2019年競馬ニュース&コメント

競馬予想ブログ JUST

悩める名牝の行く末

読了までの目安時間:約 2分

 

月曜の競馬記事は、スタートのアクシデントに巻き込まれた安田記念の有力馬の不運に触れた、太鼓持ちの論評がほとんどだったことに、やや違和感を持ちつつ、その裏で着々と敗戦を重ねる秋華賞馬・ディアドラのロイヤルアスコット参戦が、もう目前であるということにふと気が付いた。

「(次の)競馬が終わってからですね」

19日アスコット競馬場で行われるプリンスオブウェールズS(9F212Y/約1990M)の結果如何では、すでに登録を済ませていた9月のアイリッシュチャンピオンSへの参戦、転戦も視野に入っているという中での、橋田調教師の返答。

使っているGⅠは非常に限定的で、かつ、狙って勝とうという意思を感じさせる理想的なローテーションのようで、秋華賞を勝つまでの間に、軽く10戦以上、桜花賞もオークスも使っている馬が、秋華賞の後は前走の香港までで9回だけ。

条件馬時代からその戦績は堅実であり、今もそれは変わらないが、突き放された勝負圏外の6着という結果が妙に目立つ。

同じハービンジャーの産駒のブラストワンピースも、明けてからの2戦は、恐らくベストに近い条件にも拘らず、スタートの悪さが出ているだけとは思えない平凡な内容に終始している。

段取りが整わなかった3歳時までのハービンジャーとは違い、彼らは本来獲れるだろうGⅠを勝てるだけの準備をしっかりした中で、結果を残している。

昨年の今頃は、どこまで伸びていくのだろうとワクワクさせるものがあったディアドラに、今、そんな期待感は抱けない。

アスコットの結果に拘る背景からは、これで店仕舞いの可能性も含めた、陣営の覚悟のようなものが伝わってくる。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方