2019年クラシック展望

JUST競馬予想ブログ

クラシック展望③ ダノンチェイサー、ダノンキングリー、クロノジェネシスほか

読了までの目安時間:約 3分

 

主要重賞をしっかりと回顧する。

 
きさらぎ賞 ダノンチェイサー

好位抜け出しでディープが勝ったという点以上に、母系のヨーロピアン配合に対し、例年よりもタフなコンディションでありながら、人気によりなったヴァンドギャルドよりも、柔軟な対応力を示したことが、最大の強調材料。

その他が案外だった面は否めないが、潰しが利くレースだから、見せ場を作れなくても、ダービーを目指すための準備を始めたい。

 
共同通信杯 ダノンキングリー

現時点における、クラシック直結の最高レベルのレースだったが、ダノンキングリーのキャリアから見て、1馬身と1/4という着差は、アドマイヤマーズに展開面における距離への順応性の限界もはっきりした印象で、脚質的な死角は展開によるものは大きいとしても、皐月賞の重要戦という近年位置づけから考えると、高速馬場への適応力がアドマイヤマーズにそこまで見られなかったから、サートゥルナーリアの2番手は、キレのダノンキングリーという評価が固定されるように思う。

 
クイーンC クロノジェネシス

結果は大方の予想通りだったが、脚の使い方がイメージと真逆。

結果がイメージ通りだったのだから、脚質面での差異は、パフォーマンスダウンに繋がらず。

2番手グループながら、血統がほとんど同じだから、これからも仲良しのはずだ。

 
エルフィンS

スローで出負けの後方一気。同父ジュエラーのような形は、若き日の姉・クイーンズリングそのものだったアクアミラビリスが、35秒台中盤の時計を作っての差し切りで、力が違った印象。

 
クロッカスS

ジュニアCの反省を活かしたマーフィーが、総まとめのような週末にディキシーナイトを駆って、見事に抜け出し。過剰人気の中の勝利には一定の価値はあった。

 
ヒヤシンスS

勝ったオーヴァルエースは…、どこかでタイトルを獲ると思います。2、3着も強力。

 
その他

春菜賞で好時計勝ちのココフィーユは、東京1400では相当な能力を秘めるロードカナロア。

新馬勝ちでは、ジャスタウェイのアイワナビリーヴなど、相変わらず牝馬が良質に候補となっている状況。

牡馬勢は…。力はあっても、成長途上の印象。キレが今一つ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方