競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

古馬王道路線 2018年 春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

関西圏ビッグGⅠの見出しをこうなるだろうか。

スワーヴリチャード、驚異の捲りでGⅠ初制覇

レインボーライン、執念の追い込みで死闘を制す

ミッキーロケット、実績上位馬を得意のイン抜け出しで制圧

しかし、何だか物足りない古馬王道路線シリーズでもあった。

キタサンブラックやゴールドシップがいなくなるだけで、これほどまでに切なくなるものか。

4歳世代ももう手が空いていない状況。そこを5歳馬が後半は埋め合わせをしたが、正直、真のGⅠ級というレベルの馬が勝ったわけではない。

レインボーラインに至っては、厳密に言えば、もう直線後半で脚を痛めていたのだろう。

悲劇に繋がった要因。それは一体。

「職人と安定勢力が全くいない」

GⅠ路線の主役は、基本的には安定勢力がいてようやく形を成す面がある。

スワーヴリチャードは順調だったから、若いのもあるし、フレッシュな状態をキープして押し切れた面がある。

ペースを考えれば、早仕掛けは当然も、役者は違ったように見せたのは、シュヴァルグランやサトノダイヤモンドの情けないレース内容の影響も大いにあったと言える。

不穏な雰囲気は、乱戦模様の天皇賞も同じ。

常識人たるボウマンのシュヴァルグランの扱いは尊敬に値するが、2度完敗のこの舞台で、6歳馬に上がり目があるわけではない。

春天にGⅠ初制覇の思い入れもない状況。

しっかりとメンツは保てたが、直線一気型の気ムラなステイゴールドの一撃を食らった理由は、現状の充実度の問題とイコールである。

悲しい気分になった宝塚記念。

人気馬は走らないし、伏兵の競馬が妙に正攻法に映ったミッキーロケットは、もし万全だったら…、のボウマン&ワーザーのらしくない追い込みを当然のように封じた。

味な競馬だが、宝塚らしすぎるというか、GⅠだから許される攻撃的な策を、人気馬はまるで受け流す余裕がなかった。

由々しき事態。

いや、メンバー確定の時点で、そう読まなければならなかったのか。

単純に面白くなかったと、筆者は思う。

 

コラム

快進撃を知るべし

読了までの目安時間:約 3分

 

血統・ミスタープロスペクター系の躍進

ロードカナロア、トワイニング、アドマイヤムーン

3歳世代のミスプロインの馬の活躍は目覚ましい。

ヘイローとノーザンダンサーが従兄弟という関係性にあり、様々なタイプに双方の血が混ざっている以上、ミスプロ系の出番が増えるのが必然的なのは間違いない。

同時に、格を担保するように、明けて3歳世代のGⅠ馬は、その全てがキングマンボかフォーティナイナー、ゴーンウェストといった血を父か母の直系に持つ馬であった。

古馬路線でも、ミスプロ系はノンコノユメ、ファインニードル、ミッキーロケットらが直系、スワーヴリチャード、ジュールポレールが母方にその血を持ち、安田記念ではミスプロ直仔のミスワキの4×3があるモズアスコットが劇的な勝利を挙げた。

例外は悲運のレインボーライン。

 
調教師・同タイプの名伯楽と後継者候補

藤原英昭、中内田充正

エポカドーロの快進撃とギベオン等ジョーカー的存在を評価するまでもなく、リーディングトレーナーに驀進中の藤原調教師の凄みは、言わずもがなのところがある。

そこで敢えて、最も称賛すべきことあるとすれば、いずれ訪れるだろう中内田時代に向けた指針のようなものを、大事に馬を育てる藤原式を形で示した結果が残された点であろう。

元より、中内田調教師の馬を作る技術は高く評価されていて、管理能力も若手ではトップクラスだった。

その結果、三冠候補や多様な良血馬の預託に繋がったのである。

不運を乗り越えて…。因果は巡る糸車となるか。

藤原調教師は、テンザンセイザやデアリングハート、エイシンツルギザンなど勝ち切れない馬の象徴的な存在を多く管理していく中で、か弱い良血牝馬・エイジアンウインズを見事大成させ、開業8年目でウオッカ斬りを成した経緯がある。

ダノンプレミアムのクラシック奪取失敗の経験は、まだ、成功プロセスの一環であるから、ここで空回りなどせず、スマートガイの先生として大成するきっかけを掴んでほしい。

失敗しないのは、ある意味で、何よりも強い毒に曝される危険性を増幅させているに等しいのである。

いい回答はもうしばらく待てば、確実に皆で共有できるはずだ。

 

