伏竜Sは津村騎乗のデアフルーグが勝利

JUST競馬予想ブログ

来年は俺が

読了までの目安時間:約 2分

 

GⅠシーズンの到来を告げるドバイミーティングと大阪杯開催の裏で、今年も2歳ダート王者の登場した伏竜Sは、そちらは力を出し切れず、もう一方の期待馬が制した。

昨年の場合は、すかさず次戦であっさりと巻き返し、秋には古馬タイトルも2戦楽勝のルヴァンスレーヴが人気のある方だったので、今時点のノーヴァレンダと比べてしまうのはさすがにかわいそうだが、肝心の勝った方の馬は、昨年のドンフォルティスが今や怪しいヘニーヒューズに成り下がっているのに対し、今年の勝者・デアフルーグは伸び盛りである。

 

今回のテーマは、なかなかいいメンバーが揃った中での勝利に重きを置いていたという雰囲気ではなかった。

津村騎手は中山1800実績に加え、その過程に自分の考えも落とし込んで、毎回違うプロセスでの内容ある競馬を求めてきた節がある。

 

伏竜Sは大胆な後方待機策から、これまでは途中で仕掛けていたものを、完全な直線勝負狙いの策を講じ、見事に直線は外から突き抜けて見せた。

鈴木伸尋厩舎にはかつてユビキタスという素晴らしい才能の持ち主がいて、ユニコーンSで歴史的大勝をした後、喉の不安もあって、何もしてあげられなかったという辛い思い出がある。

 

津村騎手にはカフジテイクで挑んだフェブラリーSの惜しい結果もあった。

次なる陣営の目標は、すぐにでも手の届くところまできた中央の重賞タイトルを、30年以上競走馬を所有してきた西森鶴氏にプレゼントすること。

もしも、この追い込み競馬に何を求めていたのか忖度したら、そのために、東京や後のGⅠ戦線に向けた足がかりにしたかったと、何となく読み解くことができる。

行く末はドバイへ。来年は俺が、である。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方