血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

J.オブライエン調教師が年間100勝達成

読了までの目安時間:約 2分

 


かつて、そうも昔ではない話。

19歳でエプソムダービーを制した天才騎手がいたことを覚えているだろうか。

名はジョゼフ。父はあのエイダン・オブライエンである。

名伯楽である父が手掛けた血統馬・キャメロットを駆ったジョゼフは、その能力を十二分に引き出し、求められる仕事を最高の舞台でやり遂げた。

時は経ち、身体的な問題から騎手稼業に早めの見切りをつけ、父と同じ道を進むことになったのは、つい2年ほど前のこと。

しかし、その競馬に対する非凡な才能は、舞台を変えても相変わらずのものがあった。

初年度からGⅠ・モイグレアスタッドS<愛・カラ芝7F>を、弟のドナカが騎乗するイントリケイトリーで制し、双方にとっての初タイトル奪取をしたのだ。

翌17年には、リキンドリングで豪・フレミントンに遠征し、当地のお祭りレースとして知られるメルボルンCも制覇。

今年はアイリッシュダービーをラトローブで制し、クラシックトレーナーに。

そして、オールウェザーシーズンがスタートして早々、今月17日のダンドーク競馬場の4Rを人気に推されたイクイタントで制すると同時に、調教師としては偉業に等しい、年間100勝を25歳で達成するのであった。

オブライエンと言えばヴィンセントの時代から、彼が存命のうちに、エイダンが競馬界の顔になる時代が訪れ、その次は高速の展開でその子息であるジョゼフ調教師の時代に移行しようとしている。

巷間囁かれる話、ドナカも間もなく鞭を置くのではないかと…。

嗚呼、オブライエンよ。

弟も兄と同じ道を選んで父が身を引かない場合、ドナカは違う国に行くのかもしれない。

 

ニュース

今週からもっと増えます

読了までの目安時間:約 2分

 


エリザベス女王杯当日の京都競馬は、クリスチャン・デムーロ、ジョアン・モレイラ、気づけば武豊超えも見えてきた191勝のクリストフ・ルメールらで、メインまで11連勝。

さすがに馬鹿野郎!もヘタレどもが!といった叱咤の絶叫も、まるで聞こえてくるような状況にすらならず、藤岡佑介騎手が気合いの最終レース快勝も、どこか残念さが漂うほどに、彼らの作る流れはあまりにも強烈であった。

モレイラ騎手にとっては、特別な日曜日となり、いっぱい勝っただけではなく、自身も念願であったというGⅠ制覇を、指定席が銀・銅だったリスグラシューで成し遂げたことに、みんなで大団円という結果で、見る者全てを納得させてしまった。

おい、ミルコ!おい、日本男児!!

しかし、マイルCSの行われる今週末には、まだまだ刺客が登場する。

何と言っても、泣く子も黙るライアン・ムーアの参戦。

そして、ロイヤルブルーの主戦・ウィリアム・ビュイック騎手が4年ぶりに来日。早速、ステルヴィオで一発を狙う。

おいおいおい…。

これはガキの鬼ごっこか、はたまた逃走中の収録なのか。

いきなり日本重賞初制覇を果たしたコルム・オドノヒュー騎手のことを、皆さん覚えていますか?状態である。

心配事が多い迎え撃つ側の地元勢だが、

「危機感を持ってやっていきたい」

この佑介騎手の言葉が、マイルCSで早速結果に繋がれば、秋競馬の後半は最高に面白くなるはずだ。

夢を語る時に、まず純国産でそれを叶えようとすること。

それが容易ではないということを、今こそ、日本の競馬関係者、ファンたちは学び直さねばならない。

 

ニュース

JBC京都は上々の売り上げ

読了までの目安時間:約 2分

 


JBC京都は上々の売り上げ

さすがの大井競馬場とて、昨年比として出されると、悲鳴が聞こえてきそうな激増の売上額となった。

11月4日に史上初めて、中央競馬での開催となったJBC諸競走は、スプリント-グレイスフルリープ、クラシック-ケイティブレイブ、レディスクラシック-アンジュデジールと、しっかりと地方の重賞で好結果を残している馬が全て制して、NARのメンツも何とか保てたと言える。

しかし、肝心の興行収入たる実入りの方では、売り場の充実や規模の差も影響してか、JRAの強力なマージンにおけるアドヴァンテージの部分が、実にわかりやすく、絶望的なほどの数字の差で現れてしまった。