タグ :    

コラム

新馬2018 <6/23・24>

読了までの目安時間:約 3分

 

梅雨のない函館と雨期真っ盛りの本州2場では大違い。

しかし、何故か血統のパターンはよく似た傾向を示していた。

土曜の阪神芝1200では、ヨハネスブルグ産駒のジャカランダシティが逃げ切り勝ち。

大きな体ではなかったものの、パワーで押し切った。

似た雰囲気の馬場であった東京のマイル戦でも、クロフネ産駒のエメラルファイトが、正攻法の抜け出しで人気のディープ牝駒・ミディオーサの追撃を凌いだ。

ミディオーサは石橋騎手の弱気の騎乗もあったように見えたが、姉が道悪を苦手としているミスエルテ。

慎重に外に出ている間に、勝ち馬に引き離されてしまった。

函館は良馬場も、短距離だったから、芝1200の牝馬戦もスウェプトオーヴァーボード産駒のトーセンオパールが制し、他との完成度の違いを示した。

ダ1000Mでは、スカーレットインク、サウスヴィグラス牝駒、ミスプロクロスの3点セットで、人気のラブミーリッキーが逃げ切り勝ち。

どこでもサンデー系が人気になっており、本質的なパワーが求められた時に、差が現れた格好だ。

日曜日はその応用編。

東西では道悪の芝1800戦で、人気馬に明暗。

ただ、勝ち切ったのはどちらもヴィクトワールピサ産駒でミスプロクロスを持つ正攻法の抜け出しの馬だった。

阪神は伏兵のブレイキングドーンが3馬身差勝ち。人気馬の完成度が怪しい中、馬場適性も味方につけ、上がりも最速で押し切り。

東京は反対に、人気を背負ったアンブロークンがパワー勝負に持ち込み、後続を制した。

早め先頭も、後者の方は全く後ろに追いつかれそうな気配はなかったから、好評価を与えられる。

函館は1200戦。

前日もそうだったが、逃げた馬がペースの割に失速が早く、番手抜け出しのアスターペガサスが、ジャイアンツコーズウェイ産駒らしい豪快な伸びで、低評価を覆しての快勝。

母はフォーティナイナーの3×3を秘めるアメリカ系統も、父と同じように、欧州型の戦略が合うタイプだろう。

 

レース回顧

もう引退!?<ジャスティファイ、三冠達成後初お目見え>

読了までの目安時間:約 2分

 

まさかの大地震発生により、週末の阪神開催に不安が燻る週最初の日。

世界的に見ても稀な無敗のクラシック三冠馬に輝いたジャスティファイが、レースでもないのに競馬場に現れるという、何とも珍しいニュースが飛び込んできた。

場所はアメリカ競馬のコアスポット、ケンタッキー州・チャーチルダウンズ競馬場。

言わずもがな、東海岸における三冠レースの初戦であるケンタッキーダービーが開催される地である。

実は、西海岸を本拠地とするB.バファート調教師がこのチャーチルダウンズを三冠制覇の拠点とし、プリークネスSのピムリコ、ベルモントSのベルモントパーク各競馬場へ輸送させる形で、激烈にして刹那の3歳クラシックを戦い抜いたのだ。

ベルモントS後も当地に滞在するジャスティファイは、GⅠレースが行われたナイター開催の16日(土)のチャーチルダウンズでの2Rと3Rの間にパドックに登場、集まった2万人を上回るファンがいるスタンド前のウィナーズサークルに次は移動し、シアトルスルー以来2度目の無敗での達成、都合13頭目となる三冠馬の雄姿を前に、大きな拍手、歓声が送られた。

日本ではまずあり得ない話なのだが、西海岸の馬はこういう事情でもない限り、他の地で滅多に生で見ることはできない。

ただ歩くだけ、ただ人のいるところでちょこっと顔を出すだけ。それでも盛り上がってくれるのであれば…。

実は、彼はもうサンタアニタのおうちに帰ったとのこと。ただ、また週末の開催日に、地元ファンにまた顔を出すようだ。

まるでオリンピックの金メダリストである。

引退後も大忙しだろう。

 

ニュース

新馬2018 <6/16・17>

読了までの目安時間:約 3分

 

