競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

北村友一騎手が騎乗停止 – タニノミッションで進路妨害

読了までの目安時間:約 2分

 

1回京都4日<12(日)>の12Rで、タニノミッションに騎乗していた北村友一騎手は、直線走路で外に進路をとった際に斜行し、後続馬の進路を妨害したとして、再来週の25日から2/2までの9日間<実効4日間>の騎乗停止処分を受けた。

尚、タニノミッションは6位入線のまま、降着の処分は受けず、全馬到達順位の通りに確定している。

短距離戦における内枠からの抜け出しで、接触やこういう進路妨害などのアクシデントはつきもので、悪質性や不注意の度合いなどをきっちり審議されると、確かにこの処分は致し方ないとはいえ、死角にいた伏兵が対象だったから、鞍上からすると不運な面もあった。

しかし、新馬戦の鮮やかな抜け出しから、ついにウオッカの仔から大物誕生かと大騒ぎになって久しい、地味に後方で騎乗停止事案を生んでしまった張本人たるタニノミッションは、なかなかに歯痒い。

何しろ、2戦目の阪神JFで上々の7着だった次戦で、フェアリーS除外で参戦の白梅賞で人気を裏切ってから、完全におかしくなってしまった印象がある。

驚きの未だ1勝馬。2着2回はいずれも、勝ち馬に1馬身半以上つけられたもの。

日本に適当な種牡馬が見当たらないと、逆クールモア作戦を敢行した例は、過去、タレンティドガールなどの成功したパターンもあり、アメリカで繁殖生活を送る名牝はもっと沢山いたが、ウオッカは色々とハマらなかったのだろう。

唯一、スピード寄りの血統となる彼女だが、兄弟馬の中で、あとはタニノフランケルのみが現役という状況。

せめて、もう一回くらいは勝ってもらいたい。

 

ニュース

マーフィーの逆襲【中山で1日6勝】その内「日本で乗り続けたい」と語り始めるのでは?

読了までの目安時間:約 2分

 

藤田菜七子騎手の101勝目に期待が集まった今年最初の中山開催だったが、内容ある2着が3回と惜しい結果に終わった。

一方、今年もせっせと1月の日本競馬に参戦し、最終騎乗の根岸Sでは今年もコパノキッキングへの騎乗が決まったのが、JCで劇的勝利を挙げたオイシン・マーフィー騎手だった。

何か因縁めいた二人がクローズアップされた変則開催だったが、マーフィーの8勝である。

かつての武豊騎手みたいな現象が起きた。

特に、新馬2勝で特別戦も2勝などで、計6勝だった月曜の2日目の内容は圧巻。

特別戦と言っても、両方ともオープンクラスのレースで、京都でやや雑な騎乗で内容に乏しかったサクセッションで決めたリステッドのジュニアCの勝ちっぷりは素晴らしかった。

仕掛けのタイミングはより大胆に見えたが、今回は中団からの捲り。

勝ちタイムは時計を擁する馬場状態ながら、1:33.4なので文句なし。

3勝目を挙げたサクセッションの未来は明るい。

更に、メインのカーバンクルSでは、藤沢厩舎の良血馬・ライラックカラーの覚醒に乗じる格好で、母ルルパンブルーが2歳時に魅せたような自慢の決め手を繰り出し、密かにスプリント路線に乗ってきた。

いずれも、昨年あまり見られなかったワンタイミング遅らせたところからの猛烈なスパート。

JC勝利以外であまり目立つところのなかった秋と比べ、ルメール騎手がいないとはいえ、この躍進はさすが次代のエース候補である。

見直すと同時に、ダートの新馬戦でも正しい先行ポジションからの抜け出しだったから、本来のアクティヴさも戻っている。

その内、彼も日本で乗り続けたいと語り始めるのではないだろうか。

 

ニュース

それでもノーザンF、GⅠ 10連勝~ホープフルSは杵臼牧場のブラックホールかもしれない?

読了までの目安時間:約 2分

 

「熱発の影響かな。距離かもしれないし…」

「すごく強かった」「年度代表馬に近づいたかな」

普通は敗者と勝者のコメントとなるが、どちらも彼女、言わんとすることはわかるだろうと省いたが、改めて、勝者リスグラシューと惨敗の中心馬であるアーモンドアイについても、同じ人が語っている。

ノーザンファームを世界の良血馬を調合する一大工場とした吉田勝己氏である。

結局、当牧場生産馬が1~4着を占めた有馬記念。

悲喜こもごも。まさに、あっち側とこっち側の世界観がまるで異なるという、情念渦巻くグランプリレース後らしい関係者コメントなのだが、あのちょっとバランスがおかしかったトリッキーカードを自ら組んだにもかかわらず、結果はオーライ。

