3/31(火)日曜中山の続行競馬

競馬予想ブログ JUST

苦渋の火曜順延【注:出馬表の内容を変更】日曜中山の続行競馬

読了までの目安時間:約 2分

 

3回中山2日目の無観客競馬は、2Rの前から降り出した雪が強くなったため、3Rの発走に遅延が発生すると同時に、芝コースにも積雪が確認されたことで、通常の開催も難しい上に、視界があまりにもひどくなったために、残る10レースの施行を中止。

事前の前売り総停止の時点で、様々、その施行の方法を準備していたはずだが、結果的には最悪の展開となり、続行競馬は月曜日ではなく、翌々日の31日(火)に、投票をし直して出馬表の内容を変更した上で、行われることとなった。

 

続行競馬は冬季に多いが、昨年春の雹による特別戦と最終レース中止の東京競馬のようなこともあるから、中山牝馬Sの時のように、何とかなってしまう場合もある一方で、今後こういうケースは頻発する可能性も感じさせた。

中央競馬の主要4場における、春の雪による順延は異例。

98年3月1日の2回中山2日で2R以降が順延、翌2日にメインの中山牝馬Sなどが行われた時以来ではないだろうか。

 

おまけに無観客での競馬が行われるような状況。

一斉にスタッフやバイトなどなどをかき集めての雪かきなど行わなければならない状況にしてまで、レースを施行するというのも難しいから、絶対にレースができるだろう火曜日に移行することが決められたのではないだろうか。

3日間開催が金土日と極めてイレギュラーに組まれた翌週、今度は急遽、火曜日の開催が発生。

 

もはや有事下にあって、変則開催も同時進行となれば、感染蔓延による開催不能を防ぐべく、騎手を金土缶詰めにする従来の手法を、一旦分散しての管理とする等の策に切り替えるくらいの柔軟性が主催者には求められる。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方