競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

主要戦を一冠、二冠目へのコネという観点で精査 クラシック展望④

読了までの目安時間:約 3分

 

とりあえず、主要戦を一冠、二冠目へのコネという観点で精査する。

 

チューリップ賞

掛かりそうになった分を内枠を利して抑え込み、ややコース選択を厳しく外に求めた分、川田騎手鞍上の割にスリリングな直線となりながら、最後はなんてことはない雰囲気の末脚炸裂で、後続を完封のダノンファンタジーのクラシック制覇が、現実味を帯びてきた。

ブエナビスタ以来の未勝利勝ちからの春二冠ストレートを決めてもらいたい。

 

フィリーズレビュー

血統の雰囲気の通りの適性であるプールヴィルに対し、ノーワンは母がカーリアン×サドラーズウェルズで、あのレッドディザイアと同じ。サンプリンセス系だし、メイショウマンボやクイーンズリングのような展望が見込まれる。

 

フラワーC

コントラチェックの完成度が、スタートで出たという結果。もっと先行力のあるエールヴォアだって、この辺の距離ではトップクラスだろう。

 

アネモネS

まあ、ハイペースで正攻法抜け出しのロードカナロア・ルガールカルムを褒めるしかないか。

ただ、1400的な勝ち方にも思えるし…。

 

弥生賞

雨が降ったとはいえ、勝手に消耗した印象の人気馬に対し、勝ったメイショウテンゲンと不利からの豪快巻き返しで2着のシュヴァルツリーゼの末脚は見どころがあった。

どう考えても高速皐月賞向きではない一方、ツボのある馬は距離延長で怖い。

人気勢とのフィールドの違い、棲み分けのようなものは明確に示されたが、例年のレベルではない。

 

スプリングS

ええ、クロフネ-カナロア-Dメジャーですか。

ローカルリスト-マイルC向きorダート向きの2頭、かな…。

 

すみれS

時計はともかく、サトノルークスだけが万全の競馬だったというだけで、レースの質があまり高くなかった。

 

若葉S

ヴェロックスが後傾ラップでじっくりコーナー4つの競馬でエンジンをかける展開で、強いということを再証明。

皐月賞のスピード勝負には向かない。

 

ファルコンS

レコードペースのバランスラップから、ハービンジャーが抜け出してきたが、カナロア×SWのグルーヴィットの方が先は明るいか。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方