競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

アドマイヤの近藤利一氏死去<平成の名物オーナー逝く>

読了までの目安時間:約 2分

 

17日の早朝。予てよりがんの闘病中であることを公表していた馬主・近藤利一氏が、大阪市内の病院で亡くなったことが明らかになった。享年77。

銀幕の名優たちが次々に天国に旅立っている昨今、日本競馬界においてアドマイヤのブランドイメージを確固たるものにした名物オーナーの死もまた、かなりの影響を及ぼしそうだ。

尚、故人の馬主名義変更には1か月の猶予期間があるため、恐らく、香港マイルに出走する予定のアドマイヤマーズは、近藤利一氏名義の最後のGⅠ挑戦になると思われる。

乗り替わりや突然の名義変更などでも話題となった・名血アドマイヤムーンや非業の死を遂げる直前に豪GⅠを制したアドマイヤラクティなど、国内外におけるチャンピオン級のGⅠタイトルをこれまで数多く制し、中央のみでも計13勝を誇る。

2歳王者であるアドマイヤコジーンが安田記念で復活を遂げた2002年には、同じ朝日杯覇者のアドマイヤドンを、菊花賞から中1週で盛岡でダートのトップホースへと変身させた。

M.ロバーツ、後藤浩輝、藤田伸二、安藤勝己…。

もう鞭を置いた名手たちにとっても、実に思い出深い出会い。

しかし、惜しむらくはあの黄金期を支えた武豊騎手と、香港での出来事を機に仲違いしてしまったのは、ファンにとっては残念だった。

ここに挙げたラクティ以外の3頭には、実はみんな乗ったことがある。

心残りがあったとすれば、それであるといいなと思う筆者だ。

 

タグ :               

ニュース

今後は経過観察 ~ 屈腱炎発症のメールドグラース

読了までの目安時間:約 2分

 

先日行われたメルボルンCで6着に入線後、ほどなくして左前脚の浅屈腱炎発症が明らかになったメールドグラース。

その更新された、所属するキャロットファームのホームページには、症状緩和のために施された治療が効果をあらわし、帰国後も同じような治療を引き続き行うことになると記されていた。

ただ、全治に関しては帰国後の正確な診断を待ってからになりそうで、今のところは完治の可能性もはっきりと断言できる状況にないようだ。

弾けるような走りを魅せられなかったメルボルンCは、本質的な距離適性や例によって異様な頭数での激戦になるレースだから、弾かれて外を回るような展開もあって、致し方なしの内容だったが、最後はきっちり詰めてきていた。

屈腱炎はもはや不治の病ではないが…

問題として挙がるのが、当地のルールにのっとったように見えるハードローテが、この馬に当てはめても大丈夫であったのかどうか。

GⅠ馬になった以上、大事に使えと皆が思うわけで、そもそも、似たような感じで使われたアドマイヤラクティは、一瞬の出来事によって命を落とすことになった。

屈腱炎はもはや不治の病ではない。

ただし、高校球児の肩ひじの問題と同様、故障させる可能性があるタフなシチュエーションは、慎重に選択せねばならないのも事実。

いいことだったとも悪いことでもあったとも言える豪州遠征の成否は、今後のパフォーマンスであり、種牡馬としての活躍の程度により、判然としてくるのであろう。

 

ニュース

味な19年開催・JBC浦和

読了までの目安時間:約 2分

 

難儀な浦和でJBC。展開色々で面白かった。

レディスクラシック<1400>

①ヤマニンアンプリメ<牝5> 3人

1:24.5<重>

②ゴールドクイーン 2馬身 2人

③ファッショニスタ 6馬身 1人

BC帰りのユタカが流石の仕掛けで、理想の逃げこみ態勢に持ち込んだゴールドクイーンを狙い撃ち。

長谷川浩大騎手とまだ言ってしまうところだが、調教師に転じてまだちょっとしか経っていない今回、これがGⅠ格のレースを初勝利。

この馬で今年重賞3勝とした。

スプリント<1400>

①ブルドックボス<牡7> 6人

1:24.9<重>

②コパノキッキング クビ 2人

③トロヴァオ 3 11人

色々と衝撃的な展開となったが、藤田騎手のキッキングは先行型の人気馬なので、ファンタジストというよくわからない馬の先行争いの登場が、トロヴァオの3着に繋がったくらいで、これだけは力通り。