恐るべしという言葉さえ、もはや不要なのだろうか。

勝っていないのは、

インティ

ミスターメロディ

ロジャーバローズ

タワーオブロンドン

らが勝ったレースと、イレギュラーな存在を先に列挙した方が早いくらいだから、その異常性は恒常的なものであると言える。

春も破壊的だった。でも、ダービーはあの娘と瓜二つの配合の穴馬が激走した。

有馬も昭和的激戦で、最高峰に位置づけたはずの本命馬は脆くも崩れたが、今度は、他でカバーして見せた。

都合、秋華賞以後のGⅠを10連勝。

最終戦となるホープフルSには、

ヴェルトライゼンデ

オーソリティ

ラインベック

ワーケア

らがいて、ノースヒルズのわんぱく息仔・コントレイルをいじめようと目論む。

そういう時は杵臼牧場のブラックホールかもしれないと、ファンたちはもう、28日のことを考え始めている。

 

ニュース

香港国際競走 – もはや、神懸かっていたモレイラ、スミヨンと日本馬

読了までの目安時間:約 2分

 

香港12月の4大GⅠの結果は以下の通り。

ヴァーズ
優勝 グローリーヴェイズ 2:24.77
②ラッキーライラック
④ディアドラ

・スプリント
優勝 ビートザクロック 1:08.12
⑧ダノンスマッシュ
<2レース優勝J.モレイラ>

マイル
優勝 アドマイヤマーズ 1:33.25
<C.スミヨン>
④ノームコア
⑤ペルシアンナイト
⑦インディチャンプ

カップ
優勝 ウインブライト 2:00.52
<松岡正海>

------
 
色々な意味で混戦であったスプリントは除き、アーモンドアイの影に怯えて低調な組み合わせになったカップ以外も、日本馬のプライドを見せつけることで、平和をアピールするためのいい機会となった19年香港国際競走は、ここ5年ほどの日本馬の強さと香港勢の中距離路線における充実が、ある種の過渡期を迎え、新た時代の始まりを告げる結果となった。

ウインブライトは絶好調には程遠かっただろうが、松岡騎手の好位付けが何とも憎らしかった。

一方、当地で騎乗を続けることになったモレイラ騎手の辣腕は、もはや、神懸かっていた。

特に、揉まれる経験はあったとはいえ、馬込みから運んで直線で鬼脚を使わせたグローリーヴェイズのレース運びは、脱帽する以外になかった。

そこで2着後、日本馬に大いにチャンスのあったマイルを制したのが、アドマイヤマーズとスミヨン騎手。

今度はこちらに慣れない揉まれる競馬をさせつつ、直線で理想の抜け出しで、地元の有望株であるワイククの追撃を凌いで見せた。

個の力が際立った一方で、総合力という要素が日本勢の武器であることを、改めて証明した意味は大きい。

挑戦は続く。

 

ニュース

ウインブライト、ノームコアほか関東馬に注目<香港国際競走1週前>

読了までの目安時間:約 2分

 

今年は昨年とあまり変わり映えしない香港勢の面々に対し、日本のトップホースに美浦所属の関東馬が例年よりは多いという特徴がある。

その大将格がアーモンドアイに代わって注目度数倍増しの春の覇者・ウインブライトであろう。

秋2戦の内容からかなり不安な材料を抱えるが、アーモンドアイ効果もあって、メインのカップにはマジックワンドという、ウインブライトらアジア勢からしたら少し格下のガリレオ牝馬が参戦するのみで、身内の争いに止まりそうな雰囲気。

陣営からも強気なコメントが発せられているくらいで、自分の状態如何で、春の再現は十分に可能に思う。

マイルでは秋緒戦も快勝し、本来恐れられるべき地元の雄・ビューティジェネレーションが、乗り替わりも条件変更もしていないのに連敗とあって、ルメール騎手の参戦意義が失われつつある状況で、燃える条件の整ったノームコアが注目馬。

レーンのインディチャンプ、スミヨンのアドマイヤマーズと、元々地元勢が圧倒的に強いカテゴリーで、ビューティジェネレーション次第で…、というのは、カップと似た雰囲気。ここは勝ちたい。

ヴァーズは洋行帰りで今季の締めに香港へ戻ってきたディアドラ嬢が注目も、ここは関東馬のグローリーヴェイズが気になる。

ただ、前年覇者・エグザルタントや英ダービー馬・アンソニーヴァンタイクがいて、そこに復活なったラッキーライラックも加わるから、のっけからガッツリの好カード。

ただ、総合力で春天2着馬が見劣るような組み合わせではない。

この馬がスムーズにレースを運べれば、ダノンスマッシュの覚醒如何で、衝撃の4タテも十分にあり得る。

 

