競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

レイデオロ、エポカドーロほか 有馬記念2018

読了までの目安時間:約 3分

 

好走要請枠を3頭に絞れば、

レイデオロ

アーモンドアイ、スワーヴリチャードが出てこない限り、不適条件に思えても最有力。

良・稍重だった秋の天皇賞で2000M超を2勝以上していた状況で勝利した馬は、

ミスターシービー
タマモクロス
スーパークリーク
サクラチトセオー
スペシャルウィーク
テイエムオペラオー
シンボリクリスエス 2回
ゼンノロブロイ
ブエナビスタ
キタサンブラックやエアグルーヴなど、時計の遅い年でも好走馬はいる。

責任ある立場だ。

エポカドーロ

京都内回りの1600戦では勝利から、小倉と中山で好走。

皐月賞は道悪で、
ステイゴールドのツートップ
ヴィクトワールピサ
といった面々が、そのまま共通した存在。何より、オルフェーヴルの仔である。

先行できる武器は、キタサンブラックやダイワスカーレット、兄のダイワメジャーなどを挙げるまでもなく、シンボリクリスエス、シンボリルドルフ、グラスワンダーらが関東馬であった優位性だけでなく、総合的な安心できる買い目としての魅力がある。

マカヒキ

これまで京都外、内回り、中山、東京、シャンティイで勝利。
初戦のみが1800Mであり、それは京都。
要するに、その他のレースは基本的に、スローの瞬発力勝負ばかりなのだ。

メンバーが揃えば、その可能性は色濃くなっていくはずで、乱戦の道悪競馬となった札幌記念の結果に進境が見られたとすれば、勝機も出てきそうだ。

5歳以降のダービー馬の好走例から学べることは、あまり使われていない点か。

トウカイテイオー<優勝年は初戦>
オルフェーヴル<5歳時はここが4戦目・2勝2着1回>

夏以降の参戦も、筋悪の実績馬の戦績にはならない。

それらだけではなく、

エタリオウ<3歳のGⅠ未勝利馬は人気薄で怖い>
サトノダイヤモンド<腐っても鯛、前々年覇者>
シュヴァルグラン<中距離で走らなかった長距離型>
ミッキーロケット<JC不発でも拾える春のグランプリホース>
モズカッチャン<よくわからないけど人気にならない馬>
謎の存在・オジュウチョウサン

クリンチャーやモズカッチャンなど、京都好走の冬馬はマークしたい。

マイルGⅠ馬と接戦のマイラーも、史学的にはそろそろ怖い。

>> 有馬記念の予想に関する特集記事はこちら

 

コラム