血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

距離をこなすことの必然性

読了までの目安時間:約 3分

 


フィエールマン

ディープ産駒初の春の天皇賞馬

マンハッタンカフェ的

ビワハヤヒデやライスシャワーなども

春の天皇賞が3分15秒前後で普通に決まるようになってから、4歳の菊花賞馬が制した例は、マンハッタンカフェ以降ではディープインパクトしかいない。

だから…、ということか。マンハッタンカフェもヒルノダムールは4歳で制している。

サートゥルナーリア

ロードカナロア牡駒最初のクラシックホース

アーモンドアイの例を挙げるまでもなく、ルーラーシップはキセキを出し、傑作に一頭であるロードカナロアは、期待に違わぬ働きを見せることになった。

そして何より、ベストトゥベストで結果を残し、本質的に向く短距離路線でも、古馬、3歳問わずに好走馬を出した。

血統で走ったとなると、ダービーの結果も須く、血の限界を示した内容と言えなくもない。

ノームコア

ハービンジャーのマイル適性を再確認

ディアドラもそう。最初のオープンクラスの好走距離や最後の勝ち星は、皐月賞2着馬ながらマイルに好走歴が集中する代表産駒・ペルシアンナイトの例を挙げるまでもなく、ブラストワンピースの目黒記念惨敗を考察する限り、ダンチヒの継承者であることを理解すればいいだけのことであり、ノームコアが中距離馬だという先入観は、少なくとも、GⅠでは意味を持たなかったことになる。

ラヴズオンリーユー

速いこと=余裕がある

2戦目の京都のマイル戦は、JFよりもチューリップよりも、ダノンキングリーのひいらぎ賞よりも速かった。

自力勝負でこその馬であり、ミエスク直系のひ孫というバックボーン。

勝つべくして勝ったオークスだった。

世紀の対決

10年前はダービー馬対決。

今年は同期の牡牝マイルタイトルホルダー。かつ、マッチレースの様相を呈していた。

今回も似たようなものだったが、キャリアの違いと食いっぱぐれの少なくなさで、もっと盛り上がるところがったのだが、共に連を外してしまった。

東京に1分31秒台の時計のある2頭の決着。

最後は血統の優秀さだけでは決まらないという、古馬戦の鉄則を見たレースだった。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方