ニュース

ミカエル・ミシェル騎手、ルメールの家庭教師をつけ猛勉強? – JRAの通年騎手免許試験を受験へ

読了までの目安時間:約 2分

 

こちらは来てくれるのでしょうか

天才・J.モレイラ騎手の通年免許取得ならずで、表向きやれやれという空気でも、本来、移籍金を積んでもお越しいただいた方が競馬界にとっては有益だったのではという考えだってあってもよかったはずの無念さがあった、この秋の初め。

無茶苦茶な天候に右往左往する、特に東日本地域では過酷な2か月を経た晩秋。

今度は、また違った形で注目を集めるあの騎手が、日本競馬に興味津々のようだ。

そう、あのミカエル・ミシェル騎手である。

札幌で行われた国際騎手招待競走における豪腕っぷりでも魅了されたが、本職以外でも、ワールドクラスのフレンチビューティーとして、世の老若男女を虜にしたあの人だ。

「今はクリストフ・ルメール騎手がJRAの試験を受けた時につけていた家庭教師と日本語を勉強しています」

世界の特に、普段なかなか歯が立たないだろうライバルとなっていたヨーロッパに拠点を置く名手が勢揃いしたジャパンCを観戦するのが目的とはあるが、一度は東京競馬場を目にして、己の気持ちを改めて再確認するための必要なステップだったのではないだろうか。

「最初、スタートしてから追ってもついていけないかと思いました」

アメリカに一度でも拠点を置いたことがない限り、日本の異常にも近い高速馬場に違和感を持つものだが、きっと、荒れ馬場の札幌でもそういう感触があったからこその本音に思う。

郷に入っては郷に従え、ではあるが、念願叶っての移籍となったとしても、その感覚は失わないでもらいたい。

我々が正すべき、最重要課題なのだから。

ミシェル騎手は、来週の試験に向け準備を進めているそうだ。

 

ニュース

アドマイヤの近藤利一氏死去<平成の名物オーナー逝く>

読了までの目安時間:約 2分

 

17日の早朝。予てよりがんの闘病中であることを公表していた馬主・近藤利一氏が、大阪市内の病院で亡くなったことが明らかになった。享年77。

銀幕の名優たちが次々に天国に旅立っている昨今、日本競馬界においてアドマイヤのブランドイメージを確固たるものにした名物オーナーの死もまた、かなりの影響を及ぼしそうだ。

尚、故人の馬主名義変更には1か月の猶予期間があるため、恐らく、香港マイルに出走する予定のアドマイヤマーズは、近藤利一氏名義の最後のGⅠ挑戦になると思われる。

乗り替わりや突然の名義変更などでも話題となった・名血アドマイヤムーンや非業の死を遂げる直前に豪GⅠを制したアドマイヤラクティなど、国内外におけるチャンピオン級のGⅠタイトルをこれまで数多く制し、中央のみでも計13勝を誇る。

2歳王者であるアドマイヤコジーンが安田記念で復活を遂げた2002年には、同じ朝日杯覇者のアドマイヤドンを、菊花賞から中1週で盛岡でダートのトップホースへと変身させた。

M.ロバーツ、後藤浩輝、藤田伸二、安藤勝己…。

もう鞭を置いた名手たちにとっても、実に思い出深い出会い。

しかし、惜しむらくはあの黄金期を支えた武豊騎手と、香港での出来事を機に仲違いしてしまったのは、ファンにとっては残念だった。

ここに挙げたラクティ以外の3頭には、実はみんな乗ったことがある。

心残りがあったとすれば、それであるといいなと思う筆者だ。

 

タグ :               

ニュース

今後は経過観察 ~ 屈腱炎発症のメールドグラース

読了までの目安時間:約 2分

 

先日行われたメルボルンCで6着に入線後、ほどなくして左前脚の浅屈腱炎発症が明らかになったメールドグラース。

その更新された、所属するキャロットファームのホームページには、症状緩和のために施された治療が効果をあらわし、帰国後も同じような治療を引き続き行うことになると記されていた。

ただ、全治に関しては帰国後の正確な診断を待ってからになりそうで、今のところは完治の可能性もはっきりと断言できる状況にないようだ。

弾けるような走りを魅せられなかったメルボルンCは、本質的な距離適性や例によって異様な頭数での激戦になるレースだから、弾かれて外を回るような展開もあって、致し方なしの内容だったが、最後はきっちり詰めてきていた。

