血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

裏GⅠルート・新潟大賞典

読了までの目安時間:約 3分

 

メジロパーマーの例

前年にGⅢハンディキャップ戦の札幌記念を制しておきながら、天皇賞に行くわけでもなく、福島に行くわけでもなく、京都・阪神の障害コースに赴いたメジロパーマー。

飛越が低すぎて…、という逸話は有名な話だが、翌春の春の天皇賞前に、芝1400MのコーラルSで逃げての4着という珍妙な記録を残している。

そして、あの世紀の対決をリードホースとして盛り上げ、今度は旧右回りコースの2200M戦だった新潟大賞典に参戦し、骨っぽい相手に4馬身差圧勝。

直後にマックイーンもテイオーも故障で回避の宝塚記念を快勝する。

大久保正陽調教師は、ナリタブライアンの故障後のローテで、皆を驚愕させた末に、再度故障のきっかけを作って、それは大変な非難を浴びたわけだが、このオセアニア方式のパンチの利いたレース選択は、実は、4年も前に実践されていたのである。

酷いレースからの巻き返し

一番良くなかったのが、12年11着のトーセンラー。

翌年のその頃は、フェノーメノとのパワー勝負に挑んでいたはずなのに、オルフェーヴルに菊花賞で好き放題やられてしまってから、その時の上位3頭が揃いも揃って、ぞっとするようなレースを繰り返し、みんな同時に潜伏期に入ってしまった。

ただ、日経賞の頃から、ウインバリアシオンが元気さを取り戻して、いつもくらいの走りはできるようになったから、鳴尾記念を経てトーセンラーも、また宝塚のオルフェーヴルの復活劇もあったのだ。

全4勝が京都外回り戦のトーセンラーにとって、ここでもそのあと使った新潟記念でもそう、加速装置がない茫洋たるコース形態が、異常に向いていない面はあったのだろう。

以降、武豊騎手を背に、きさらぎ賞の時の輝きを取り戻していくわけだが、あまりにもらしくない姿は、当時、痛々しく感じたものである。

今年は準オープン勝ちの組が、外国人騎手騎乗可能の条件が整ったため、人気になりそうだが、一息入ったローテなので、左回り巧者で妹が重賞馬になったばかりのアストラエンブレムが怖いものの、休み明けでも決め打ちで勝負できるミッキースワローが有利で、かつ、上がり目もありそうな組み合わせだ。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方