馬インフルエンザで全レース開催中止…!競馬会が恐れる忌まわしき過去

競馬予想ブログ JUST

馬インフルエンザで全レース開催中止…!競馬会が恐れる忌まわしき過去

読了までの目安時間:約 4分

 

 

コロナ禍の中、競馬業界で更に注意しなければならない馬インフルエンザの脅威を忘れてはならない。
日本での発生状況はどうなっているのか?
まずは13年前の札幌記念に遡ってみようと思う。

 

2007年の馬インフルエンザによるレース中止騒動

 

夏に急激に馬の患者が増え、競馬界で昔から恐れられる馬インフルエンザが久々に大流行したのが2007年。

 

この年、とても割を食ったのが2世代のダービー馬・メイショウサムソンとウオッカである。

 

そう、凱旋門賞に行こうと思っていたわけだ。

 

フランス側が受け入れ不能になったというわけではないが
ただでさえ厳しい検疫に余計な要素が加わり、

最後はメイショウサムソンが感染してしまって
まだ3歳のウオッカ共々遠征を断念した。

 

札幌記念の週に開催中止の英断をしたことで、翌週は何とか開催にこぎつけたが
札幌記念は異例の2週繰り下げ開催で好メンバーが揃ったものの、波乱の結果に。

 

ただ、勝ったのがサムソンと同期、ウオッカと同姓のGⅠ繰り上げ優勝馬・フサイチパンドラであったから
一応の面目を保つ格好となった。

 

言わずと知れたアーモンドアイの母も、感染症問題の中で才能を示した名牝であった。

 

感心してしまったあの末脚

 

1997年に8月のGⅡ戦へと大きく変容した札幌記念は格を若干高めた近年も含め
3歳馬にも古馬にも重要な始動戦の意味合いを持っている。

 

しかし、直線は長くないから追い込みなど滅多に決まらない。

15頭以上で4角10番手以下だった馬の連対は良馬場では3例のみで
雨馬場の乱戦だった2005年のファストタテヤマを除くと

  • 2002年 トウカイポイント
  • 2015年 ヒットザターゲット

などの2着馬しかいない。

 

しかしながら
その大半が少頭数の直線勝負に賭けた面々含め
この成功がGⅠ勝利に繋がったのに対し、ヒットザターゲットがそういうキャラクターだとは誰も思っていない。

 

謎は謎のままというそれもまた、彼の稀有な性質である。

 

インピッタリからの直線一気がつかえながらでも、きっちり体現できた結果。

 

唯一無二の大賞典男は
謎多き昭和最後の大物・タマモクロスを祖父に持っている。

 

機会があれば、祖父が制した金杯を見た後、いつでも見られる札幌記念をチェックである。

 

 

 

 

↓【注目】白山大賞典の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方