ただ、ブルドックボスはもう7歳馬だから、ほどよいズブさが前走5馬身差つけられた分の逆転に、大きく影響したか。

御神本騎手はフジノウェーブ以来の大仕事。男の意地を見せるには、最高の舞台だった。いや、ここは馬を褒めないといけないか。

クラシック<2000>

①チュウワウィザード 1人

2:06.1<重>

②オメガパフューム ハナ 2人

③センチュリオン 3 6人

4歳の2頭というより、川田・デムーロ両騎手の何とかしないといけないという意地が、至極の叩き合いに展開した要因だったか。土日もLCもパッとしなかった川田騎手のチュウワウィザードが、鬼の二枚腰でGⅠ勝ちコンビを制した。

最後に、武騎手のインタビューをけたたましいサイレンの音が邪魔をしていた。

戸崎騎手の早期復帰を祈る。

 

ニュース

アドミラブル引退 – 青葉賞で歴史的快走を見せた超良血馬

読了までの目安時間:約 2分

 

ダービーのすぐ後だったか。

1番人気で大外枠、その上で折り合いに気を遣った競馬で3着。2番人気のレイデオロが似たような雰囲気だったのに動けたから、散々言われたあの頃。

青葉賞で歴史的快走を見せた超良血馬が、やはりというか、脚部不安を発症し、これは引退するのではないかと、一部報道されたと記憶する。

あれから2年以上が経過。

アドミラブルが種牡馬入りすると決まった。

浦河のイーストスタッドで、来春からの種付けを予定している。

長い長い冬の季節、春遠からじと思って雌伏の時を過ごしていたら、気がついたら3度目の冬がやってきそうな時季になってしまった。

そう言えば、いつまで経っても引退しないダービー馬が最近いる。

ワグネリアンはまだ早いかもしれないが、マカヒキだとは、その前だとワンアンドオンリーもそう。

もう一度立ち返りたい。

世界中のクラシックホースに支えられて、アーモンドアイのような気高き優駿の誕生が、国内生産の中で可能となったわけだ。

サンデーサイレンスをもっと大事にしたい。

このところ、新馬戦に登場するサンデー系の馬で、一定数で母系にサンデーサイレンスを持つ3×3のインブリードが施された者が出現してくる。

これを経ることで、サンデー系の淘汰が本格化するわけだが、飽和状態なのは明らか。

ダートを走れるサンデーは必要か。アドミラブルのようなGⅠを勝てなかったサンデー系は必要か。

現役馬の時点で、ノーザンファーム等が関連する所有馬を再選定する中で、海外向けの種牡馬として国外にキャンペーンを張るようなことをもっとすべきだろう。

全種付け数に対し、同系の種牡馬の比率をきっちり管理してもらいたい。

 

ニュース

あの降着男の父が来日 – ニューイヤーズデイが社台SSで繋養

読了までの目安時間:約 2分

 

短期免許再取得のC.スミヨン騎手の父が来たという話ではない。

降着男とは、極悪馬場のケンタッキーダービーを制したといってもいいマキシマムセキュリティ<牡3/フロリダダービー、ハスケスISなど7戦5勝>のこと。

その父である、ニューイヤーズデイが社台SSでの繋養となったから、話が早い。

最近は、米三冠馬増産の70年代の流れが再来し、やっぱり世界の競馬はアメリカのスターやそこで養われたスピード能力の継承能力のある者が、在るべき姿を見せる時に、隆盛の時代を迎えるのだと再認識させられたばかり。

三冠馬はもう現役を離れたが、それになりかけたマキシマムセキュリティと関連のある血は、これからもっと評価されるはず。

ところが、このストリートクライ産駒の元2歳王者であるニューイヤーズデイは、実に的を射た導入と思える面が多分にあるのだ。

まず、最近妙にミスプロ系の中で仕事人ぶりを発揮するマキャヴェリアンの血統背景が、本当に優秀であるということ。

3代母はノーザンダンサーの母ナタルマであり、ノーザンダンサーの従兄弟であるヘイローがマキャヴェリアンの母父。

日本でクロスを嫌わないようにすれば、アルマームード系の血を巧みに活用できる。

加えて、ある意味でドバイWCだけ輝いた父のストリートクライは、ケンタッキーダービー馬のストリートセンスを送り出しただけで十分なのに、オールウェザー女王のゼニヤッタとつい最近までキンツェム化していたウィンクスまで出しているのだ。

本当はフィリーズサイアーなのかもしれない。

良血でかつ強豪の牝馬が溢れる世界に、この血は欠かせないのであろう。

ヴィクトワールピサもその傾向にある。

 

ニュース

悲願の初タイトル<サンライズノヴァが南部杯制覇>

読了までの目安時間:約 2分

 

