2019年阪神牝馬S(G2)

競馬予想ブログ JUST

マイルに戻った阪神牝特

読了までの目安時間:約 3分

 

牝馬Sという名前に変わったのは2001年のこと。

マイル戦に変わったのは1996年だった。

ずっと暮れのレースだったのが、ヴィクトリアマイル創設の2006年に、桜花賞の前日に組み込まれ、2016年に1400Mから1600Mに戻った。

西の古馬牝馬の伝統重賞は、特別からステークスに名を変えてから20年弱、様々なマイナーチェンジを経て、四半世紀の歴史の中で、格を取り戻した感がある。

 

2000M時代のラスト3年で、後の古馬タイトルホルダーを3頭送り出した。

ノースフライト、負けはしたがホクトベガ、ダンスパートナー。

1600時代は長く続いたが、94年のGⅡ昇格以降、マイル牝特・牝馬Sで後にGⅠを制した出走馬は、00年のトゥザヴィクトリーと04年のヘヴンリーロマンスがいるくらい。

 

その後はGⅠ前のレースになり、ヴィクトリアマイルに勝ち馬を送り込んだことも多かったが、明らかに主要レースになれなかった。

が、じれるようにその格をこじられてきたこのレースが、外回りになってから、変貌した。

16②ミッキークイーン→VM②、⑨ストレイトガール→VM①

17①ミッキークイーン→女王杯③、②アドマイヤリード→VM③、③ジュールポレール→VM③、⑮クイーンズリング→女王杯①

18②レッドアヴァンセ→VM③、③リスグラシュー→VM②→女王杯①、⑤ジュールポレール→VM①

 

これこそが、暮れの時代に牝馬チャンピオン決定戦として行われていた時代の阪神牝馬特別の姿なのだ。

全てはここを経て、次なるステップにするべき戦い。

今年はどうだろうか。

 

4歳馬がかなり有力で、GⅡクラスであれば強気に出られるメンバーが揃いそうだが、大阪杯のような案外の結果もある。

近年の傾向から見て、中距離ではカンタービレやサトノワルキューレ、マイル路線ならば、ラッキーライラック、ミッキーチャームらGⅠ実績馬に加え、レッドアヴァンセの全妹・レッドオルガが出てくるだけでチャンス十分な立場であることに対し、好走すれば、リバティハイツやサラキアも、リスグラシューのようなヨーロピアンテーストの連続好走のパターンもあり得るか。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。

2019/11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
2019/11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
2019/9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
2019/8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
2019/8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
2019/7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


日曜のG1などメイン予想は直前公開となりますが、無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」では土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方