新馬戦<8/10・11>ショウリュウハル、エカテリンブルクほか

競馬予想ブログ JUST

新馬戦<8/10・11>ショウリュウハル、エカテリンブルクほか

読了までの目安時間:約 3分

 

札幌近辺はよく雨が降り、本州や九州では競馬場のそばで小雨もなく…。

そういう中で、北海道は芝、以南でダート戦の新馬では、荒れるのは仕方ないか。

札幌1500戦は稍重の競馬。

ポンと出た人気のジャスタウェイ×ショウリュウムーンのショウリュウハルが、しっかりと直線でも伸びきって押し切り。

良血の追っ手を封じた牝馬だけの上位争いは、勝ち馬の1強だった。きっと、差し馬だろう。

ダートは難解な決着。

一騎打ちを制した小倉のサウスヴィグラス・コパノマーキュリーも、直線で豪快に伸びてきた新潟のタガノビューティー<ヘニーヒューズ>も、人気馬の完成度やレースメイクの能力で快走した格好。

時に圧勝馬の飛び出す夏のダート新馬だが、今年は例年以上に、そういう才能との出会いが貴重だ。

日曜は何となく、細かいことが気になる新馬戦ばかり。

良回復の札幌では、恐らく、初めての2000M戦が行われ、人気の武豊騎手騎乗のエカテリンブルクが勝ったのだが、妙に競り強いブラックタイドを印象付けたと同時に、この馬、吉田勝己氏の個人所有馬なのだ。

ざっと調べただけだが、少なくとも中央ではこのコンビで4年半ぶりの勝利となる。

ディープ引退後色々あったはずだが、最近の札幌は、この手の話題が多い。

小倉1200は人気のルーラーシップとカナロアが飛んで、ジャスタウェイのグランドデュークが押し切り勝ち。

父が夏デビューと暮れデビューでここまで違うかというパフォーマンスの差があった。

新潟で注目は、藤沢厩舎のディープ牝馬。

1800のカトゥルスフェリスも、マイルのサンクテュエールも、父似のコンパクトボディーでいささか頼りなさが目立ったが、両者とも、期待に応える仕事を全うできるようになったルメール騎手と共に、無事初戦突破。

スケール感はまだまだ完成に程遠い感じのサンクテュエールということになるわけだが、2頭とも大枠では似た配合であり、使った距離に適性がそのまま表れる可能性も感じられた。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ : 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方