2019年 東京スポーツ杯2歳S 回顧

競馬予想ブログ JUST

東京スポーツ杯2歳S 回顧 – 誰よりも早く好位をとった時点で勝負を決したコントレイル

読了までの目安時間:約 3分

 

1:44.5である。

なんだこれは…。

決して歓迎ではない好タイムだが、ムーア騎手の他の馬にお前らがペースを作れ、という感じのスタートで脚を使わせるように、誰よりも早く好位置をとってしまったから、もう勝負にならなかった。

速い馬であると同時に、ほぼ同じような血統の人気になった面々に比べ、母がBCジュヴェナイルフィリーズウイナーということ以上に、青鹿毛だからという以外にもバランスや前向きさの程よさなど、この時期の若駒の争いに求められる単走で走り切る能力が、パドック気配一つとっても、どんなに若いファンでも汲み取れるそれが、名手ムーアのアシストで全開。

ラインベックはムーアにやられたビュイック…、という構図の最大の被害者のようなところもあったが、それで3着なら問題なし。

母は速すぎる三冠牝馬だったが、ベストトゥベストの悪いところが一切なく、いい方向にズブさが発揮される中型馬という武器を持つ。

速く走れるコントレイルが独力走行のアメリカンタイプなら、血統の見分けが難しいラインベックは明らかにメルセデス的重厚さを秘める。

それらに引けを取らないアルジャンナは、完成度は両者に及ばないものの、別にここは勝たなくてもいい…、というレースの歴史に則した中身のある2着。

長期展望を掲げる池江厩舎にしてみれば、2戦目の休み明け、長距離輸送後の最初のレースでレコードの2着。

サニーブライアンやメイショウサムソン、その後に登場のドリームジャーニーも、完成度に見劣る勝ち馬との差は、あっという間にひっくり返せることを証明した名馬たちの足跡に、ここは肖っておきたい。

本当に速い馬のマイネルデステリョは、コーナー4つの競馬で本領発揮のタイプか。

ワンペースすぎて、実質コーナー2つの競馬で行き過ぎると、その豊かなスピードが暴発してしまうようだ。

マイネル馬にはこういう経験値が大切だったりする。

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方