台風による豪雨被害が発生した岩手県だが、南部杯が行われた盛岡競馬場は、月曜日の開催とはいえ、終日良馬場であった。

14日、中央変則開催の日程が本来は全消化後に行われる予定だった第32回マイルCS南部杯は、思わぬ好条件、例年より頭数が揃ったフルゲートの16頭立てで、17:30に無事発走。

金沢競馬の第一人者となった吉原寛人騎手が好位のインに誘ったサンライズノヴァが、アルクトスの後ろ、ゴールドドリームの内という絶好のポジションから、直線でいつものもたつきを見せず、見事な正攻法の抜け出しで、断然人気のゴールドドリームらを引き離し、自慢の末脚で2着となったアルクトスに1馬身半の差をつける完勝で、初のGⅠ級タイトル制覇を果たした。

勝ちタイムは1:34.2だった。

ここでは敵は少ないと見られたゴールドドリームは、秋緒戦としては上々の内容も、逃げたロンドンタウンや実質的な大井のチャンピオン・モジアナフレイバーらを抑えるのでやっとの3着。

アルクトスの上昇度も結果に影響したか、それからまた1馬身半の差をつけられた。

吉原騎手もさることながら、散々勝ちそびれてきたサンライズノヴァは、順調な賞金加算が叶わなかったこともあって、適性も影響して、古馬の交流重賞はこれが2度目の挑戦。

戸崎騎手のお手馬として有名なこの馬も、近走の内容や府中牝馬Sとの兼ね合いで、主戦は東京で騎乗。

にもかかわらず、地味にいい仕事をしている音無厩舎の馬らしく、その勢いに乗って勝利。

5歳馬による秋の世代交代では心配は多いものの、これで使いたいレースにもっと使えるようになるのは間違いない。

 

ニュース

凱旋門賞 ファーブル厩舎の意地<ヴァルトガイスト、再挑戦で戴冠>

読了までの目安時間:約 2分

 

勝ちタイムは2:31.97だった。

日本時間の日曜深夜、フランス・パリロンシャン競馬場で行われた第98回凱旋門賞は、ガイヤースが序盤から牽引するタフな流れを、好枠を利して絶好位につけたフィエールマン、途中から大本命でじっくり中団から押し上げるエネイブルの後ろから、血統面で期待されたブラストワンピースと、スタートがうまく行かず後方が押し上げていったキセキらが追う展開となった。

直線、ほぼ先行勢や日本のGⅠ馬に出番がないと判断できた段階で、これからロケットエンジン全開となるエネイブルが抜け出しにかかった残り100Mほどで、唯一、これまで渋馬場でGⅠ全3勝を挙げていた、昨年の4着馬・ヴァルトガイストが急追し、最後にエネイブルを呑み込むように捉え、体2つほど出たところでゴール。

ほぼ全てのレースで手綱を握るP.ブドー騎手は、これが嬉しい凱旋門賞初勝利。

一方、最後はフランス調教馬というデータ通り、地元の誇りであるA.ファーブル調教師は、87年のトランポリーノから数えること8度目の制覇も、06年、あの因縁深きレイルリンクで制して以来の久々の勝利で、最多勝記録を更新した。

速い馬には苦しいレースになることが予想されたソフトコンディションの中、位置取りこそ理想的ながら、結局、レースに途中参加のキセキが日本馬最先着で、それが勝ち馬から大差をつけられたのでは…。

面食らったことは何度もあったが、今年の結果は真摯に受け止めたい。

ファーブル厩舎の道悪巧者が、力を発揮した凱旋門賞。

ステイゴールド産駒のような特殊性や、豊かなスピードを活かすより道はないか。

 

ニュース

英CSかBCか

読了までの目安時間:約 2分

 

ディアドラの次走が正式に決定。

10月19日に英・アスコット競馬場で行われる欧州競馬の総決算・ブリティッシュチャンピオンS<1990M>へ向かう。

「いろいろな条件を考慮した結果、決まりました。ジョッキーは未定です」

凱旋門賞とのローテの兼ね合い、距離まで考慮した中、橋田調教師などディアドラの陣営が決断を下した。

また、欧米のビッグレースではよくある条件不適の場合での取り消しも視野に入っており、自慢の決め手が活かし切れないような道悪が予想された場合は、その後に米・サンタアニタ競馬場で行われるブリーダーズCフィリー&メアターフに目標を切り替える可能性があるとも示唆した。

