血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

札幌2歳Sの勘所

読了までの目安時間:約 2分

 

色々ケチの付くことも増えた北海道戦を締める札幌2歳Sは、ここ10年で6度GⅠ馬が参戦していたレースと考えると、波乱傾向がやや顕著になってきた近年の流れに惑わされる必要など全くないように思う。

1800Mの新馬戦を勝ってきた馬は、ゴールドシップがコスモス賞を勝ってここに挑んできた以外、近年全く北海道組だと見どころがないのだが、ロジユニヴァース、アヴェンチュラ、レッドリヴェールなどの阪神から一息入れて使ってきた人気馬や、結果的にここではスピード寄りで3着止まりに終わったレッツゴードンキなど、少なくとも瞬発力やスピード能力の一端を示すことがすでにできていれば、この舞台を見事にステップのためのレースとして使える。

ただ、ここまで1800未経験だったロゴタイプが逃げて4着した以外、昨年のトラストを筆頭に、先行型の出世が極めて難しい状況だ。
ある意味、競馬のセオリーに則った傾向で、変に先行するのが巧い騎手が乗ってくると、いいリズムをその後に繋げられなくなる可能性がある。

新馬戦や初勝利の時と作戦変更するのは当たり前の2歳戦だけに、前走の結果をここ以降の戦法と直結させるのは難しい。
ただ、ここで出番があった馬はその後も小回りが得意であったり、高速決着を好まない傾向を示すのはほぼ間違いないので、アメリカ型の配合よりも欧州配合の馬から当たりをつけていくのが、札幌2歳Sを見るポイントになる。

函館、札幌で4日分の開催が削られた影響で、札幌戦オンリーの馬が新馬勝ちの馬のみになったのが波乱の原因だろう。
でも、タイトなローテを嫌う有力厩舎が増えたのも、穴狙い可能の傾向を後押ししているように感じる。

 

タグ :   

コラム

速力の限界

読了までの目安時間:約 3分

 

ダート血統の件の続きにはなるのだが、この夏の傾向は、ちょっと変というか妙である。
北海道2場で行われた重賞が、開幕週であること以上に高速化していたせいで、共にクロフネ産駒が快時計を叩き出した。
それも3歳の牝馬。
可能性により大きなものがあった馬に有利な馬場だったのだろう。

一方、七夕賞、函館記念、小倉記念はそれぞれ共通して、ディープ×BT、メイショウサムソン、マーベラスサンデーという何とも捉えどころのない血統の馬が勝利。
でも、レベルが低いどころか、その他注目の良血馬を差し置いて、文句なしの内容だったからこれまたびっくり。
七夕賞も小倉記念も、良馬場でこのレベルの時計なら納得というレベルで、馬鹿っ速い時計が出る場面ではさすがに出番はなかったのかもしれないが、独立したレースという観点では十分にその格に相応しいものがあった。

血統や実績などというものは、所詮は判断材料の一つであり、意外と信用ならないものだと証明するが如く、梅雨時に暑くなって、東日本はぐずつく日が増えたりという変な天気に呼応するかのようなこの結果には、ある程度の関連性はあるのだろうと思う。
常識の変化がリンクしている。

苦しさを経験した馬は、2歳戦でも古馬の重賞でも、最後は勝ち負けのポイントになるもの。
サンマルティンが逃げ馬で、マルターズアポジーが差し馬だったら…、きっと結果は同じだろう。
時計が速くなっているのに対応できないということは、速くはないとも言えるわけだ。

少なくとも互角のスピード能力があれば、函館の重馬場でタマモベストプレイがルミナスウォリアーに完敗ということはなかったはずだが、長めの距離実績があったもの同士で最後は競ったのだから、フジキセキはメイショウサムソンに屈服させられたことになる。
謎の凡戦となった札幌記念のキンカメ×SSワンツーには驚かされたが、脚の使いどころの難しさそのものが結果に反映されたのは事実。
有力馬には距離適性の幅がある分、対応可能が展開に限界があり、穴馬にそこを突かれてしまったのは、ある意味、レースの格が機能した証なのではないか。

 

タグ :    

コラム

2歳馬選定<夏競馬総括>

読了までの目安時間:約 3分

 

重賞等オープンクラスのレースは、次週にまとめて。
一応、後半の5週、例年よりは見どころのある馬が多く出ているので、各場ごとに有力株を列挙していこうと思う。

札幌
8/13 フラットレー<1800・稍重>
 /19 ダノングレース(牝)<1500>
 /20 ルーカス<1800>
 /27 ベルーガ(牝)<1200>
ダート 
ハヤブサマカオー<大差勝ち/1700>
未勝利
ファストアプローチ<1500>

小倉
8/19 モズスーパーフレア(牝)<1200>
 /20 レゲンダアウレア<1800>

新潟
7/31 ルッジェーロ<1400>
8/5 ウラヌスチャーム(牝)<1600>
 /6 ロックディスダウン(牝)<1800>
 /20 ラッキーライラック<1600・牝>
ダート
ルヴァンスレーヴ<7馬身差/1800・稍重>
未勝利
8/5 ロジャージーニアス<1800>
/19 ミュージアムヒル<1600・牝>
/26 スターフィールド<1800・重>
故障のレイエンダを除外しても、今年は近年になく、札幌組は目立った存在になりそうだ。
ただ、関西馬も多くデビューし、関東の有力厩舎も血統馬を送り込む新潟組が、質量で他場を上回る。
牝馬は新潟のロックディスダウンの総合力、札幌組の藤沢厩舎・フラットレーの底力に、それぞれ魅力を感じる。

