競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

グランアレグリア次第では困ります<3歳牝馬戦線予測>

読了までの目安時間:約 3分

 

昨年のクラシック路線で活躍した牝馬軍団が、今、結構苦しんでいる。

いや、リリーノーブルの復帰断念に象徴されるように、ミッキーチャームなどもそう。

ラッキーライラックは何とかメンツを保っている感じは醸し出しているが、後はほぼじり貧状態。

今年のヴィクトリアマイルは4歳馬のワンツーだったが、共に、三冠路線では勝負圏外の2頭であった。

伏線ははっきりと出ている

リスグラシューのような雌伏の時を経て…、というタイプは少ない。

彼女も世代最初の牝馬重賞のウイナーだ。

今年はそれがシェーングランツということになるわけだが、例年よりもこの組の神通力があまり効き目を表していない。

よく考えると、昨年もラッキーライラックは本番で人気以上は走らなかった。

その前に重賞を勝っていたグランアレグリアと重賞未勝利の身でGⅠ馬になったラヴズオンリーユーが活躍する年。

簡単な読みなど存在しない一方で、人気馬は強い

阪神JF組の神通力も、昨年のアーモンドアイ三冠により、ほぼ無力化の趣。

その他という概念は一体、ミッキーチャーム的な古典的3勝馬の激走への期待なのか、はたまた、リスグラシューみたいな馬の再評価に力点を置くべきか否か。

少なくとも、秋華賞の勝ち馬のレベルはほぼ安定化していると言える。

オークス出走馬 7勝

上がり馬 3勝<全て古馬相手に勝利/非ローズS組>

オークス組は直行かローズSステップが理想。

そういう組が多いローズSを回避した方が、上がり馬には有利。

上がり馬のローズS組は3着までという傾向。

勝者は全て、マイルを超える距離での重賞連対か古馬相手に勝利した記録がある。

既存勢力からは、

コントラチェック

ウィクトーリア

といった、中山で強い競馬をしていたグループの活躍を期待したい。

これらが実質チャンピオンに座すグランアレグリアと互角に戦える可能性は、大いにある。

春のトライアル好走馬やその人気上位馬の好走例が、秋華賞ではとても多いからだ。

 

タグ :   

コラム

サートゥルナーリアほか クラシック展望①

読了までの目安時間:約 3分

 

サートゥルナーリア、ダノンファンタジーらの将来性、アドマイヤマーズとそれに敗れたグランアレグリアらの距離適性とクラシックディスタンスへの順応性の伸びしろのようなものが、ある程度把握できた暮れのビッグマッチで明らかになったことは、

「既に、これはトライアルであった」

ということ。

何しろ、6月デビューの馬がこの4頭の中で3頭、夏の中京開幕週でビューのアドマイヤマーズに至っては、返す刀で同開催のオープン特別を快勝し、世代最初のオープン馬になっている。

だから、クラシックなりNHKマイルCの前哨戦群の一つとして、かつては本番ではない、東京スポーツ杯やら旧ラジオNIKKEI杯、牝馬で言うところのファンタジーSがそういう機能を持っていたのだが、さらにそれがグレードアップした形で、今はGⅠがはっきりと来春を展望する鏡になったと言えるのだ。

朝日杯が阪神に移って以降、ジュベナイルFが桜花賞に直結したように、クラリティスカイ、ボンセルヴィーソ、一昨年の上位3頭がトライアル総なめ、4着ケイアイノーテックがマイルC優勝というように、皐月賞だともっと成長力を示さないといけないのに対し、マイルCでは十分に上位争いの根拠となる底力が反映される結果になることが、わかりやすく明示されてきた。

11月以降デビューの馬でも、春の内に間に合うことはなくても、有馬記念で活躍のブラストワンピース、キセキはそういうグループに入ってくるし、その前の年の優勝馬は有馬3年連続好走で菊花賞馬でもあるキタサンブラックで、これが明けて東京のデビュー。

両極端である一方、最初から才能のあるタイプに向く春のタイトル戦に、秋デビューの馬では対応しきれないことが見えてきた。

ニシノデイジーを超えろと、クロノジェネシスより前で勝負を、が標榜の今春の争い。

サートゥルナーリアにはスタミナ勝負を持ち込み、ダノンファンタジーには前が受けても競り負けない二枚腰が必要。

フェアリーS登録のタニノミッション、コントラチェックら良血馬、京成杯参戦見込みのカテドラル辺りに、週末は期待したい。

シンザン記念組では荷が重い。

 

タグ :       

コラム

サンデー系×ボールドルーラー系の信頼度 朝日杯フューチュリティS(2018)見解

読了までの目安時間:約 5分

 

