競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

スプリンターズS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ダノンスマッシュが無事に、秋の始動戦を勝利した。

キーンランドCも最初から使うつもりだったかは定かではないが、ロードカナロアに関しては、夏に使った後はセントウルSを使って、本番に向かっている。

そのダノンスマッシュ。

高松宮記念で先着を許した面々に前哨戦で当たることはなかったが、内が異様なほど残ってしまう馬場で、モズスーパーフレアが自在にペースを作れなかったレースを3F過ぎから動いて、勝ちに行っての4着。

負けて強しとされた一方で、あまりそれまでやってこなかった形をとったことは、時計面への不安を再認識する結果になった。

加えて、コース取りに戦略を制限された中で、同時に、ゆっくり仕掛けた方がずっと持ち味が活かせたのではという評価が大半だった。

その形に戻しつつ、キーンランドCは勝ち切ったが、ミスターメロディに3戦3敗というのは、全て違う距離であることを踏まえると、意外と、力差があるような気もする。

そもそも戦法が違うし、ミスターメロディは枠は有利だったが、中京の時は、本来ダノンが身につけていたはずの好位差しで、実は完封していたという考え方もある。

そういった経緯でダノンスマッシュの陣営が鞍上を替えたのは、案外、こういう少なからず目に見えている障壁を乗り越えるために川田騎手を配している気がしないではない。

スプリント戦は案外難しい。

川田、福永両騎手には、あまりにも苦い思い出がある。

安田厩舎に因縁のある両者。今年も、今年こそという思い入れは強いだろう。

これといった外国馬の参戦情報も、この秋はない。

上記3頭に北九州記念で粘った牝馬グループを押さえれば、一応、万全と思うが。

ペースメーカーになる馬が、一時期よりは増えている以上、高松宮記念級の高速決着が予想される。

ミスターメロディはその点で一歩リードとなるが、セントウルSに出てくるロードカナロアが妙に臭いから、内容如何では、本番でも狙えるか。

ディープと考えるか、快速牝馬と考えるかで評価激変のグランアレグリアと合わせて、4頭ほどの争いになる。

 

タグ : 

レース予想

キーンランドC レース回顧

読了までの目安時間:約 2分

 

1:09.2が稍重馬場で計時されたということは、パワー勝負でかつ、底力も最大限求められたことになる。

乱戦になり、もっと渋い馬場になると見ていたから、函館より今は重くなる札幌だと、差す形に拘るのも、前回みたいに勝ちに行くことも、やや不利なような気がしていたダノンスマッシュだったが、函館で本来は断然の支持を集め、そこでも人気に応えてくれたのだろう、という満ち溢れた人馬の自信がよく表れた完勝となった。

2着もしっかりと今度は馬込みを突き破るようにして進撃したタワーオブロンドン。

リナーテや逃げたナックビーナスは、もう少し展開的にも馬場状態にしてもライトな方が良かっただろうが、これも洋芝巧者。

ついぞなかったキーンランドCの人気上位勢独占という結果に、かすかな望みに誇大妄想を膨らませて期待をしたアスターペガサスの4角失墜が象徴的であったように、伏兵陣はなるようにしかならない競馬に止まった。

UHB賞など、最近は時計さが大きくてまるで着順があてにならなかったが、今年は2着だったライトオンキューも見せ場を作っていた。

しかし、敢えての安全策でことのほか信頼される安田隆行厩舎の馬での重賞戦で、結果を残した川田騎手は、もはや、夏だけの活躍に止まることはないだろう。

さて、一見するとこれが最大のGⅠ前哨戦という雰囲気になっているわけだが、ここは一息入れて冷静になりたい。

1分7秒台で、正攻法での墓穴を掘る敗戦があったダノンスマッシュが、それ以上にタフな中山で、簡単に勝ち負けできるか。

昨年のファインニードルには、前年夏の速い競馬への挑戦という蓄財があった。

その中で勝ち負けした馬と、現状同格には扱えない。

父より早熟のこの仔の運命は、時計を作り出す能力の装備で、初めて開けるのである。

 

タグ :

レース回顧