競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

平成の出世レース・やっぱり谷間重賞なんですね

読了までの目安時間:約 3分

 

福島牝馬S

11⑥レインボーダリア<新潟>

 

フローラS<☆オークス馬>

17①モズカッチャン

10①サンテミリオン☆

 

01②レディパステル☆

90①キョウエイタップ②ダイイチルビー

89⑤ライトカラー☆

 

マイラーズC<!安田記念馬>

18②モズアスコット!

12②13③ダノンシャーク

阪神

08①09②カンパニー

<変則中京1700>

94①ノースフライト!②マーベラスクラウン④ネーハイシーザー

 

GⅠ馬続々登場となった謎の塊現象と、3歳馬がいないことによるリピーター率の高さが影響をしている部分と合わせて、3年周期くらいでいいリズムに変わることがある古馬重賞に対し、大物がいても、結局、好走することがないと先が見通せないオークストライアルのフローラSと、キャラはどれも似たり寄ったり。

 

理由がないとGⅠには届かないということと、ここに名の出てこない2着3着まではあった馬の多さから、この企画で最も拾いづらい裏番組的重賞群が連なる、非GⅠ向き連峰ウィークとここでは名付けておく。

必要な要素が大体備わっていて、時計もそれなりに出る日曜の2GⅡが、これでもかと本番はおろか、後々のビッグレースに繋がってこないのは、近年では特に、はっきりと表れている傾向。

 

春には間に合わなくても…、という言い訳は、もはや、路線外たる福島牝馬S組にしか当てはまらない。

裏を返せば、底力勝負になりやすいからこそ、このGⅡで結果を残してから、あとのプラスアルファをGⅠでブラッシュアップするしかないという、本質的な前哨戦の意味合いはあるのだろうが、にしても、情けない傾向である。

 

派手な配合の馬が活躍しない舞台であることを象徴するように、ミラクルアドマイヤ、サクラトウコウといった、なかなかに地味な血統だけで種牡馬になった馬の代表産駒が、ここに登場する。

サンデー系でもゼンノロブロイとか、ニジンスキー、トニービン、ブライアンズタイムなど、今だとピントがずれている配合の馬への密かな期待が、やがて実を結ぶことを祈るのみだ。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方