3週目にして、レパートリー増大。この時季難しすぎる決着の多いダート戦と、函館競馬が開始。

早速、人気馬が伏兵の引き立て役に回るシーンが続発した。

土曜の中央場所ではダート戦2鞍。

阪神1200は、ダート戦では珍しい牝馬の叩き合いを、ヘニーヒューズ産駒のチュウワフライヤーが制した。

評価の低かったサウスヴィグラス産駒とのマッチアップは、何となく理解できなくはないが、それ以外は難解そのもの。

道悪で高速決着必至だった東京1400は、人気のニシノコトダマを置き去りにした単勝90倍弱のパイロ牝駒・ラインカリーナの強さばかりが目立った。

1:25.3で2着馬に1秒差。他の馬にはこの時計で乗り切るスキルが、まだ備わっていなかったということだろう。

函館は土日とも芝の短距離戦。

初日は良馬場の下、1000Mで人気のロードワンダーが行き脚つかずの展開を味方につけただけには思えない逃げ切りで、タニノギムレット産駒のウインスピリタスが57.4の好タイムで勝利。

日曜もそっくり。人気馬が流れに乗れない中、離れた2番手から直線よく反応し、前を捉え切ったエイシンフラッシュ産駒のナンヨーイザヨイが快勝。

これがレコードと僅差の1:09.4だった。完成度とタフさも問われた。

一方、本州組は2世代目となるクラシックサイアーの取捨で、明暗が分かれた。

オルフェーヴル×ショウリュウムーンの良血・ショウリュウイクゾが人気に応えた阪神マイル戦は、勝ち馬が序盤は流れに乗れずも、直線で馬込みが内外に二分されたところをつく競馬で、難なく抜け出してきたので、ツキもあった。

東1600、好発でこちらもツイていたはずのロードカナロア産駒でダノンリバティの半妹・ベルクワイアは、この系統らしい正攻法の抜け出しで、人気に応えるような競馬をするも、最後はイン強襲のディープブリランテ産駒・トーセンギムレットに競り負けた。

使い出しが早かったのではないだろうか。

因みに、ロードカナロアは1400戦でも人気馬・ロードアクアを送り込み、こちらは同じような競馬で快勝している。

関西馬だから、ということではない。ルメール騎手が冴えないからか…。

 

レース回顧

GⅠロード・不世出の存在を決める

読了までの目安時間:約 3分

 

春の勝者・一例<類似の存在>

アーモンドアイ<ドゥラメンテ、ジェンティルドンナ>

レインボーライン<イチフジイサミ、モンテプリンス>

ワグネリアン<アドマイヤベガ、ロジユニヴァース>

モズアスコット<バンブーメモリー、ヤマニンゼファー>

5歳馬天国の高松宮記念やヴィクトリアマイルは、今年も順当にそうなったわけで、異常分子が発生したというようなことは、この春は少なかったように感じる。

ただ、

ノンコノユメ

スワーヴリチャード

ケイアイノーテック

らは、かなり珍しい存在である。

6歳になってフェブラリーSを制した地方タイトルホルダーでは、脚質から展開までほとんどがテスタマッタと丸被りノンコノユメは、意外や意外、古豪が蠢く条件であるはずのフェブラリーSでは、初の騸馬による勝利。

去勢文化のようなものはない日本で、数が少ないのもあるが、牡馬が騸馬になって、その両方でGⅠ勝利をした日本競馬史上初の馬となった。

スワーヴリチャードは大阪杯制覇ということよりも、右回り重賞初勝利がGⅠという馬は結構いても、4歳春に達成した馬となると初めて。

左回りの番組が秋より豊富な春に、短距離GⅠは右回りはなしで、あとは古馬王道路線のみ。

特殊な構造である2戦に比べ、大阪杯はいくらか自由が利く影響か、春では異質の結果を出し続けるレースに育つ可能性がある。

重賞初勝利がNHKマイルCという馬は、過去には、

シンボリインディ 無敗

テレグノシス スプリングS②

ロジック NZT③、アーリントンC②

ピンクカメオ 菜の花賞①

マイネルホウオウ スプリングS②

アエロリット フェアリーS・クイーンC②

と、それなりの数存在する。

が、初めて今回、GⅠ経験のあるトライアル組の馬が勝ったのだ。

一見、まるで不思議ではない傾向のようで、クラシック本戦より層が薄い以上、

シーキングザパール

クラリティスカイ

アエロリット

といった、人気になったり、厳しい展開を経験した馬が勝ち切った例はあるが、重賞連対1度のややレベルに疑問符の付くことの多いトライアル組が勝った意味は、東京1400時代の格を取り戻した証拠となり得る。

