競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

桜花賞~オークス 牝馬クラシック春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

阪神外回りコースができて13年ほど。

時代が変わって当然。筆者は、この春の牝馬戦線を振り返り、嘆息をついた。

グランアレグリアがダノンファンタジーを圧倒したのは1年前。

あの頃から何が変わったって、無敗馬がどういう形で、リスクを消耗の軽減に伴うキャリア不足にみ求めた、異例のローテの追求するかが、最後までいかに重要かということを知ったわけだ。

ラヴズオンリーユーがオークスにおいて、優秀牝馬の座を奪った際、はっきりと感じたことが、それは同じところから出てきた馬ならば、一括管理の使い分けは簡単にできるわな、と誰もが納得するしなかったことに、ふと、日高の生産者がずっと抱いてきた不満のようなものの一端と、どうにも抗うことの敵わぬ力関係があるのだと、同時に体感したわけだ。

そういう使い方、言うなれば、サートゥルナーリアは王道一本道でなぎ倒す作戦を、牝馬路線は適材適所を最優先に、調整度合いと成長曲線に合わせて、的確にレースを振り分ける、という方針を早い段階で、重要度に照らして采配を振ってきたわけだ。

その狙いはピタリと当たり、高速化によって、ほとんどの重要GⅠは極端な時計の勝負になった。

桜花賞の1:32.8は、NHKマイルCが時にナショナルレコード級のタイムで決着することもあるのと比べてしまうと、当然、牝馬限定のレースで3歳戦なのだから、特段に速いということはない。

しかし、これは47.7-45.0という究極の後傾ラップ。

5F59.4秒など、昭和の時代でもスローである。

ところが、スピード過多の馬が多い現状で、今年のように先行馬の多いオークスでは、最初の200Mが12.5秒というのを底に、それ以上のラップを刻み、47.0-48.8-47.0というほとんど緩みのない展開で、2:22.8というオークス&ダービー新レコードを樹立。

無傷が武器になったわけではないラヴズオンリーユーが、2戦目のマイル戦で1:33.6で駆けているから、JFよりそれが速いという時点で、能力比較は可能だった。

グランアレグリアも新馬で同じタイム。

ダノンファンタジーがそれ以外で勝っても、あまり意味はなかったのだ。


* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
誰でもカンタンに1000倍超の配当をGETできる方法

無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を当サイト特集ページで完全無料公開しております。
10/20 東京12R 279,520円 的中
10/05 東京05R 128,270円 的中
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
10万馬券攻略法 特集ページ

  

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方