血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

あっさり逃げ切り 川崎記念はケイティブレイブが優勝

読了までの目安時間:約 2分

 

31日、川崎競馬場で行われた今季最初のGⅠ戦・第67回川崎記念は、1番人気に推されたケイティブレイブが久々に先手を奪い、アポロケンタッキーら交流GⅠ覇者の面々を終始コントロール下に置き、そのまま2100Mを逃げ切り、2つ目のビッグタイトルをモノにした。

勝ち時計は2:14.9(稍)。

2着アポロケンタッキー、3着アウォーディーなどとは、何度となく対戦していたが、この日は福永騎手との息もぴったり。前走の東京大賞典は、勝ったコパノリッキーに手も足も出ない完敗に終わっていたから、陣営の思いも一入だったろう。

目野哲也調教師も、定年による勇退まで残り少なくなった挑戦の機会を、きっちり勝利で結果を残したのだから、素晴らしい。

機転を利かせて、帝王賞のズッコケスタートで得た普通の競馬での結果も芳しくなく、メンバー構成を見ての福永騎手の好判断により、ごくごく自然な形に戻しての1勝。

ダートの猛者だけに、転厩後の競走生活もまだまだ長く残っている。

小回りでこそ持ち味全開のこの器用さが、今後も活かされることになるはずだ。

個人的には、アウォーディーの惜敗ロードがちょっと悩ましい。

いや、それは陣営の側の方か。

広い馬場向きといっても、フェブラリーSに参戦して結果を出せるような年齢でもなくなってきた。

よく走るヘヴンリーロマンスの仔の中で、一番の活躍馬になったのは良かったのかもしれないが、ホッコータルマエやコパノリッキーのような復元力があるようには思えない。

GⅠ勝ち目前での故障が、どうも尾を引いている気がしてならない。

 

ニュース

ディープ対キレるキンカメ

読了までの目安時間:約 3分

 

主なところでは、3年前のクラシックでの激闘。

<K=キングカメハメハ>ドゥラメンテ対<D=ディープインパクト>サトノラーゼン、リアルスティール

サンデーサイレンスの血を味方につけられるのは、ミスプロ系の主幹種牡馬キングカメハメハか正統後継者のディープインパクトなのか。

キンカメ(系)が人気になったGⅠを中心に、ディープ産駒と仲良く、ではなくバチバチやったレースについて、列挙していく。

順当

優駿牝馬

<D>シンハライト対<K>チェッキーノ

東京優駿

<K>レイデオロ対<ハーツクライ>-<D>アドミラブル

安田記念

<K>ロードカナロア対<マンハッタンカフェ>-<D>ダノンシャーク(⑫人気)

天皇賞(秋)

<K>ラブリーデイ対<D>ステファノス(⑩人気)

ジャパンC

<D>ジェンティルドンナ対<ステイゴールド>-<K>ルーラーシップ

朝日杯FS

<D>ダノンプレミアム対<ロードカナロア>ステルヴィオ

波乱

桜花賞

<K>レッツゴードンキ対<D>クルミナル、コンテッサトゥーレ

宝塚記念

<D>マリアライト対<K>ドゥラメンテ

<K>ラブリーデイ対<D>デニムアンドルビー

ジャパンC

<D>ショウナンパンドラ、ラストインパクト対<K>ラブリーデイ

阪神JF

<D>ショウナンアデラ対<K>レッツゴードンキ

有馬記念

<D>ジェンティルドンナ対<K>トゥザワールド

主な傾向は3つ。

・真のチャンピオンこそ、得意分野とそれ以外で相手の質が変化する。

・キレないディープとの相性は良いが、それでキンカメの良さも殺がれることが多い

・穴で来るのは、総じて距離が長いとされたスピード型。

概ね、チャンピオン競走に向く根幹距離適性の高い馬は、然るべき舞台で結果を残す。

ディープは一定の数を出して、安定してGⅠ級を供給できるが、キンカメは生まれてから育ててみて、実際走らせてからでないと適性がはっきりしない場合も多いから、芝で一流の結果を残せる馬は、本物の才能に育つ。

長期的に上位争いできるキンカメの一流馬が、物量作戦で攻め立てるディープを受けて立つ時、案外、非根幹距離の方がディープに有利になるケースがまま見られる。

真の一流馬は、まだお互い数少ないという仮説が、これで成り立つ。

 

コラム

牝馬の王者・普通ではない状況

読了までの目安時間:約 3分

 

モズカッチャン

ディアドラ

ソウルスターリング

ミッキークイーン

4歳世代は当初から、牝馬のレベルは高いとされていた。

だから、皐月賞もNHKマイルCも人気になったのは牝馬。思い返せば、朝日杯だってミスエルテが断然の支持を集めていた。

勝ち負けに関係なく、その路線において牝馬が中心視された場合、彼女たちが本来の路線に戻った瞬間、その本質が牡牝それぞれの部門で顕在化する。

総じて人気馬、直前の内容が悪かったレーヌミノルとて重賞圧勝の記録があったGⅠの3着馬だから、結局、本当に怪しい結果に終わったのは朝日杯だけだったのだ。

古牡馬相手に同期の牡馬は即通用。

牝馬は絶対に好走できるだろうという流れは、すでに10月の時点で作られつつあったので、モズカッチャンの実績を考えたら、エリザベス女王杯で強かった内容は、納得の結果だったように思う。

