2019年競馬ニュース&コメント 

競馬予想ブログ JUST

地元勢から新星誕生

読了までの目安時間:約 2分

 

日本時間の30日深夜に開催のドバイワールドCデー。

芝のメインであるターフ<芝1800>には、日本の女傑軍団が大挙参戦。

中でも、ワールドレコードホルダーとして最初のレースを迎えるアーモンドアイに対する関心は、既に全世界レベルのものがある。

日本馬はこれまで、アドマイヤムーンの快勝に始まり、ジャスタウェイなどが胸のすくような勝ち方を見せてきた、比較的お得意のレース。

1777Mという園田競馬でも刻み込めなかった距離で、長く芝中距離路線の欧州馬などの始動戦に使われてきたデューティフリーから、ナドアルシバ→メイダンの開催場所とレイアウトの大幅変更に伴い、ターフに改称されて1800戦になったこのレースは、今まで以上に日本馬に馴染みのある重要戦に位置づけられるようになった。

ただ、はっきりとワンターンでスピード競馬をすることが見えている以上、目先を変えてきた他国の候補も、案外侮れない存在になったりする。

その一頭が、地元で重賞連勝を決めたドリームキャッスルだ。

日本でよく知られたスミヨン騎手を背に、ターフ前哨戦のジェベルハッタでは、明らかに敵を見定めたような後方からの競馬で、大外一気を決めている。

当地では戒律が厳しいので、馬券の発売はないものの、世界の主要戦におけるオッズの指標となるブックメーカーでは、アーモンドアイのオッズが少し上がって2.25倍で1番人気をキープする一方、所謂スーパーサタデーを経て、4.5倍の2番人気に推されているのがドリームキャッスルなのだ。

フランケル×ドバウィの5歳騸馬が迎え撃つドバイターフは、アーモンドアイの世界初戦としては、かなりタフな競馬になる。

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方