グッドチャンスとバッドケース

競馬予想ブログ JUST

グッドチャンスとバッドケース

読了までの目安時間:約 3分

 

北村友一、D.レーン、浜中俊

奇跡的に出くわした運命の展開利。

しかし、ダミアン君の6月末の再ブレイクは、完全に日本競馬を理解した中でのジャックであるから、日本の騎手には、海外遠征などが長期に及ぶ場合の利点であると、このことはしっかりと理解すべきことだろうと思う。

北村、浜中両騎手には、期待の裏返しで、失望が伴う評価が何度となくされてきたが、たまには、いい思いをすることもある。

自分を見失わないことで、名誉を浴したのだから、よくなかったことをいい糧にするチャンスが再び、彼らに与えられたのだ。

アーモンドアイとダノンプレミアム

果たして、安田記念でよかっただろうか。

アーモンドアイは急な方針転換、ダノンに関しては、本当の意味での力試しだったわけだが、ダノンのメンタル面から来る僅かな死角が、連続東京のダメージが明らかに影響したようなロジクライのスタートで全てがおかしくなった。

みんなが傷ついたのは、本当は主役級だった1、2着馬に正攻法で挑めなかったその状況にある気がする。

どうしても、納得できないことがある時、そのほとんどは臨戦過程が妙に出来過ぎであることが多い。

なぜ勝てたのかは強かったからに他ならないが、なぜ負けてしまったのか、はないに越したことはないが、少頭数で勝ちすぎると、案外ダメなものである。

宝塚記念/リスグラシューとその他の構図への違和感

臨戦過程は余裕のローテで、こちらは既存勢力が有利だった気もするが、その違和感でレース史を彩ってきたのが宝塚記念だ。

リスグラシューが勝つための条件が揃っていた、とも言い換えられる。

違和感が宝塚記念の個性なのだから、リスグラシューだけが目立つのが普通で、その他が負けるのもまたいつも通りだった。

唯一、牡馬が勝ち切れない状況も牝馬にガッツがあることも、ずっと前の2歳当時から分かっていたから、これだけは勝負の綾ではないと言える。

とっくの昔に、その辺のラインは曖昧になっていたはずなのだが…。

 

タグ :     

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方