競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

2歳馬選定<ダノンファンタジーほか>

読了までの目安時間:約 3分

 

路線を分割して総括。

クラシック部門

ファンタジーS
マイルの競馬に拘ったようなことを川田騎手も話していたように、締まった流れをレース後半は自ら作って突き抜けたダノンファンタジーが力一枚上。この中に対抗馬はなし。

東スポ杯
ペースが緩いということはないが、みんな似たような上がりで、それに対応できなかったのは予想通りのカテドラルだけ。

内からスムーズに抜けてきたニシノデイジーに屈したディープの扱いは、実に難しい。

かつてのマイネルマックスやゴッドスピードのような、期間限定最強馬という気配もあり、今は逆らえない印象。

京都2歳S
好メンバーの一戦は、この世代でようやく生まれた基準レース。

乱戦札幌2歳Sの3着馬と、本来はサートゥルナーリアと当たっているはずだったブレイキングドーンが、紫菊賞快勝のアドマイヤジャスタを新馬で負かしているといった材料があり、重賞実績で上回る札幌組のクラージュゲリエが勝った。

だから、ワールド、ミッキー、5番人気に応えることになったショウリュウイクゾ辺りも、あまり悲観する必要はない。

2歳王道部門

京王杯
超スローにも度が過ぎる流れで、内を回った人気馬の叩き合い。

終始小倉王者のファンタジストが優勢も、似たような戦績だったアウィルアウェイも内差しの新境地で台頭。

2着の方が先が長い傾向は、今年も当てはまるか。

デイリー杯
逃げるしかなくなったようなところのあるアドマイヤマーズが、直線は同父ダイワメジャー同士の叩き合いから、最後は力の違いで突き放した。

まあ、実は一番相手が楽だったという見立ても合っているかもしれない。

福島2歳S
そこそこ流れて、差し決着で3頭横一線。ジャカランダシティはインをついて凌ぎ切ったが、2着のパイロが現状力は上だろうか。

主な期待馬

アウィルアウェイ

アガラス

ブレイキングドーン

らは、ここまでの評価、結果を見ての通り重賞級で、トライアルなどでも注意の馬。

総括

グランアレグリア

タニノミッション

ダノンファンタジー

以外に関しては、結果を出してから再評価。

牡馬路線はニシノデイジー以外、GⅡ以上の内容を見てからという判断に止める。

 

コラム

もう一頭のロードカナロア

読了までの目安時間:約 2分

 

今年の2歳世代でも、既にファンタジスト、ケイデンスコールらが重賞を制し、ディープインパクトとの熾烈にして、異次元のトップサイアー争いを繰り広げているわけだが、ここ1か月は、特に凄まじいロードカナロア産駒の勢い。

前記のファンタジストが無敗のまま重賞連勝を飾ったのを皮切りに、2週目は重賞に縁がなかったものの、2歳戦だけで5勝、そして、ここ2週は主要レースをほぼ総なめ。

そのクライマックスがあのジャパンCであり、日本競馬の至宝にまで名を高めたアーモンドアイは、もはや、地球上のサラブレッド全体のトップホースとして認知されるようになった。

早くから活躍していたステルヴィオは、陣営には悲願のGⅠタイトルをプレゼント。

木村調教師も前途洋洋ならば、馬の方もシンボリルドルフと共通する一族の出身者として、その存在価値はあまりにも大きく、未来は実に明るい。

そんな中、今年の京都競馬を締めくくる京阪杯で1番人気に推されたのも、ロードカナロア産駒・ダノンスマッシュだった。

窮屈なポジションから、最後は内ラチ沿いを鋭く伸び、気づけば、伏兵陣を置き去りにしての見事な初重賞制覇。

「長い距離も短い距離も走る馬を出す凄い」

ダノンも父ロードカナロアも管理している安田隆行調教師にとって、このロードカナロアデーの掉尾を飾ったことは、実に誇らしい出来事だったはず。

「一回使って高松宮記念に行きたい」

世界を見据えるアーモンドアイとは違い、こちらは小さなことからコツコツと。

安田隆厩舎に入ったダノンスマッシュは、アーモンドアイと同じように、幸せな運命に導かれた競走馬生活を送っていくことになる。

 

ニュース

ラフェリシテほか 新馬戦2018 <11/24・25>

読了までの目安時間:約 3分

 

