血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

幻のアンタレススター

読了までの目安時間:約 3分

 

フィフティワナー

06 1:49.0<ダ1800 良馬場でのレースレコード>

ウォータクティクス

09 1:47.8(重)<ダ1800 現日本タイレコード>

 

前者はフサイチペガサス、後者はダート部門におけるウォーエンブレムのそれぞれ代表産駒である。

が、ここを勝って終わってしまった。

 

レース史は必ずしも、スター誕生を拒否するような番組の構造ではなく、最近になって、阪神競馬場の開催になってからは、かしわ記念への重要なステップ、上がり馬のための重要前哨戦というような形になっており、かなり中央・地方のトップ部門におけるダートの重要戦に位置づけられている。

 

ホッコータルマエやゴルトブリッツ、アウォーディーなども勝ち馬に名を連ね、政情不安でドバイに行けずにぶっ千切り圧勝のゴールドアリュールもいる。

が、アンタレスSの素晴らしい勝者として今でも認識されるのは、この2頭である。

 

京都は芝もダートも、直線に障壁となるものが存在しないために、高速決着になりやすい。

その専売特許のようなものが崩れかかってきた時代に、彼らが登場してきたのだ。

フィフティワナーはインティのような馬だった。

シアトルで大活躍するあのスーパースターになぞられ、出てくればヒット<勝利>というのを重ねていっての、このアンタレスSだった。

ウォータクティクスは、ダート1800戦での勝利は全て1分52秒以下という破壊力で、ダイナカール一族らしい成長力を示したが、フィフティワナー同様4歳春の激走で、まさかの急失速を遂げた。

 

ゴールドアリュールも喘鳴症に泣かされた。

調べてみると、ざっくり言えばホッコータルマエ以外は…、なのである。

彼がここで重賞4勝目。それを一つ上回るのがゴールドアリュールであり、ゴルトブリッツが連覇した時が3勝目。

スマートボーイ的スペシャリストの活躍の場ではないので、GⅠ以上の消耗で燃え尽きてしまっている馬が、阪神戦になってからも、続出しているのだ。

 

今年注目の地方経由で出世コースに乗った4歳勢には、GⅠ好走のベテランを楽に抑え込むような競馬を期待したいが、実力拮抗なので、それも難しいか。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ :     

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方