シンザン記念は登竜門

JUST競馬予想ブログ

平成の出世レース

読了までの目安時間:約 3分

 

各重賞の過去10年を対象に、後のGⅠ馬を列挙。

30年以上施行されてきたレースであれば、一番出世の馬を指名する。

 
中山金杯

'17⑦同ネオリアリズム

'16①ラブリーデイ②ロゴタイプ

'13③ジャスタウェイ

'19④マイネスキッツ

代表馬

'95①サクラローレル('96天皇賞(春)・有馬記念)

 
京都金杯

<'16⑩トーセンスターダム>

'12②'13①ダノンシャーク

'12⑤サダムパテック

代表馬

'08①エイシンデピュティ(同年宝塚記念)

 
シンザン記念

'18①アーモンドアイ

'17③ペルシアンナイト⑥アルアイン

'16②ジュエラー⑥レインボーライン⑩ファインニードル

'14①ミッキーアイル

'12①ジェンティルドンナ

'11②オルフェーヴル

その他

'97①シーキングザパール(同年NHKマイルC・'98モーリス・ド・ゲスト賞)/'02①タニノギムレット(同年東京優駿)

シンザン記念出走馬から、複数のGⅠ馬が誕生した例。

'07②ダイワスカーレット③ローレルゲレイロ

'11②オルフェーヴル③マルセリーナ

'14①ミッキーアイル⑤モーリス<当時吉田直弘厩舎>

ハンディキャップ競走で、お祭りレース感が残る金杯に対し、関西馬の充実を体現する最も象徴的な重賞が、今はシンザン記念なのだ。

過去3年だけで5頭のタイトルホルダーが輩出し、クラシックホースは3年連続である上に、ここ3回登場した三冠馬は、全てがこのレースを経て、大きく羽ばたいていったという歴史を刻んでいる。

90年代までは、ここまでレースの質が高くなかったが、その後のトライアルというローテの起点として、年初めにここを選ぶ馬が多数存在。

この時点で、重賞未連対の1勝馬だったのは新しい順で、

アーモンドアイ

ジュエラー

ファインニードル

ジェンティルドンナ

オルフェーヴル

マルセリーナ

タニノギムレット

後の路線変更のファイン以外、連対馬は皆人気上位。

3歳春から輝いた2勝馬も、

アルアイン 2戦2勝<ここでは不利を受けて6着>

ミッキーアイル 未勝利戦で1:32.1を記録

といった、完成度の高さを示していた。

結果が残せるから、本番でも通用する。近年は頭数もあまり揃わないので、内容より実をとらないといけない。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方