一気に冬の空気が吹き込んできた週末。

いよいよ、シーズントップの雰囲気からも変化が見られるようになってきた。

土曜は東西で4鞍。

芝は短距離カテゴリーの2戦で、共に、上々の勝ち上がりの人気馬が登場し、ファンを納得させてくれた。

東京1600のグレイスアンは、JCに縁のなかったバブル一族のディープブリランテが父も、母はヒシアマゾンとアドマイヤムーンを送り出したケイティーズ系で、父はファルブラヴ。

戸崎騎手が本来の持ち味である無難な立ち回りからの押し切りで、仕切り直しの一戦を人気で応えた。

京都1400は、武豊ペースにさせなかったモレイラの技巧が光った。

それをルーラーシップ×シュプリームギフトというやや取っ付きにくい血統の馬で、さも当たり前という形で好位付けするのだから、やはり素晴らしい。

そのラフェリシテもグレイスアンも、血統のいい牝馬。生産者としても馬主としても、これなら大満足である。

東京はダートのマイル戦も行われ、フォルカー系のヘニーヒューズ・人気に推されたオーヴァルエースが、蛯名騎手の指示にきっちり反応し楽勝。

大型馬で高木登厩舎。期待感は否が応でも膨らむ。

京都のダ1800では人気のカーリンが敗れ、代わって台頭したガリレオ直仔のケープブランコ産駒・グランデルカクが、ロージズインメイを2頭引き連れて波乱を演出した。カオスってる。

日曜日は東西で、似たような展開の芝1800戦に。

人気の良血馬が勝利。東はノヴェリスト×マルセリーナのラストドラフト、西はマカヒキ全弟のウーリリ。

前者はマカヒキの近親馬をゴール前競り落とすように、後者は正統派欧州配合のDブリランテ産駒の追撃を凌ぎ、着差以上の強さを見せた。

母や兄ほどのスケール感は現時点ではないが、この世代の間口は大変に広く、まだチャンスはある。

その証拠に、出走馬のレベルに当初疑問のあった札幌2歳Sの上位入線馬が、今更ながら、評価が上がっているような状況。

その時点での実力は重要ではないのだから、この世代はまず、変わり身をどう見せるかが大切になってくるわけだ。

 

レース回顧

レイデオロ、エポカドーロほか 有馬記念2018

読了までの目安時間:約 3分

 

好走要請枠を3頭に絞れば、

レイデオロ

アーモンドアイ、スワーヴリチャードが出てこない限り、不適条件に思えても最有力。

良・稍重だった秋の天皇賞で2000M超を2勝以上していた状況で勝利した馬は、

ミスターシービー
タマモクロス
スーパークリーク
サクラチトセオー
スペシャルウィーク
テイエムオペラオー
シンボリクリスエス 2回
ゼンノロブロイ
ブエナビスタ
キタサンブラックやエアグルーヴなど、時計の遅い年でも好走馬はいる。

責任ある立場だ。

エポカドーロ

京都内回りの1600戦では勝利から、小倉と中山で好走。

皐月賞は道悪で、
ステイゴールドのツートップ
ヴィクトワールピサ
といった面々が、そのまま共通した存在。何より、オルフェーヴルの仔である。

先行できる武器は、キタサンブラックやダイワスカーレット、兄のダイワメジャーなどを挙げるまでもなく、シンボリクリスエス、シンボリルドルフ、グラスワンダーらが関東馬であった優位性だけでなく、総合的な安心できる買い目としての魅力がある。

マカヒキ

これまで京都外、内回り、中山、東京、シャンティイで勝利。
初戦のみが1800Mであり、それは京都。
要するに、その他のレースは基本的に、スローの瞬発力勝負ばかりなのだ。

メンバーが揃えば、その可能性は色濃くなっていくはずで、乱戦の道悪競馬となった札幌記念の結果に進境が見られたとすれば、勝機も出てきそうだ。

5歳以降のダービー馬の好走例から学べることは、あまり使われていない点か。

トウカイテイオー<優勝年は初戦>
オルフェーヴル<5歳時はここが4戦目・2勝2着1回>

夏以降の参戦も、筋悪の実績馬の戦績にはならない。

それらだけではなく、

エタリオウ<3歳のGⅠ未勝利馬は人気薄で怖い>
サトノダイヤモンド<腐っても鯛、前々年覇者>
シュヴァルグラン<中距離で走らなかった長距離型>
ミッキーロケット<JC不発でも拾える春のグランプリホース>
モズカッチャン<よくわからないけど人気にならない馬>
謎の存在・オジュウチョウサン