わざわざ、得意のカテゴリーのGⅠとしては今最もフィットしているだろうエリザベス女王杯を回避してから1年。

紆余曲折の長期遠征を経て、5歳の夏に英GⅠの勝ち馬になったディアドラの今後は、実に気になるところだ。

愛チャンピオンSのやや切ない感じの追い込み届かずから、より高い目標を設定するというのは、かなり厳しいものがある。

時には、凱旋門賞の内容が気に食わないと、強行ローテで参戦してくる馬も出てくるレース。

左回りのサンタアニタより分がありそうで、それでも、馬場が湿ったらどっちも同じ。

窮屈な競馬の方が合っている感じもしないではないが、普通にやってはGⅠまでは勝てないというこれまでのレースぶりが、世界に名の通ったビッグレースで一変するのか。

帰国を延ばした以上、実のある結果が求められることになる。

 

ニュース

オーソリティがデビュー2連勝

読了までの目安時間:約 2分

 

サートゥルナーリアにとって、同期との対戦が退屈であることが明らかになった神戸新聞杯から、遡ることちょうど1時間。

ライスシャワー、オルフェーヴルらも走った芙蓉Sから、楽しみな若駒が出現した。

美浦の木村哲也厩舎からは、札幌未勝利戦ぶっちぎりレコード勝ちのゴルコンダやすでに札幌2歳Sでそれと対戦し先着、3着に入ったダーリントンホールら、楽しみな個性派が登場しているわけだが、その極め付きのキャラクターと言えよう。

父オルフェーヴル、母ロザリンド、母の全兄エピファネイア、半弟リオンディーズ、サートゥルナーリア等。

母父はシンボリクリスエス、母母シーザリオでその父はスペシャル…。

危うさと圧倒的なポテンシャルが同居した日本最高水準のアウトロー良血馬・オーソリティが、デビュー2連勝を飾った。

「血統的なものがあるのか2戦目で、気は乗り気味でしたが、道中折り合いはついて直線も余裕ある抜け出しでした」

父オルフェーヴルに心身とも鍛えられた池添謙一騎手が、ダーリントンホールと早くもかち合わないでほしいと思うような才能を駆り、父の兄・ドリームジャーニーが勝ったレースを制した。

出来のいいシーザリオの仔は、大きく出世したとは言えないグローブシアターでも、レイデオロが勝ったホープフルSで3着に入っているくらい、完成度の高い産駒が多い。

当然のように、早くから走ったこのオーソリティは、父の初年度産駒からロックディスタウン、ラッキーライラックがデビューからポンポンと勝って重賞を制したという流れも汲んで、溢れる才能を最初から全開させている。

いや、全開にする前に走りすぎるのか。次戦は要注目だ。

 

ニュース

ディアドラ4着、キセキ3着

読了までの目安時間:約 2分

 

アイリッシュチャンピオンS

土曜の夜、愛・レパーズタウン競馬場を舞台に行われた凱旋門賞の前哨戦・アイリッシュチャンピオンSは、ディアドラ参戦で国内も盛り上がったが、終始安全なところから人気に応える競馬で主役の仕事をこなしたムーア&オブライエンのマジカルに対し、前走のナッソーSも再現を狙ったマーフィー騎手のディアドラが、殿追走から前にも内にも進路を失った直線で、最後は大外から一気の末脚で伸びるも、勝負圏外からの追撃では苦しく、4着に終わった。

次走は未定も、もう一度イギリスの競馬を使う可能性が出てきた。

フォア賞

一方、ディアドラと同期の菊花賞馬・キセキが参戦したフォア賞は、日曜の夜に行われ、スミヨン騎手が自然な形での逃げを選択するも、昨年の覇者でもある人気のヴァルトガイストに直線ではきっちりと捉えられ、4頭立ての3着に終わった。

スミヨン騎手が「もう少し柔らかい馬場の方が合う」と語り、角居師は「逃げ馬の後ろにつけられたら…」とも言うように、前哨戦としては異例の2分27秒台の決着で、ステップレースに終始する格好となった。


三者三様の戦法で挑む日本のステイヤー三銃士は、本質が中距離ベストのタイプだけに、洋芝の時計勝負でどこまで走れるかが課題。

高速の東京、京都で遅いタイムで走っているよりは、宝塚のように最初からトラックバイアスの掛かっている馬場に適応していた方が、後からどうにでもなるという傾向は出ている。

滞在場所を工夫するなどの新たな試みをしている一方で、ディアドラやシュヴァルグランのような長期遠征組に出番がないのでは、実際のところ、本末転倒にも思えるわけだが…、ここは健闘を祈ろう。

 

ニュース

1 2 3 20