今は中央場所の開催から2歳戦が始まるので、血統の差はもちろんのこと、ゆっくりデビューさせたいという狙いが陣営にない限り、早めのデビューからローテーションを楽にしてクラシックに挑もうというのが基本の形になりつつある。
今年の新潟2歳Sは、素晴らしい才能を秘めていたのは上位人気の2、3頭で、フロンティアがギリギリ生き残りという雰囲気の内容で勝利。

最初の2歳戦回顧の段階で評価した、
ステルヴィオ
前記のフロンティア
以外だと、結局はそこで挙げたディープ連中に挑めそうな馬を選定するのが筋だろう。
そして、週末の小倉にはモズスーパーフレアが、札幌はカレンシリエージョ、ロックディスダウンら本格派の牝馬に加え、藤沢厩舎からファストアプローチが出てきそうなので、夏の総括は一気に来週総まとめできそうだ。

 

コラム

新馬回顧<8/26・27>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜日はレース前に3場とも雨がかなり降ったので、どこも道悪でのスタート。
新馬戦は全て違う条件ながら、共通して稍重馬場で行われた。
上位人気5頭の争いながら、4-5番人気で決まった小倉1200戦は、エイシンアポロン産駒のブラウハーツが好位抜け出しで新馬戦を制した。
快速型がいそうでいない組み合わせで、上位組は1200では短い印象もある。

やや人気勢の直線の挙動が怪しかった新潟1600戦は、2番人気のブランボヌールの全弟・エントシャイデンが外から伸びて、前を捉えきった。
結構馬場は良くなかったので、上がり33秒台中盤の末脚はかえって評価できる。
断然人気のシグナライズは、新潟の上がり勝負向きではないだろうドイツ血統馬で、ノーカウントでもいいように思う。
札幌ダ1700は人気3頭が、ゴール板に吸い寄せられるように、最後は横一線の入線。ロスなく回ってきたコンダクトレスが制したのだが、1800戦のようなタイムでは評価しづらい。

今週は久々に予報通りとなって、日曜の芝は全て良馬場に回復。
新潟と札幌ではその芝で1200戦が行われ、共に牝馬が楽勝して見せた。
北海道の方は、鞍上モレイラの分を補正しないといけないが、直線突き抜けたキンシャサ産駒のベルーガが強すぎた。
時計が少し掛かりだしたのも良かった。
新潟は3kgもらいの武藤騎手が跨ったニシノコデマリが、小さな体をいっぱいに使い、人気勢を封じた。スウェプトオーヴァーボードで、また来年もこの時期に登場だろうか。

小倉2000はバブリーバローズが強かったのだが、どうも奥歯に物が挟まったようなところもある。
バブルカンパニー系で仕上がりは意外と早いから、ステイゴールドでもクラシックに間に合う可能性は十分あるものの、ゆったり追走から直線はしっかり伸びるという内容ながら、何となくキレイにまとまりすぎているような気もした。
荒々しいという感じがしなかったので、ちょっと物足りなかったのかもしれないが。

 

レース回顧

大逆転勝利・WASJ

読了までの目安時間:約 2分

 

今年も2回札幌3、4日は、ワールドオールスタージョッキーズを開催。
8月26、27という日取りは、どの国の騎手にとっても万全の状態で戦える条件であり、日程変更はここまでは当たりという雰囲気が醸し出されている。

初戦の1200Mは、前のやり合いを見やって仕掛けを待った船橋・中野騎手と福永騎手の一騎打ち。
豪快に差し切った福永・パラダイスガーデンに凱歌は上がったものの、地方選抜の選定レースで活躍した勢いそのままに、人気馬を駆った中野騎手に、芝適性を感じさせる内容も素晴らしかった。
2000M戦は勝った戸崎騎手のクロコスミアのレースになりそうなことが見えていたので、13人が何を仕掛けるかというのが焦点になっていたが、今年もやってきたモデル級美女騎手・K.マリヨンがゲッカコウを駆り、内枠を活かした粘り込みがあったのみ。

混戦模様のダ1700Mは、1角での位置取りで勝負が決し、モレイラ騎手のメイショウバッハが逃げ切った。
武騎手のディープオーパスも逃げたい口だったが、番手で折り合ったので…、という感じで離された2着。
で、最終の1800戦も武騎手は2着だったのだが…。
ルグランフリソンを駆ったベテラン・ダシルヴァ騎手をハナ差まで追い詰めたギブアンドテイクは、単勝40倍の超低評価の6歳騸馬。
ここまであまり出番のなかった騎手の意地が出たレースで、ある意味、今大会のベストバウトであった。

結果、南米の出身、北米で活躍する最終レース覇者・E.ダシルヴァ騎手が47ptまで得点を伸ばし、僅差でJRA勢を差し切り。
2、3位が福永、戸崎騎手で、チーム対抗戦はJRA選抜が制した。

 

ニュース

1 2 3 8