クリンチャーやモズカッチャンなど、京都好走の冬馬はマークしたい。

マイルGⅠ馬と接戦のマイラーも、史学的にはそろそろ怖い。

>> 有馬記念の予想に関する特集記事はこちら

 

コラム

J.オブライエン調教師が年間100勝達成

読了までの目安時間:約 2分

 

かつて、そうも昔ではない話。

19歳でエプソムダービーを制した天才騎手がいたことを覚えているだろうか。

名はジョゼフ。父はあのエイダン・オブライエンである。

名伯楽である父が手掛けた血統馬・キャメロットを駆ったジョゼフは、その能力を十二分に引き出し、求められる仕事を最高の舞台でやり遂げた。

時は経ち、身体的な問題から騎手稼業に早めの見切りをつけ、父と同じ道を進むことになったのは、つい2年ほど前のこと。

しかし、その競馬に対する非凡な才能は、舞台を変えても相変わらずのものがあった。

初年度からGⅠ・モイグレアスタッドS<愛・カラ芝7F>を、弟のドナカが騎乗するイントリケイトリーで制し、双方にとっての初タイトル奪取をしたのだ。

翌17年には、リキンドリングで豪・フレミントンに遠征し、当地のお祭りレースとして知られるメルボルンCも制覇。

今年はアイリッシュダービーをラトローブで制し、クラシックトレーナーに。

そして、オールウェザーシーズンがスタートして早々、今月17日のダンドーク競馬場の4Rを人気に推されたイクイタントで制すると同時に、調教師としては偉業に等しい、年間100勝を25歳で達成するのであった。

オブライエンと言えばヴィンセントの時代から、彼が存命のうちに、エイダンが競馬界の顔になる時代が訪れ、その次は高速の展開でその子息であるジョゼフ調教師の時代に移行しようとしている。

巷間囁かれる話、ドナカも間もなく鞭を置くのではないかと…。

嗚呼、オブライエンよ。

弟も兄と同じ道を選んで父が身を引かない場合、ドナカは違う国に行くのかもしれない。

 

ニュース

アクアミラビリスほか 新馬回顧<11/17・18>

読了までの目安時間:約 3分

 

芝は3戦組まれた土曜の新馬。

それぞれ魅力的な勝者は誕生したが、やはり、ここは血統を重視すべきだろう。

東京のマイル戦では、クイーンズリングの半妹とヒカルアマランサスの仔ががっつり叩き合って、最後は少しだけ人気でリードしたクイーンズリングの妹・アクアミラビリスが抜け出した。

時計は平凡も、センスのいい競馬。ヴィクトワールで33秒台の上がりなら上々。

京都もマイル戦だったが、こちらは牡馬も出られる一戦。人気のルプリュフォールが直線でよく伸びたが、こちらはスケール感で見劣った。

カナロアの仔で、母父サンデーにしては物足りない。

福島2000では牝馬が上位独占。逃げ切りの形も、直線の突き放し方が印象的なマリノジュリアは、エイシンフラッシュ産駒。内から伸びるイメージと合う。

ダートは東西とも先行馬の競馬。

珍しい前々の叩き合いでの差し返しで制した伏兵のケイアイターコイズが勝った東1400戦は、キンシャサ産駒でも、1分25秒台で秀逸。

京1200大楽勝のモンペルデュは、中型のアメリカ産牝馬。父カイロプリンスはミスプロ系のステークスウイナーだが、かなり異系色の強いタイプで、癖が強い。

日曜の芝中距離の新馬戦は、無難にディープが人気に応えた。

京都は2000M戦を器用に立ち回ったカフジジュピター。ダノンプラチナと似たような配合でも、内から上がってきた機動力は魅力。

対照的に、上手に走れずに最後は抜け出してしまったのは、東京1800のアップライトスピン。これは牝馬。

前者はミスカーミーの系統で、後者は北米血統の様々な血の集積体。上がり目は前者も、後者には伸びしろがある。

後は中央場所の芝短距離戦。

東京で圧勝のスズノムサシはドリームジャーニー。キンシャサの牝馬・シュガートリーツがインから抜け出しの京都もそう。

かなりの上がり勝負で、瞬発力云々だけでは差し切れない展開であり、時計が何より遅い。

それぞれいい勝ち方だったので、時計の短縮がポイント。

 

