競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

戦の始まりは急坂コースから

読了までの目安時間:約 3分

 

・歴史的名牝・三冠+主要タイトル
アーモンドアイ
ジェンティルドンナ
<シンザン記念組>

・東京1800快走組
ドゥラメンテ
イスラボニータ
<東京重賞連対組の初中山で皐月賞勝ち→ダービー連対>

阪神と中山でクラシックの初戦が行われる以上、トライアル組は急坂の経験をそこですることになる。

変則の年に栄光を掴んだオルフェーヴルや、二冠馬メイショウサムソン、東京で二つのタイトルを勝ち取ったレイデオロら全て、中山や阪神で初重賞制覇を果たした後に、広い馬場の大舞台で躍動している。

名馬にして大種牡馬になった彼らもそう。

キングカメハメハ<重賞初戦中山、重賞初勝利阪神>
ディープインパクト<新馬阪神、重賞初勝利中山>

ここ30数年の縛りを設けても、前記例外はかなり少数派だ。

非トライアル組のクラシックホース
毎日杯組
アルアイン
テイエムオペラオー
ヤエノムテキ

2月重賞直行組
ディーマジェスティ<中山未勝利戦②>
ゴールドシップ<ラジオNIKKEI杯②>
ハクタイセイ<きさらぎ賞①/阪神2000>

ダービー2トライアル、皐月賞以外の組/ダービー馬<初重賞制覇のレース>

マイルGⅠ組
ディープスカイ<毎日杯>
ウオッカ<阪神JF>
キングカメハメハ<毎日杯>

京都新聞杯/4歳特別組
キズナ<毎日杯>
アグネスフライト<京都新聞杯(重賞初出走)/若草S①・阪2200>

その他
フサイチコンコルド<すみれS①・阪2200>

桜花賞馬<フラワーC勝ちは以外なし>
キストゥヘヴン
ダンスインザムード

アーモンドアイはちゃっかり、阪神が急坂コースが初めてという実に危うい面を見せながら、三冠通りして最高のパフォーマンスを示したのが桜花賞だった。

こういう例は、東京1800という特別なフィルターを通って、クラシック戦線で活躍した共同通信杯組だとか、無敗とか持ち時計が凄まじいとかいう理由でダービーを制した馬などには見られるが、決まって、急坂のある重賞でかなり破壊的なキャンペーンを行っているか、ギニー競走でそういうことになる。

急坂を前に勢いが殺がれるのか否か。

名馬になるための最終関門は、近年最重要視される桜花賞・皐月賞なのかもしれない。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方