラメンテだったがために、こちらも随分と長い時間、憂鬱のような心の悩みを抱えていたのだろう。
両者、名手がずっと乗ってきたが、調教師とオーナーが考えた末に、ベストパートナーを見つけてきてくれた。
3着ミッキークイーンとは違う、ここまで必ずしも順風満帆ではなかった古牡馬2頭にとって、このレースで得た勝ち方の新たな引き出しは、きっと父になった時にも、産駒の隠れた武器として継承されることだろう。

キタサンブラックは、2年前の東京で、最後は燃え尽きるように直線を全く走り切れなかった。
いつもと同じように見えて、器用にできてしまうことが多いから、他の馬よりも無駄なく走れる分、ツケが回るのも早い。
普通の考え方では、この感じで渡仏は考えられないだろうし、気持ちが上がっていかないだろうが、上位3頭は、皆屈辱的な敗戦を喫した後、復活した面々である。
個人的には、体調に自信が持てるのであれば、渡航の手続きに入るべきだと思う。
この調子で日本で走っても、昨年以上の結果は出せないはずだ。

 

レース回顧

1 2 3 7