タグ :    

レース回顧

古馬牝馬路線 総括~リスグラシューほか

読了までの目安時間:約 3分

 

結局、リスグラシューの年となった。

東京新聞杯の内容を買われ、阪神牝馬Sもヴィクトリアマイルも中心馬の支持。

しかしながら、結果はいつもリスグラシューだったから、こう思ってしまった。

「変わらない馬だ」

秋になって、普通のローテで府中牝馬S→エリザベス女王杯のローテを踏むことになった。

それでも、前年の秋華賞連対馬がやけに本番で強い歴史は、今年も引き継がれた。

ヴィクトリアマイルができてから、そちらにとられること数度でも、それらが府中牝馬Sで同じ順番でゴールに入ったのだ。

肝心の女王最有力候補のディアドラは、秋天登録までしておきながら、秋はスマートかつやる気に満ちての香港遠征を決めた。

何とかしなければは、昨年覇者も、リスグラシューに負けては面白くないモズカッチャンも同じだった。

季節は春に戻り、今では時代の継承者レベルのトップマイラーになっているアエロリットや最優秀のタイトルこそ我が物としていたソウルスターリングもいるヴィクトリアマイル。

そこで不確かながらも、勝てる力を取り戻したのに、最後は前年の3着馬の良血・ジュールポレールが、武豊騎手にとって最高のマイルCS制覇をプレゼントしたサダムパテックの半妹で、それに負けるという無念。

ユタカ騎手はチャンスは幾度かあったが、今年はGⅠにまだ縁なし。

リスグラシューはデムーロ兄の手ほどきで得意の東京で立て直され、満を持してのモレイラで女王杯獲りに挑む。

これがまた昨年と瓜二つの展開で、モズカッチャン連覇も当然のポジショニングだったのだが、直線で唯一弾けたのが、あの東京新聞杯で華麗に待ったリスグラシューだった。

なんだ、凄くキレるじゃないか。

アルテミスSから数度しか使っていない決め手を、モレイラ騎手は一発で引き出した。

誰にも負けない武器がある馬。

さて、次はいつそれが使えるのだろうか。

 

コラム

今週からもっと増えます

読了までの目安時間:約 2分

 

エリザベス女王杯当日の京都競馬は、クリスチャン・デムーロ、ジョアン・モレイラ、気づけば武豊超えも見えてきた191勝のクリストフ・ルメールらで、メインまで11連勝。

さすがに馬鹿野郎!もヘタレどもが!といった叱咤の絶叫も、まるで聞こえてくるような状況にすらならず、藤岡佑介騎手が気合いの最終レース快勝も、どこか残念さが漂うほどに、彼らの作る流れはあまりにも強烈であった。

モレイラ騎手にとっては、特別な日曜日となり、いっぱい勝っただけではなく、自身も念願であったというGⅠ制覇を、指定席が銀・銅だったリスグラシューで成し遂げたことに、みんなで大団円という結果で、見る者全てを納得させてしまった。

おい、ミルコ!おい、日本男児!!

しかし、マイルCSの行われる今週末には、まだまだ刺客が登場する。

何と言っても、泣く子も黙るライアン・ムーアの参戦。

そして、ロイヤルブルーの主戦・ウィリアム・ビュイック騎手が4年ぶりに来日。早速、ステルヴィオで一発を狙う。

おいおいおい…。

これはガキの鬼ごっこか、はたまた逃走中の収録なのか。

いきなり日本重賞初制覇を果たしたコルム・オドノヒュー騎手のことを、皆さん覚えていますか?状態である。

心配事が多い迎え撃つ側の地元勢だが、

「危機感を持ってやっていきたい」

この佑介騎手の言葉が、マイルCSで早速結果に繋がれば、秋競馬の後半は最高に面白くなるはずだ。

夢を語る時に、まず純国産でそれを叶えようとすること。

それが容易ではないということを、今こそ、日本の競馬関係者、ファンたちは学び直さねばならない。

 

ニュース

シハーブなど 新馬戦2018 <11/10・11>

読了までの目安時間:約 3分

 

