2019年東京優駿(日本ダービー)1か月前レース展望

JUST競馬予想ブログ

キャリア3戦での皐月賞制覇のサートゥルナーリアか 東京優駿展望

読了までの目安時間:約 3分

 

何を見て、ダービーを論じるのか。

早デビューの才能に対する先入観をなくすところから、ファンの修正は始まる。

6月デビューながら、無傷というこの上ない形容をなされる存在となったサートゥルナーリアは、わずかにキャリア3戦での皐月賞制覇となった。

デビューから最長の時を経て、アグネスタキオンやディープインパクトら、暮れデビューの3戦無敗馬より、夏の新潟1000M<旧コース、ローカル一般の右回り戦>から菊花賞まで負け知らずだったシンボリルドルフよりも、遥かにデビューは早い。

格段に調教技術が上がったと同時に、ダービーだけではなく、クラシック全体を総体的かつ、順序立てて攻略する術を、能動的にだけではなく、受動的にも現実に落とし込むことができるようになった。

個々の才能に合わせつつ、人間が勝手に作った枠に対する過不足のない十全の準備が、サートゥルナーリアとグランアレグリアの成功パターンによって、今確かに確立されたのである。

受動的とはこの場合、馬自身に起こるアクシデントによりレース選択が変更されるパターン。

両ギニーホースにそれは当てはまらない。

道程における勝ち負けでは、×ありなしと別れるが、狙いは全く同じ。

クリアすべき課題を年末までに仕上げてしまう。彼らの場合は、人間の理解した理想形の体現という意味で、能動的である。

ある意味、勝手に思うがままの展開に持ち込めた、という話。

今や普通である、2か月開けローテは、昔はビワハヤヒデもやっていたが、倍近くそれが開いても平気な時代にあって、2月重賞経由者は、もはや凡人の類になる。

しかし、ダノンキングリーもアドマイヤマーズも、クロノジェネシスとビーチサンバらが、完全に終わったわけではない。

鮮やかな東京でのレースぶりは、本番でこそ見劣る結果となったことで、評価急落である一方、第一戦はノーカウントの時代も、今と昔では、時計が速くなったことで、返って先祖返りの傾向にある。

オークス、ダービーを向けての準備。

少なくとも、皐月賞で余裕のローテで挑んだ面々を軽視しては、まず失敗の第一原因になると感じる。

青葉賞は混戦なので、どうせならピンシェルの登場を望む。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方