競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

グッドチャンスとバッドケース

読了までの目安時間:約 3分

 

北村友一、D.レーン、浜中俊

奇跡的に出くわした運命の展開利。

しかし、ダミアン君の6月末の再ブレイクは、完全に日本競馬を理解した中でのジャックであるから、日本の騎手には、海外遠征などが長期に及ぶ場合の利点であると、このことはしっかりと理解すべきことだろうと思う。

北村、浜中両騎手には、期待の裏返しで、失望が伴う評価が何度となくされてきたが、たまには、いい思いをすることもある。

自分を見失わないことで、名誉を浴したのだから、よくなかったことをいい糧にするチャンスが再び、彼らに与えられたのだ。

アーモンドアイとダノンプレミアム

果たして、安田記念でよかっただろうか。

アーモンドアイは急な方針転換、ダノンに関しては、本当の意味での力試しだったわけだが、ダノンのメンタル面から来る僅かな死角が、連続東京のダメージが明らかに影響したようなロジクライのスタートで全てがおかしくなった。

みんなが傷ついたのは、本当は主役級だった1、2着馬に正攻法で挑めなかったその状況にある気がする。

どうしても、納得できないことがある時、そのほとんどは臨戦過程が妙に出来過ぎであることが多い。

なぜ勝てたのかは強かったからに他ならないが、なぜ負けてしまったのか、はないに越したことはないが、少頭数で勝ちすぎると、案外ダメなものである。

宝塚記念/リスグラシューとその他の構図への違和感

臨戦過程は余裕のローテで、こちらは既存勢力が有利だった気もするが、その違和感でレース史を彩ってきたのが宝塚記念だ。

リスグラシューが勝つための条件が揃っていた、とも言い換えられる。

違和感が宝塚記念の個性なのだから、リスグラシューだけが目立つのが普通で、その他が負けるのもまたいつも通りだった。

唯一、牡馬が勝ち切れない状況も牝馬にガッツがあることも、ずっと前の2歳当時から分かっていたから、これだけは勝負の綾ではないと言える。

とっくの昔に、その辺のラインは曖昧になっていたはずなのだが…。

 

タグ :     

コラム

ヴァルトガイストが予備登録 ジャパンC 2018

読了までの目安時間:約 3分

 

今年はサンクルー大賞など重賞4連勝で凱旋門賞に挑み、本番は4着だったヴァルトガイストがとりあえずの予備登録があったくらいで、その他はちょっとなあ…、という海外勢のメンツ。

香港ヴァーズに行く馬もいるだろうし、アテにならない。

当のヴァルトガイスト。ガリレオ×モンズーンなので、2分25秒で速いと言われていた時代のJCではない状況で、優勝争いはさすがに苦しいように思う。

それよりも、秋華賞馬に止まらず三冠牝馬となった彼女のJC登場が、ほぼ見えている状況の方が問題。

2世代のダービー馬も、秋天次第でまるで用なしの可能性もある。

2000M巧者になれそうなスワーヴリチャードやサングレーザー、加えてギニーホースのアルアインら、4歳の専門部隊に快走されてだけでも死角になる。

敵の能力は世界レベル。

同じ距離で、格など比べるレベルにないはずの秋天が、子供の運動会状態に見えるのでは、その後の趨勢は見えている。

思われているよりパンチ不足の秋の天皇賞は、ワグネリアン推しではあったのだが、秋の復帰はなさそう。

さて、どういう展開になるか。

上がり目は高が知れているサトノダイヤモンドやミッキーロケット、昨年覇者のシュヴァルグランなどが、キタサンブラックとの激闘の末に、消耗度合いの大きさを体現する今シーズンがあるから、菊花賞からのエタリオウやブラストワンピースら、軽めのハイグレード競走の高支持馬が、適性面でも狙い目。

古馬では今年は大したレースをしていない馬が多く、春は特に低調。

ならば、春に元気だったGⅠ未出走のパフォーマプロミスが、JBCの裏でアル共を快勝してくれれば、結構注目できる。

2000以上の路線はそれほど手駒が豊富ではないので、この辺りの馬にアーモンドアイが負けるとは思えない。

となると、皐月賞、ダービーで戦ってきたタフな3歳馬が有利か。

菊回避組では、ちょっと物足りない面々が多い。

秋天でボチボチ好走でメンツは保てるレイデオロ辺りが、基準馬になれば、レースは盛り上がる。

 

タグ :         

未分類