日本海ステークス 2020 予想|前走や距離適性を分析!過去データ傾向や予想オッズも期待

競馬予想ブログ JUST

日本海ステークス 2020 予想|前走や距離適性を分析!過去データ傾向や予想オッズも期待

読了までの目安時間:約 4分

 

2020年8月22日(土)新潟競馬場:11R「日本海ステークス」芝1800メートル戦の最終予想です。昨今の荒れる状況を考えてみると見えてくるのは…?

 

騎手から見る日本海ステークス2020

 

ここ2戦の福永騎手の後方待機策は、
いくら結果が出ていないダンスディライトだったとはいえ、かなりのリスクがあった。

 

ところが母ダンスインザムードが絶不調期に藤沢厩舎所属時代の北村宏司騎手と共に
逆噴射作戦で後の大復活に繋げていった経緯を踏まえると、これが正解に最も近かったことになる。

 

脈ありに見えた前々走の7着時は仕上がり切っていなかったのだろうが
同じ阪神2000メートルを休み明けで戦った前走は
あのダート的な適性も求められた特殊な荒れ馬場で
謎のハイペース乱発が突き抜けた要因ではあったものの彼の日の母がそうであったように
何かを掴むと一気に元通りに戻る性質を秘めていることを我々に思い出させてくれた。

 

 

主戦級のデムーロ騎手で出生の地・イタリアと似た形態の新潟内回りコースとなると
元通りの中団待機策もあり得るが馬自身がそういう型を好む面を見せているから
1角まで距離が取れる分、いい意味でルーズにとりたいところにつけられる可能性がある。

 

こういう条件に出てくる馬たちに、強力な武器はない。

 

 

過去の傾向から見る日本海ステークス2020

 

秘めるもう一つの可能性としては
母の兄姉が上のクラスに上がっても活躍すると、
決まって東京など左回りでしっかりと結果を残しているということ。

 

ダービーに縁のなかったエアダブリン、ダンスインザダークは、東京のトライアルをそれぞれ勝っている。

 

ダンスはもし、皐月賞を無事使えていたなら…、
というタラレバの伏線でもある。

 

クラシック血統のようで、母ダンスインザムードが5歳になって完全復活を遂げたように
成長曲線は気性に左右されながらも、本質は晩成型の面もあるような気がする。

 

まだ4歳夏のダンスディライトは、大変身のチャンスを掴みかけている。

 

昨年2着のノチェブランカは他の競馬場だと12F以上のレースばかりだが
本当はこのくらいの距離が合うように思う。

 

煮え切らない感じがそっくりの2頭はきっと感性が似通っている。

 

相手にはこういうタイプはいいだろう。

 

消えるなら、一緒に消えそうだが…。

 

 

 

 

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方