 

コラム

2018年 短距離路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

粋のいい若手が活躍した短距離タイトルマッチ。

やや不本意な位置取りにも見えたが、互いに、持ちうる底力を遺憾なく発揮した。

思えば、双方重要戦における中心馬に推された馬。惜しくもその時は敗れたが、その敗戦を糧に、短期間のうちにたくましく育っていった。

ファインニードルはシルクロードSの前までは、よくいる関西のオープン大将くらいに思われていたが、セントウルSで適性を見せつけ快勝したのとはまるで違う、迫力満点の押し切り勝ちで、GⅠ馬のセイウンコウセイを再び負かした。

敵は王者・レッドファルクスだけとなった本番は、自在性を見せた川田騎手の巧みなコース選択もあり、じっくりエンジンをかけて外から伸び、惜敗の女王・レッツゴードンキを競り落とした。

気迫に勝るというコンビネーションを期待したファンも多かった中、実に大人びな競馬でタイトルを獲得した彼は、その後香港へ遠征。

結果は奮わなかったものの、まだ上がり目十分の5歳馬の未来は明るいと言える。

モズアスコットは安田記念の前週に、京都にいた。

まるまる1週間、それに30分ほど足した時間が経過し、今度は安田記念に挑んでいた。

当然の伏兵評価。

それまでの重賞で人気を集めていた状況とは、まるで一転した気楽な挑戦者は、道中で揉まれるようなところもありながら、最後は意外とスペースの空いたインをついて、理想のハイペース追走からの粘り込みで再びのGⅠ獲りを目指したアエロリットを、しっかりととらえ切って見せた。

単純に考えて、周りにサンデーサイレンス系の馬がいなかったのも勝因だろうが、誰よりも弾けた直線。

ストロングリターンのレコードに並んだ走りは、キレの及ぶ領域ではないと、自ら示したようにも思う。

さすがは、3歳の頃はスピード過多で暴走特急となっていたフランケルの息仔である。

地味そうな反応を、やや派手な競馬で盛り上げた大物の父馬が、ちょっと違う形でわずかなところで勝敗を分ける短距離GⅠにおいて、いいスパイスを与えたようだった。

アドマイヤムーン然り、フランケルもそう。競馬はサンデーだけではないことを、2着馬も同系統の馬で示したベストバウトでもある。

 

コラム

良血の行方

読了までの目安時間:約 2分

 

アメリカではシアトルスルー以来40年余りの時間を経て、ようやく登場した無敗の三冠馬に歓喜の時間を世界で共有することになった。

そのジャスティファイの母母父プルピットの祖父がシアトルスルーだ。

彼と同時代には、同じボールドルーラー系のボスキャラ的存在であるセクレタリアトやアファームドなど、アメリカのスター三冠馬がいて、セクレタリアトの血もジャスティファイは持っている。

おまけに英三冠馬のニジンスキーがクロスした配合。

それらの血がパートⅠ国の血統馬に散りばめられている今、彼だけが特別な配合ではないことを皆知っている。

一方、そんなスターにはなれそうにない、日本の敏腕トレーナーに育てられながら、大きく才能を開花させることのなかった三冠馬・ディープインパクト産駒の産駒、ジェニアル(牡4)、シアトルスルーとアファームドのライバルであるアリダーの血を持つラルク(牝5)らのフランス遠征が、この度決まった。

7月22日メゾンラフィット競馬場で行われるレースにそれぞれ参戦する。

前者はGⅢのマイル戦・メシドール賞、後者は牝馬限定の特別戦であるペピニエール賞(2100M)へ挑む。

管理するのは名手にして名伯楽の評価を得た松永幹夫調教師。

「フランスでは2、3戦を予定しています。ジェニアルの母サラフィナはフランスで活躍した名牝なので、現地のファンに喜んでもらえるかもしれません。ラルクは現役を終えた後、欧州の種牡馬と種付けをする予定もあります」

ふむふむ。

ディープインパクト主戦、彼らのパートナーでもある武豊騎手は語る。

「今までにないケースでチャレンジとしては壮大」

正しく、血の進化の過程だ。

 

ニュース

小踊りする堅実型の騎手

読了までの目安時間:約 3分

 

