2018年日本ダービー コラム

JUST競馬予想ブログ

ダービー 色

読了までの目安時間:約 3分

 

傾向・年ごとの雰囲気

サンデーかどうか

ブライアンズタイム、トニービン、ミスプロ系に孫サンデーサイレンスがそれぞれ2勝ずつした後、2010年にエイシンフラッシュ<ミスプロ系>が優勝。

ミスプロは今世紀に入ってからキングカメハメハが制して、直仔が2勝している。

まあ、それ以外は勝てないというのは新御三家登場後の課題なのだが、トニービン産駒がクラシック世代になって以降25回のダービーで、

サンデー系13勝<但し、’08年からは7勝>

非サンデー系<ノーザンD系含む>12勝

で、新時代の流れはイーブンというところも言えるのだが、果たして、キングカメハメハ以上に活躍する他系統がいるのかは、今後不透明である。

稍重以上の雨馬場は過去30年で7度、’84年グレード制導入後で見ても、色々事件を巻き起こしたシリウスシンボリの勝った’85年の重馬場が加わるのみ。

厳密に分析して、前日の芝の特別戦が良馬場ではなかったケースも含めると、

’89

’94

’08

で、’08年は前日の午後は不良馬場で、午前中も重馬場というにわか良馬場で、やや調子のいい馬場発表。

事実上、ディープスカイの勝ったマイルCの稍重と同質の馬場だった。

結論は、良馬場の中山皐月賞3着以内馬以外が道悪で勝つと、東京渋馬場皐月賞勝ちのオルフェーヴル以外、レース後は全滅状態という点に注意。

来るのは決まって、GⅠ人気馬と2走内で重賞勝ちの馬。

上がりとか、時計が問題にならない条件だから、皐月賞も道悪の時以外、実力馬を推すしかない。

高速馬場と時計の相関関係

21世紀になってから、2分25秒を切る勝ちタイムは、実に8回、12年以降は良馬場ばかりだから、一昨年まで5年連続で記録。

良馬場で2分26秒以上だった2回は、レースの上がりが、

’10 33.4

’16 33.8

各秒で、面白いことに、この該当10回のうち、サンデー系は5勝だったが、高速上がり部門では勝ち切れず、新記録更新の時もそう、キングマンボ系に完封されている。

ディープが大したことない年は究極の勝負になり、ディープが強いと平穏なレースになりやすいと見れば、取捨は簡単だ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方