アーモンドアイとレイデオロがドバイに挑む

競馬予想ブログ JUST

アーモンドアイにまつわるエトセトラ

読了までの目安時間:約 3分

 

ドバイターフ優勝馬の未来は明るい

これは日本馬に限った話ではあるが、一昨年優勝のヴィブロスを除くと、唯一のGⅠタイトルだったリアルスティールを除き、アドマイヤムーンもジャスタウェイも、よりハイグレードなレースでその後好走している。

豪華メンバーが集えば集うほど、その迫力は増すという意味では、リピーターになったディープの2頭も含めて、日本馬には縁起のいいレースと言える。

故に、勝たないといけないという至上命題が、アーモンドアイ陣営には課されているのである。

 

強烈な追い込みの牝馬は時代の象徴

現豪チャンピオンであるウィンクスもそう。

豪快に凱旋門賞を差し切ったザルカヴァも、アメリカの誇りになったゼニヤッタもそうだった。

ああ忘れてはいけない、ヒシアマゾンもそこには含まれる。

今に始まったことではない、牝馬のキレ味伝説の継承者たちは、ビッグレースにおける引き立て役ではなく、歴史的快挙を成した牡牝の壁もない名馬であるのだ。

アーモンドアイは既に、歴史上の名馬である。

故障さえなければ、ディープ以上の存在になれる可能性もある。

ただ、もう追い込みタイプではないことも、JCで示しているから、それもまた恐ろしい。

 

東西の壁も破壊した功労者

ダート路線はともかく、芝のビッグタイトルにおける東西格差は、その質において、全くのイーヴンであろう。

東の総大将であるアーモンドアイとレイデオロが、日本トップホースとしてドバイに挑む。

別に、西の若手筆頭株のダノンプレミアムやワグネリアン、ブラストワンピースたちだって、その気になれば行けたのだろう。

でも、今年は出番はなかった。

坂路革命から四半世紀以上の時を経て、平成最後の季節に、真の意味での日本競馬の隆盛を世界に示すことができたのなら、栗東組が歯ぎしりするような結果、などという小さな抵抗をも凌駕する、本質的な世界的信頼を勝ち得るシーンとなるはずだ。

 

みんなが幸せになれる気分を味わえるドバイ戦にしてもらいたい。

震災の年の奇跡とは違う形で、また喜び合えたら最高ではないか。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方