屈腱炎はもはや不治の病ではないが…

問題として挙がるのが、当地のルールにのっとったように見えるハードローテが、この馬に当てはめても大丈夫であったのかどうか。

GⅠ馬になった以上、大事に使えと皆が思うわけで、そもそも、似たような感じで使われたアドマイヤラクティは、一瞬の出来事によって命を落とすことになった。

屈腱炎はもはや不治の病ではない。

ただし、高校球児の肩ひじの問題と同様、故障させる可能性があるタフなシチュエーションは、慎重に選択せねばならないのも事実。

いいことだったとも悪いことでもあったとも言える豪州遠征の成否は、今後のパフォーマンスであり、種牡馬としての活躍の程度により、判然としてくるのであろう。

 

ニュース

味な19年開催・JBC浦和

読了までの目安時間:約 2分

 

難儀な浦和でJBC。展開色々で面白かった。

レディスクラシック<1400>

①ヤマニンアンプリメ<牝5> 3人

1:24.5<重>

②ゴールドクイーン 2馬身 2人

③ファッショニスタ 6馬身 1人

BC帰りのユタカが流石の仕掛けで、理想の逃げこみ態勢に持ち込んだゴールドクイーンを狙い撃ち。

長谷川浩大騎手とまだ言ってしまうところだが、調教師に転じてまだちょっとしか経っていない今回、これがGⅠ格のレースを初勝利。

この馬で今年重賞3勝とした。

スプリント<1400>

①ブルドックボス<牡7> 6人

1:24.9<重>

②コパノキッキング クビ 2人

③トロヴァオ 3 11人

色々と衝撃的な展開となったが、藤田騎手のキッキングは先行型の人気馬なので、ファンタジストというよくわからない馬の先行争いの登場が、トロヴァオの3着に繋がったくらいで、これだけは力通り。

ただ、ブルドックボスはもう7歳馬だから、ほどよいズブさが前走5馬身差つけられた分の逆転に、大きく影響したか。

御神本騎手はフジノウェーブ以来の大仕事。男の意地を見せるには、最高の舞台だった。いや、ここは馬を褒めないといけないか。

クラシック<2000>

①チュウワウィザード 1人

2:06.1<重>

②オメガパフューム ハナ 2人

③センチュリオン 3 6人

4歳の2頭というより、川田・デムーロ両騎手の何とかしないといけないという意地が、至極の叩き合いに展開した要因だったか。土日もLCもパッとしなかった川田騎手のチュウワウィザードが、鬼の二枚腰でGⅠ勝ちコンビを制した。

最後に、武騎手のインタビューをけたたましいサイレンの音が邪魔をしていた。

戸崎騎手の早期復帰を祈る。

 

ニュース

アドミラブル引退 – 青葉賞で歴史的快走を見せた超良血馬

読了までの目安時間:約 2分

 

ダービーのすぐ後だったか。

1番人気で大外枠、その上で折り合いに気を遣った競馬で3着。2番人気のレイデオロが似たような雰囲気だったのに動けたから、散々言われたあの頃。

青葉賞で歴史的快走を見せた超良血馬が、やはりというか、脚部不安を発症し、これは引退するのではないかと、一部報道されたと記憶する。

あれから2年以上が経過。

アドミラブルが種牡馬入りすると決まった。

浦河のイーストスタッドで、来春からの種付けを予定している。

長い長い冬の季節、春遠からじと思って雌伏の時を過ごしていたら、気がついたら3度目の冬がやってきそうな時季になってしまった。

そう言えば、いつまで経っても引退しないダービー馬が最近いる。

ワグネリアンはまだ早いかもしれないが、マカヒキだとは、その前だとワンアンドオンリーもそう。

もう一度立ち返りたい。

世界中のクラシックホースに支えられて、アーモンドアイのような気高き優駿の誕生が、国内生産の中で可能となったわけだ。

サンデーサイレンスをもっと大事にしたい。

このところ、新馬戦に登場するサンデー系の馬で、一定数で母系にサンデーサイレンスを持つ3×3のインブリードが施された者が出現してくる。

これを経ることで、サンデー系の淘汰が本格化するわけだが、飽和状態なのは明らか。

ダートを走れるサンデーは必要か。アドミラブルのようなGⅠを勝てなかったサンデー系は必要か。

現役馬の時点で、ノーザンファーム等が関連する所有馬を再選定する中で、海外向けの種牡馬として国外にキャンペーンを張るようなことをもっとすべきだろう。

全種付け数に対し、同系の種牡馬の比率をきっちり管理してもらいたい。

 

ニュース

1 2 3 6