競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ワンスカイ、ヴォルストほか新馬回顧<8/24・25>

読了までの目安時間:約 3分

 

早くも季節が変わろうという雰囲気になってきたのも影響してか、週中辺りの予報は週末は崩れると出ていたが、金曜辺りになると上方修正がなされた天候によって、馬場状態のイメージそのものが外れてしまった。

困ったチャンの登場で本命党を大いに泣かせたのは、気づいたら晴れていた新潟の芝1200戦。

勝ち馬は断然の支持を集めたスウェプトオーヴァーボード産駒のワンスカイ。

正攻法で前の馬を競り落とし、そちらのプライドをズタズタにして自己崩壊へと導いた底力は、案外、古馬になってから発揮されそう。

小倉は大接戦のスプリント戦を、人気薄のスクリーンヒーロー産駒・マイネルヘルトが制した。

やや血統的に怪しい馬が多かったところに、例の上がりの掛かる特殊な馬場質がこの接戦を生んだ印象。

2歳Sは大荒れの予感である。

札幌は見た目にはわからないくらいの渋馬場で、発表は不良のダート1700戦。

やや強引な感じでキズナの追って味のある感丸出しのヴォルストが人気に応えたが、この馬以外はローカル級で…、というのもあっただろう。結果を素直に評価したい。

日曜日は不安定な天気もあって、どこもひと雨があった。

とりわけ難しかったのが、馬も騎手も低調な雰囲気の札幌1200戦。

稍重ながら、12-12ラップの展開でキングH×マックイーンのコスモカルナックが押し切り勝ち。

菜七子騎手のRインパクトも惜しかったが、皆消極的すぎた。

評価が難しいのはあとの中距離戦も同じ。

展開に恵まれず辛勝だったルーラーシップ・メイショウラツワンも、小倉の2000で時計を作れないようでは少し厳しいし、新1800で決め手を発揮したブラックタイド産駒のリグージェも、競り落とした人気のハーツクライと同じ4代目にトニービンの共通点が好走要因ながら、案外早熟のラテルネの一族だから、完成度で負かしてしまった雰囲気もあり、評価する材料に乏しい。

ここで触れた新潟のアドマイヤミモザを含めた3頭は、来年以降にどう活躍するかが肝要だろう。

 

タグ : 

レース回顧