競馬コラム 東京新聞杯

JUST競馬予想ブログ

平成の出世レース・超A級馬のための関門

読了までの目安時間:約 3分

 

東京新聞杯

'18①リスグラシュー

<'14⑪ヴィルシーナ>

<'13⑪リアルインパクト>

'12⑤ダノンシャーク⑬サダムパテック

'10③エーシンフォワード

'08①ローレルゲレイロ

 
きさらぎ賞

'16①サトノダイヤモンド

'14①トーセンスターダム

'12④ジャスタウェイ

'11①トーセンラー③オルフェーヴル

'99①ナリタトップロード

 
クイーンC

'17②アエロリット

<'16①メジャーエンブレム>

'15②ミッキークイーン

'12①ヴィルシーナ

'11①ホエールキャプチャ

'04①ダイワエルシエーロ

3歳重賞も素晴らしいが、東京新聞杯で負けた組の活躍も目覚ましい。

負けていたのに、その後すぐに立て直してという馬は、ほぼ例外なくマイルのビッグレースで結果を出しているということでも、東京マイルの格が確かなものだと再確認できた。

さて、サトノダイヤモンド、オルフェーヴル、メイショウサムソン、ネオユニヴァース、スペシャルウィークなどなど、厳しい場面でのビッグマッチで真価を発揮した優駿たちの前哨戦となってきたきさらぎ賞を、改めて、解析してみる。

ジャスタウェイはまだ本格化まで1年余の時間を要したが、それは2戦目のここで3着だった父ハーツクライとまるでそっくり。

トーセンラーが走りすぎた時に、オルフェーヴルは何かを体得したかのように、次戦以降連戦連勝で有馬制覇まで突き進んだこともある。

トーセンスターダムは日本に適鞍があまりなかっただけであり、実力は早くから評価されていた。

サトノダイヤモンドは世紀のスター誕生かと、ここでは騒がれた。

アエロリットが快時計決着の2着。

ミッキークイーンは著しい細化により極限状態の中で、猛烈な追い込みで2着。

これはレースレコードであったから、ここ4年続けて、昨年のテトラドラクマの1:33.7を再評価するまでもなく、時計に裏打ちされたスケール感というファクターが、はっきりと結果の分析を直接的に決定づけている面は否めない。

同時に、超スロー勝ちのヴィルシーナや道悪快勝のホエールキャプチャは、即戦力の評価を得つつ、長い時間の活躍に繋げる安定感をここで証明している。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方