競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

スカイシアターほか 新馬2018<12/8・9>

読了までの目安時間:約 3分

 

季節が大分進行した2週目の開催は、新馬戦もお寒い感じでスタート。

中山の牝馬のマイル戦は、最内枠に断然人気馬は、新馬でこの時期と考えると、むしろ死に目になる確率が高かった怪しい一戦。

案の定、人気のミスマリア挟まれるなどの不利を受け、単勝30倍以上の8-11-10番人気の3頭で決着。

2番枠のヴィクトワールピサ・スカイシアターがスムーズにインから抜け出したのが、何とも象徴的であった。

阪神芝1200は人気上位陣が好走も、ファタリテ<ロードカナロア>のスピードが勝ったというより、その他の力が現状足りなかった印象。何より、時計が平凡すぎる。

ダートの2戦は、中山1200も阪1800も渋残りの良。

評価通りくらいに走ったベイオブコトル、ハヤブサナンデクンは、共にゴールドアリュールの男馬。

それはいいとして、中山はケープブラン牝駒1番人気のレースで納得も、阪神のハーツクライ×ゴーンウェスト系の牝馬が大型だったのに、モレイラが好位のインに入れてしまったのは不満。

折角のユタカ×モレイラの一騎打ちが、これで台無しになってしまった。日々精進である。

日曜の芝の中距離戦群に関しては、それなりには見どころあり。

ディープ×Sキャット系のティグラーシャが、クリスチャンの早仕掛けに応え、きっちり人気通り走った阪1800には、他にそこそこのメンバーがいたが、小柄な牝馬の押し切り勝ちなので、完敗だろう。

中山1800はゴール前突然現れたシーオブザムーンの決め手が光った。ブラックタイド牝駒。

オウケンムーンの下なので、一瞬の脚があるタイプであろう。

父タニノギムレットのような大外一気で新馬勝ちを決めた中京2000のタニノドラマは、松国厩舎のファンシミン系と捉えどころのないキャラかもしれない一方で、これも小柄という点が魅力。

あとの中山ダ1800のキングスバレイに関しては、人気のジャスタウェイより上位評価のロブロイの方が信頼できたということくらいしか、印象はない。

そろそろダート組の方が芝で出世する可能性はある。

そのジャスタウェイ産駒は、兄がオーロマイスター。彼も若い頃は芝をこなしていた。

 

タグ :  

レース回顧