内田、川田、デムーロ、ルメール

戸崎、岩田、藤岡佑、幸、福永

ここまでの春のGⅠ勝ち騎手の内訳である。

騎手のタイプというのは、簡単に線引きができるものでもないが、それはダービーではそうなるというだけの話。

執念深さというか、あきらめが悪いというか、そういう一般社会ではアウトになりそうな性質が、騎手には必要となってくる。

先に記した4名は、どちらかというと気合いの入れ方や気持ちの高ぶりに対し、意外とそのままの自分でもいいアシストをすることができるタイプ。

対して、後者はそういうことをするとほぼ間違いなく空回りする。

岩田騎手というのは、乗れている30代前半の頃のノリノリの頃でも、燃えすぎると決まって、位置取りがちぐはぐになる大レースでの敗戦があった。

今は身軽な立場だから、あの天皇賞の好騎乗も、若い頃のアクティヴさより、ベテランの味のある勝負強いレース作戦といった趣だった。

戸崎、福永両騎手は、キレを引き出すことに適した柔らかいタッチが持ち味の騎手で、それはある意味で、自在なレースを可能とする武器にもなるのだが、その点における執着のようなものが足らない。

まだ足らないのかもしれない。それを振りほどこうとしたからこそ、今までと違う積極性がクラシックで見られたともいえる。

藤岡佑介騎手は遅ればせながらの初タイトル。

幸騎手も数は多く乗るが、GⅠ戦にせっせと乗り付けるタイプではない。

互いにもういい歳になったわけで、期待される馬に大舞台での結果を求めるような勝つためのアシストは、いくらでもできるはず。

佑介騎手はステイフーリッシュでダービーに挑めなかったのが心残りだろう。あの展開である。

しかし、突然いい馬が巡ってくるということも、最近は増えてきた。

日頃の努力に加え、とても考えられたプランを実行する、重賞レースでの騎乗内容は、結果以上にサークル内では評価されているようだ。

昨年のセイウンコウセイの幸騎手替わりのようなことは、藤岡騎手の例を挙げたところで、運の良さで片付けられるてしまう面もある。

あとは、継続した結果の水準を下げない努力をするのみだ。

 

コラム

2018年 新種牡馬考察

読了までの目安時間:約 3分

 

今年は大物は少ない一方で、オルフェーヴルのようなドカンと一発型が多い気もする。

まず注目したいのが、

グランプリボス

ジャスタウェイ

大まかに言うと逆配合。極端に適性に差がない半面、ベースとなる血の性質が全く違うから、きっと産駒のタイプも重なる部分が少ない可能性がある。

ただし、’14年のかなり厳しい不良馬場となった安田記念で優勝を争った2頭なので、ミスプロなしでノーザンダンサーが遠いというアドヴァンテージをフルに活かした、マイルベースの底力型を偶に出して、ファンを喜ばせてくれるかもしれない。

ジャスタウェイに関しては、ハーツクライの守備範囲がそのままマイルから2200Mくらいにシフトするイメージがあの決め手からも湧いてくるから、父超えの実績を上げる可能性はある。

本物を作れそうな中距離血統で言えば、

ケープブランコ

ダノンバラード

トーセンジョーダン

トーセンラー

ケープブランコはアイルランドの主要タイトルを両獲りしたガリレオ産駒。ややアメリカンなパワー型を母系に注入しているだけで、基本はゴリゴリの英愛血統。

トーセンラー以外、ダノンとトーセンはパワー型の中距離馬だったから、牝馬で走る馬が出ると、自然と繁殖牝馬の質が上がって、その血が残っていくという流れに乗れるかが重要になる。

牡馬で走る馬が出ても、その仔は牝馬しか走らないということもある。

トーセンラーにはジャスタウェイほどの迫力がない分、自身が得意とした京都のような平坦馬場への適性を感じさせる馬が生き残るか。

みんな、前に行ける馬が出せないと、生き残りは厳しい。

他では、

サダムパテック・サンデー孫世代の標準クラスとして活躍に期待

ダンカーク・なんか産駒がいっぱいいる(笑)正統派アメリカ配合馬でノーザンDなしが魅力

ベルシャザール・キング血統のお試し品でドゥラメンテの可能性を推理せよ

といった面々をカバーしておきたい。

今年のクラシックは、新種牡馬がクラシックを盛り上げた。晩成型が多そうなこの世代の新種牡馬の成否はいかに。

 

コラム