日曜日の予報が何とも言えないところはあるが、大雨にならない限りは、極端な馬場悪化は考えづらい。

グランアレグリアという才能をどう評価するかは、実際のところ、かなり破天荒な2戦の内容ということもあり、案外、能力の高さは認めつつ、買うかどうかとなるとその配分はそれぞれ見解の分かれる面があるだろう。

筆者の捉え方は単純だ。

「サンデー系×ボールドルーラー系の信頼度」

「前走を評価すべきか、新馬戦の内容を信用すべきか」

この2点である。

朝日杯に限らず、早期に行われる3歳春までのタイトル戦では、ボールドルーラーの入った馬はなかなか印象深い活躍をしてきた。

サンデー直系ということになれば、アグネスタキオンやその前のエアシャカール、初年度産駒で最初のクラシックホースになったジェニュインなど、サンデーサイレンス直仔の皐月賞馬と言えば、そのほとんどが母父ボールドルーラー系という時代があった。

アグネスタキオンは早逝してしまったが、ダイワスカーレットがウオッカを桜花賞で破り、キャプテントゥーレ、ディープスカイは同年のクラシックホース。

また、ディープスカイはあのクリンチャーの父であり、ハイレベル決着の皐月賞でまるで人気がなかったにも関わらず、かなり強気の競馬で4着に入線し、世紀の不良馬場の菊花賞でも2着。

今年は凱旋門賞にも挑戦した。

彼が出ていた皐月賞の断然人気馬が、母母父ボールドルーラー系のトップサイアーたるエーピーインディというファンディーナだった。

どことなく、彼女と雰囲気まで似ているグランアレグリア。

しかし、皐月賞馬以外のサンデー系×ボールドルーラー系の成功馬では、種牡馬になったリーチザクラウンやカレンミロティックなど、基本的にはグイグイいってどこまで粘れるかという勝負をする揉まれ弱いが多い一方、新馬戦で伝説を作ったように、後の2歳女王さえも子供扱いにするスケール感の大きな走りができる特性がある。

威張っている、天狗になっているくらいの時は、あまり逆らわない方がいい。

そもそも、サウジアラビアロイヤルCは牝馬でも簡単に勝てるようなレースではない。

3年前の断然人気馬・ミスエルテは、新馬戦もファンタジーSも楽勝だったが、牝馬限定戦であった。

今年最初の東京のマイルで行われた新馬戦は、当然のことなら、牡馬との混合戦。

あちらはフランケルとタピットの組み合わせ。

こちらは、既に多数の成功例のある配合。

その点だけをとっても買い材料となるわけだが、決定打はこれだろう。

牡馬はパッとしない新馬戦のライバルだったが、もう一頭の牝馬でそれも3番人気だったヴォイスオブジョイは勝ち上がっている、という事実。

あの時の2着馬は、自分を最初に追い詰めてきたライバル候補筆頭のダノンファンタジー。

ジュベナイルFでは1:34.1で、数多登場した優勝候補を撫で切った。

新馬戦は1:33.9である。

展開は違うが、新馬戦の方がより無難な好位抜け出しであり、馬場差等の補正材料を加えても、新馬戦の方が上。

対するグランアレグリアも、1:33.6→1:34.0と、同じ競馬場の開幕週の競馬なのに、質は落ちた感じがある。

その分、レース内容はより派手に。

完全に立ち遅れて、記録に残る2-2というポジション取りの経過や5F通過がほぼ新馬と同じという展開とはまるで異なる内容にも拘らず、上がりが34.0秒であり、その上がり分が最初の約60秒のタイムに加算される形で、結果的に、記録通りの内容で重賞を快勝しているのだ。

ある意味あり得ないし、スケールダウンし、粗忽な面も見せつつ、内容は同じなのである。

同じリズムで走れれば。

正直、この程度の相手であれば、位置取りに拘らず、4角で自分の位置をとってしまえば、父ディープのような一見派手でも、結果は安定するという境地にまで達してしまう可能性を秘めている。

余裕のあるローテ。当然のことであり、それはアーモンドアイの国枝調教師が正解という形で証明している。

相手はどうすべきか。

色々案じてはみたのだが、今週も重賞馬から入るのがいいか。

牝馬戦と違って、派手なパフォーマンスの牡馬はここにはいない。

結果を重視したい。というか、わからないのである。

◎グランアレグリア

○ファンタジスト

▲アドマイヤマーズ

注ケイデンスコール

△ドゴール、アスターペガサス、ディープダイバー、二ホンピロヘンソン

 

タグ :      

未分類