今週も雨の影響が残った中央場所は、午後2レース消化までは稍重馬場。

印象深い勝ち馬が出たのと、そうでなかったレースとの差が激しかった。

評価が高くならなさそうな2戦は、共に接戦のゴール。

福島1200は好位抜け出しのサンタンデールが上手に勝ち上がり。牝馬同士の争いになるも、こちらが完成度で制した。

京都のダート1800は、人気馬の位置取りの悪さから、直線の攻防は見えていた。人気薄の先行残りで、カフジテイクの半弟ストームが逃げ切り。

あとは、直線のパフォーマンスが素晴らしかった。

東1400 ジョーマンデリン<3馬身差・ジョーカプチーノ牝駒>

東1600 カヌメラビーチ<1.5倍で好位抜け出し>

京1600 ヴァルディゼール<3馬身差・カヌメラと同じロードカナロアの男馬>

鮮やかさでは直線鋭さを見せた2頭だが、カヌメラに関しては、アウトサンデーでカナロア産駒だから、ズブく見えたのは必然的でも、自分でレースを作れる才能を持っていそう。

マイル近辺の力勝負でこそ、真価を発揮である。

ちなみに、福島ではローズキングダムの産駒が勝って、若い力が競馬界を支えていることがよく見える結果となった。

日曜日も派手なパフォーマンスの馬が登場。

東ダ1600のシハーブなど、騎手との折り合い全くつかずの道中から、直線突き抜ける破壊力で、断然の支持に応えている。これはシャケトラの半弟。

京都の1400勝ちフィブロライトと1800のペルクナスは、ルメールとモレイラなので位置取りもよかったということになるのだが、エイシンフラッシュの牝馬と快速スプリンターのマジェスティックパーフェクションの産駒の勝利。

どうにも、他の馬の完成度に問題があった印象もあり、上々の勝ち上がりの内容も、素直に評価するには格上がりの一戦の結果を見てからの方がいいか。

東2000のサトノラディウスは、派手な支持も地味に底力を発揮して、人気に応えた。

正統派ヨーロピアンのディープ産駒。国枝×北村コンビは、地味目の方が妙味あり。

 

レース回顧

2018血統的注目点

読了までの目安時間:約 3分

 

今年も大詰めの季節を迎えた。3歳シーズンは新種牡馬が持ちうるポテンシャルを大いに示し、2、3歳GⅠを結局、9戦中5勝と素晴らしいレース内容でも盛り上げてくれた。

後はディープだから、大健闘どころではない。

しかし、見逃せない注目点はまだまだある。

キングマンボ、フォーティナイナー、母母父ミスプロの時代へ

ミッキーロケット
父キングカメハメハ<祖父キングマンボ>

ファインニードル
父アドマイヤムーン<3代父フォーティナイナー>

ジュールポレール
父ディープインパクト<半兄サダムパテック>

あくまでもこれらは代表例。

 
色々混じっているのが、

レイデオロ
父キングカメハメハ、母母父父ミスプロ

これでサンデー分のスピード能力を補強している。まあ、他の場合はサンデーが入っていることが望ましい。

ミッキーロケットには、スピード強化のヌレイエフのクロスが入っている。

 
置きに来たディープの脆さ

1番人気ディープ

皐月賞
東京優駿
宝塚記念

全部飛んだ。⑦、⑥、⑥着。2度は道悪で、もう一つは予定外の休み明け。

仕方ない。

 
勝ったのは、

NHKマイルC
ヴィクトリアマイル
東京優駿
菊花賞

各々人気が⑥、⑧、⑤、⑦というだけではなく、一頭たりとも10倍以内馬はいない。

JBCLCのアンジュデジールも⑥人気だった。いつから穴血統になったのか。

 
ステイゴールド、未だ健在

ステイフーリッシュ
パフォーマプロミス

エタリオウ
 

ラッキーライラック
エポカドーロ

孫世代も元気。父が若い頃を好きだった秋天での好走例はないが、そのベースがあっての長距離適性も魅力。

ゴールドシップには意外なマイル適性が、オルフェ以上にあるかもしれない。プリンスリーギフトクロスの効果がどう出るだろうか。

ハービンジャーとメイショウサムソン/デインヒルとガリレオの代理戦争

ディアドラ
ブラストワンピース
ヒーズインラブ
ノームコア

キンショーユキヒメ
<フロンテアクイーン>

ベースはマイルという共通点。

ブラストワンピースとキンショーユキヒメは使ったことはないから、何とも言えないが、キンショーユキヒメの方は初勝利が小倉1200の新馬戦。

女王杯はまさに、代理戦争的意味合いが強い。

 

コラム