その他諸々、そこには3歳のトップホースも出ていたが、どの馬もその前に上がってしまった印象は拭えない。

問題は、何故か?ミッキークイーンが現役続行を意思表示せずに自然と6歳シーズンに入っている点。

怒涛の追い込みにファンは唸ったようだが、散々差し損ねを繰り返してきた彼女を徹底分析していた筆者は、前年以上に有馬で結果を出すことは不可能と思っていた。

あの時は内から抜け出し、器用さも見せていたが、昨年はそうではなかった。

ハイレベルではないが、才能は他にもいる。

一度揉まれて、掛かる競馬も経験したヴィブロスの成長力も見逃せないし、マイル近辺だったら当然、アドマイヤリードやアエロリット辺りもマークしないといけない。

ヴィクトリアマイルは目標にすべきレースではあっても、得意条件というクラシック組がほとんどいないのが問題となってきた。

3歳時の活躍があまり重要ではない結果となった昨年のエリザベス女王杯で、もう一度、今までのことをリセットしないといけない不思議な展開が、この春に起きるかもしれない。

例年にも増して、距離適性が明確に結果に影響する流れは、今年も引き継がれる可能性がある。

秋の女王より、春に連続好走していた組は、要注意だろう。

 

コラム

新馬回顧<1/27・28>

読了までの目安時間:約 3分

 

渋残りの土曜はダート戦のみ新馬も、3場全てで行われた。

時系列順で、

京1200<稍> シヴァーニ 好位抜け出し3馬身差

父ファーストサムライはジャイアンツコーズウェイ直仔、1.2倍の支持に相応しいレース内容。

東1600<不> プリンセスノンコ 3角前では先頭で7馬身差

父オーブはエーピーインディ直系でマリブムーンの産駒、バランスの取れたチャンピオン配合でルメールもここから本領発揮。

中1400<稍> ダニエル 最後は人気3頭の争いも終始主導権を握って好位抜け出し

父ハードスパンも、以下ゴーンウエスト-デピュティミニスター-シアトルスルー直仔シアトルソングという名種牡馬の並び、底力はある。

寒さが際立つ季節であること以上に、雪で湿った砂に凍結防止剤を混ぜるから、コンディションは極めてタフ。

まずは良馬場での馬の反応を見ておきたい。

日曜もダート戦が行われた。

東京1400の不良馬場で行われたレースは、好位から抜群の手応えで抜け出した伏兵評価のゴールドヘイロー牝駒・オータムヘイローが、人気勢の追撃を凌ぎ切った。

小柄で時計平凡も、穴では怖い。

東西で芝の新馬も開催されたのだが、1番人気の明暗はくっきり。

東1800で人気の馬の競馬をして、底力を示したフィエールマンは、ディープ産駒ながら、フランス血統の重厚さが母リュヌドールからかなり伝わったのか、キレ馬ではない雰囲気。速い流れに慣れるまでは…。

スタミナ型というわけではないだろうが、軽い馬場は合わなさそう。

一方、マンハッタン産駒でブロードアピールの孫という良血が飛んだ京1600戦は、マンハッタン牝駒でゴール前キレたアシュリンが制した。

ハーツクライ、オルフェーヴル牡駒を抑えての勝利。実はまだ、どの陣営も勝負気配ではなかった可能性もある。

その意味で、大型馬の1番人気・ダブルフラットも、古馬デビューの祖母に倣って、じっくりと育ってほしいのだが、角居厩舎だしなあ…。

どこかに転厩してから、本領発揮と行きたい。ダートもいけるだろうが、キレない馬でもなさそう。

 

タグ :   

レース回顧

シルクロードS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

昨年2着でその後GⅠ馬になったセイウンコウセイが、しっかりとした流れを作ったことで、阪神巧者で終始手応えが良かった最内枠のファインニードルが、直線では楽々の抜け出し。

直前人気を集め1番人気に支持されたダイアナヘイローが、スプリンターズSに続いて案外な内容に終始したのとは対照的に、12着馬と11着馬が意地を見せた。

最先着の2頭が、そのまま上位争い。

牡馬に関しては、極端な斤量にならない限り、58とかでも来てしまうことがあるレース。

餅を食べすぎたか、プラス18kgだったファインニードルだが、明けて5歳、今まで以上に力強い走りで、再びのGⅠ挑戦を堂々と宣言するのであった。

今年は近2年、その前からも成功例の多かった、本番まで余裕のあるローテを活用しようと、有力馬が斤量面と相談しながら、かなりの数登場してきた。

本番の斤量設定と同じ57で昨年の高松宮記念の優勝馬を置き去りにしたファインニードルは、元々阪神が得意だったくらいで、中山でも勝っている馬。

京都はこれが3勝目だったが、窮屈な内回りコースでしか勝っていない。

だから、唯一の中京戦が3歳時に、全くレースにならず敗れたからといって、全くノーカウントというわけにはいかない。

中京平坦時代から、ここで快勝してしまう馬は、本番での成績があまり芳しくないケースが多い。

思い切って、差しに転ずることも考えた方がいいかもしれない。

今回、外からグイグイ伸びてきた馬がいたので、上がりの脚は目立っていなかったが、極端なバイアスが出やすい時期の京都開催。

回ってきたコースの分を差し引いても、走破タイムの差と上がりの数値を合わせると、良馬場だったから、内容的には上がりも断トツ勝ち馬が優秀だと言える。

今まではそれができなかったが、もういけるはず。かつてのロードカナロアもそうだった。

 

レース回顧

1 2 3 8