今まで同日GⅠ<級>開催を嫌っていたJRAだが、

スプリント 約40億円<前年比28億超>

レディスC 約43億円<前年比35億超>

クラシック 約75億円<前年比57億超>

結局、独り勝ちである。南関の黒字計上も可能な競馬場である大井での開催と比べてのこの結果。

もはや、逆立ちしたところでどうにもならない、桁違いのハイパフォーマンスキャンペーンだ。

来年はいかにも地方競馬らしい造りの浦和競馬場での開催。

キャパも違えば、そもそも競馬の質が今年とは違う。

中には、深いダートであることに価値があるJBCが、よりよって京都での開催とは何事だ、という意見を述べるファンの声もある。

興行収益を上げるより生き延びる道はない地方競馬において、分かっていても歯が立たないこの収益力の差は、一体どんなイマジネーションを生み出すのであろうか。

結局、詰まるところは日曜日の開催という影響も、かなりあったように思う。

ヒントはその辺りにあるのかもしれない。

 

ニュース

なるほど<レイデオロは有馬へ>

読了までの目安時間:約 2分

 


秋の天皇賞を歴代2位の好タイムで快勝した昨年のダービー馬・レイデオロが、激戦から一夜明けて、元気な姿を見せた。

「夜の飼い葉も食べていたし、普段のレースの後と変わらないですね」

藤沢厩舎の津曲調教助手は、夜9時に無事、美浦に戻ってきた後の様子を語った。

さて、注目の次走なのだが。

昨年はオールカマーと同日に行われる神戸新聞杯からジャパンCへという、余裕のローテを選択。

今年もその予定で、狙いは最初からJC制覇にあったということなのだが、去年との違いは、春のローテが同じ2戦でも、馬場状態とリズムの悪さで苦しい競馬を強いられた京都記念とドバイ遠征もあり、さすがに、直行ローテという形が取れなかったことで、オールカマーを叩くという目標が最初にあり、ルメール騎手のお手馬とのバッティングがどうかと思案していたところ、アーモンドアイの勢いが秋も止まらなかったことで、狙いの目標が前倒しされ、秋の天皇賞参戦となった経緯があるという。

無論、古馬になれば多少のハードローテはこなせるだろうが、まず様子を確かめたプレップがあり、その後に本番という流れ。

一度もやったことのないタフな連戦への懸念と、相手関係というより内情もあって、有馬記念に参戦することが最短ローテになるようだ。

いささか残念な決断だが、ダイワスカーレットも激走後に距離不適なども考慮され、有馬記念直行で結果を出したことがある。

その昔は、秋天後は有馬に万全の態勢で、というローテが多かった。

今世紀に入って、オーナーや生産者側からの注文が多すぎる気もするが、そこはダービー馬のこと。

幸運を祈るのみである。

 

ニュース

来年は大きな変更点はなし<19年度JRA開催日程発表>

読了までの目安時間:約 3分

 


農林水産大臣の認可等を経て、後日正式発表される来年度のJRA開催日割。

ややこしい1月開催の変更事項を除けば、マイナーチェンジに止まった。
 

年初は1月5日(土)

変則開催が当たり前の1回中山・京都1週は、普段通りの土日開催。

 
3日間開催は来年も4度

1/12~14

4/27~29

9/14~16

10/12~14

いつも通りの日程に加え、改元直前の連休序盤に変則開催が組まれる。

その4月以外は中央2場開催の3連チャンとなるが、4月は土曜が東京・新潟、日曜は東京・京都、月曜に京都・新潟の組み合わせで開催の予定。

 
リステッド競走の実施

来年から降級制度の廃止がされる中で、オープン馬が増加する。

そこでノングレード戦の中でも格式のあるレースを選定し、クラシックトライアル等のオープン特別には、準重賞格を示すリステッドのLが格付けされる。

詳細は来月中旬に発表とのこと。

 
主な重賞の変更点

みやこSは今年お休み。来年は5回京都2日に再び組み込まれる。

また、葵Sから新設のフレーズが抜け、重賞の格付けに変更。GⅢの位置づけに一歩近づく。

あと、変則開催の影響で、1月を中心に開催日の変更がある。

シンザン記念 1/6

フェアリーS 1/12

京成杯 1/14

東海S 1/20

愛知杯 1/26

新潟大賞典 4/29

また、京都大賞典の週が通常開催で日曜に移設。反対に翌週が3日間開催のため、土曜日に東京HJ、月曜に府中牝馬Sと変更。

ダービーは5/26、有馬記念は12/22の開催。

ただ、ホープフルSが有馬記念の6日後、28日(土)に開催されるから、例年よりは1週長い日程となる。

 

ニュース

三冠の裏で

読了までの目安時間:約 2分

 


圧倒的なスケール感で、今年シーズンここまで4戦全勝。

加えて、トライアル未出走での三冠達成という空前絶後の大記録を打ち立てたアーモンドアイ。

一方、桜花賞前の下馬評、尤も、レースをする前まではずっと評価が上だったラッキーライラックが、見事に出る杭の役割に回って、散々打たれ尽くされた挙句、ついに大事な三冠阻止の一戦で初めての掲示板外、9着に敗れた。

第23回秋華賞は、良くも悪くも、ミッキーチャームにとっても災難であったように、様々な副作用を生じたレースであったのである。

2歳女王のラッキーライラックは、予定していたローズSを回避。

パドックの出来は良くも悪くも、この次があるならもっと良くなること間違いなしと、まだまだ落ちぶれるような気配ではなかったが、アーモンドアイと同じ二桁体重増でも、結果があまりにも対照的。

自分の方がずっといい位置にいたはずなのに…、という勝負所の決定的な反応の差が、現状を明白に示していた。

今年に入ってから、神経が図太くなったのか、本質的なものなのか。

ラッキーライラックという馬は、幾らかズブくなった印象がある。

その状況で、休み明けでの鞍上の緊急交代。

「行きっぷりが良くなく、コーナーでも逆手前」

松永調教師とすれば、乾坤一擲の大逆転劇を目論んでいたのだろうが、まじめに走ってきた馬にとって、理想のローテで大一番に臨めなかったのは、破綻の最大要因だったと考えるのが筋だろう。

2歳戦以来、スローペースに近い展開を経験していなかった今回、まるでアーモンドアイに相手にされなかったのは、同じ2歳王者のダノンプラチナムが苦しむ現状と、内容的には大差ない。

立ち直れるだろうか。

 

ニュース

天井知らずの上昇力

読了までの目安時間:約 2分

 


勝ち時計の1:35.3は、良馬場ではまずまず。

ただ、勝ったのは3歳馬の方であった。

一騎打ちムード漂うレース展望の通り、勝負所からは別次元の争いに。

8日盛岡で行われた岩手競馬最大のビッグレース・マイルチャンピオンシップ南部杯は、自ら動いて現チャンピオンを抑え込む強い内容で、2番人気のルヴァンスレーヴが勝利し、交流GⅠ3勝目を挙げた。3歳馬の勝利はレース史上初。

並ぶまでは至らなかったが、人気馬として上々の秋緒戦を戦った1番人気のゴールドドリームが2着。

そこから置かれて、人気薄のメイショウウタゲが3着に入った。

もう一頭レースぶりが期待されたノンコノユメは、そこから更に突き放され、出遅れもあって4着に終わった。

デムーロ騎手にとっては実に悶々とした2週間となったわけだが、こうして、かつてのお手馬に引導を渡す活躍であれば、鼻高々だ。

ジャパンダートダービーに出てきた頃には、なかなか思うように走ってくれなかった無駄の多い、若さ溢れるレースぶりから、極端な作戦に出たところで、馬自身が前を捕まえに行こうという意思を感じさせる、元々持ち合わせていた才能を遺憾なく発揮できるところにまで、しっかりと成長していた。

今回、ダート王になった現役最強馬との初対戦だったものの、上昇力がちょっと違ったようだ。

次が京都か中京かはわからないが、はっきりと勝負付けが済んだというような甘い戦いにならないダート戦線だけに、その盛り上がりは、春以上のものになったのは事実。

速いタイプの両者だけに中京や大井、川崎で主役を張ると、危うい場面も想像できなくはないが、京都であれば再び一騎打ちだろう。

 

ニュース

月曜振替も開催中止

読了までの目安時間:約 2分

 


9月30日に行われる予定だった4回阪神9日目の開催は、29日の時点で順延が決定。

その代替が、翌10月1日に開催されるはずだったのだが、交通事情に加え、西から東へと台風が動くため、東からの移動が極めて困難な状況になってしまい、それが普段輸送する深夜帯の通過だったことも大きく影響。

結局、1日の代替開催は再び順延となり、翌2日に改めて開催される運びとなった。

週末には恒例の3日間開催が予定され、再度発生の台風の動きにもまた悩まされる可能性が出てきた状況にあって、場合によっては、11月の京都開催や、年末の変則開催のどこかに臨時開催することも考えられたのだが、極めて無難な判断により、翌日の開催に落ち着いた。

今年は早い段階から台風の上陸が続き、何度かは危ういケースもあったものの、何とかやりすごしてきたのだが、開催日に直撃コースという不運により、予定通りの開催は断念。

しかし、毎年のように9、10月開催は、何故か3日間開催のどこかに直撃され、火曜日に消化するということが多く、今回は通常開催の順延だったとはいえ、その影響は大きく、また番組の調整も検討すべき段階に入っている気もする。

この開催は、3歳馬にとってはデッドライン上にあるシビアなレースが行われる。

札幌開催が9月分丸々消えたことでも、かなり問題視された経緯がある。

10月以降の振り替えではなかった点は、一定の理解はできるものの、同じリスクを毎度消化しきれない開催の在り方は、主催者側も見直すべきではないだろうか。

 

ニュース

ハッピーグリンが盛岡で躍動

読了までの目安時間:約 2分

 


いよいよ、地方競馬でもビッグレースに向けた前哨戦が始まった。

月曜日はJBCスプリントへ向けたステップのまた前段に位置する浦和のオーバルスプリント<1400M>が行われ、前走戦慄の大差勝ちを収めた地元のノブワイルドが、返す刀で交流重賞初制覇を果たした。

一方、例によって中央競馬の全レース終了後に行われる盛岡のメイン競走は、23日が芝のOROカップ<1700M>だった。

盛岡の芝といって侮れない。

地元の芝のエース・サンエイゴールドは2400Mではどこからでも抜け出せる馬だが、昨年の2着馬で、今年の巴賞にも参戦していた。

注目されたのは、その中央で結果を残した2頭。

中央2勝で、盛岡の芝狙いの馬も多く送り込むホッカイドウ競馬の中心的存在であるハッピーグリンと、ここでは格がまるで違う中京記念優勝経験のあるガリバルディが岩手競馬に籍を置いて、これが初戦。

後者は、今年唯一の好走が出遅れも4着だったマイラーズCということで、2番人気に推された。

が、寄る年波に敵わないということか、前を進んだガリバルディも、勢いで勝る前走1000万特別完勝のハッピーグリンに、いとも簡単にねじ伏せられ、まだ5歳のサンエイゴールドにも先着を許す結果に。

芝重賞の好走歴のあるブレイズアトレイルやフランスで勝ったこともあるエイシンエルヴィンなど、一癖ある面々が揃った一戦を制したことで、ハッピーグリンのランクは再上昇した。

中央所属馬には縁のないレースとはいえ、コスモバルクはここをステップに秋の天皇賞でも好走しているから、オジュウチョウサン的闖入ならずとも、今後気になる存在となっていきそうだ。

 

ニュース

「大丈夫」だそうです

読了までの目安時間:約 2分

 


日曜阪神の条件戦。

人気の1頭であるスリーヘリオスに騎乗するも、思うように走れず惨敗。

ゴール入線後、今度は落馬のアクシデントに見舞われ、騎乗していた福永祐一騎手が一時的に身動きを取れなくなるシーンが場内の実況でも流れ、心配されていた。

ところが、その後はレースに参加し、特別戦も勝利、ローズSでも騎乗した。

しかし、改めて検査してみると…。

頭蓋骨骨折

気脳症

そんなに重傷だったのか。

なのにである。

来週は是非とも騎乗してもらわねば困ると気にかけて電話連絡をした友道康夫調教師に対し、福永騎手は「大丈夫」と答えた。

何かがおかしいが、最初から割れているような形状の頭蓋骨だから、案外、ダメージが少なかったという見方はできなくない。

兎にも角にも、怪我そのものは重傷なのかもしれないが、騎乗することさえも、あまり直接的な影響は大きくないようである。

大丈夫、の理由。

無論、月曜日の騎乗は全キャンセルとなったわけだが、来週も一鞍だけ、ということはあり得る。

急にこの世を去ることになったワグネリアンの母・ミスアンコールのこともある。

だがしかし、本音はこうだろう。

「もっと勝ちたい」

サングレーザーとワグネリアン、あとは地方でケイティブレイブでも名の通ったレースを制しているが、大活躍の年ではないにしても、今年目立った仕事はあまりできていない。

失うものがどちらの方が多いかはまだ分からない。

それでも、休まなくてもいいのであれば、プロは仕事を休まないというのが、あるべき姿のように思う。

ご自愛くださいとは言いたいところだが…。

 

ニュース

1 2 3 18