2019年 牡馬クラシックを振り返る

競馬予想ブログ JUST

サートゥルナーリア/ロジャーバローズほか 牡馬クラシック春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

皐月賞は前評判通りの適性上位の2頭に、クラシック路線とは切っても切り離せない共同通信杯トップツーによる、4頭の競馬に発展。

ただ、内ラチ沿いが荒れた状態で、タフさで雄大な馬格と持続力を活かした競馬に持ち込めたら有利だったサートゥルナーリアとヴェロックスの死闘に。

結果は外から自在の競馬で伸びた2歳王者に凱歌は上がったが、このレースの接触が、以降の競馬を変質させていったことは間違いない。

そういえば、ここにレーン騎手はいないのである。

マイルCの焦点は、消耗度合いと順調度合いのバランス。

グランアレグリアに有利なようで、アドマイヤマーズには彼女に土をつけただけではなく、勝てないまでも善戦のアドヴァンテージがあった。

結果的に、グランアレグリアと別路線組のダノンチェイサーのごちゃごちゃが正式な2歳王者に有利に働いたわけだが、もっと言えば、サートゥルナーリアに乗れなくなったミルコの怨念、生き霊のようなものがルメールに取り憑いたのだと、これで納得できると思うわけで…。

情念渦巻くのはグランプリ競走に限ったことではない。

因縁は巡り、ミルコが春の仕事を終えたようなオークス勝利を経て、ダービーで意地を見せる意味合いが薄れた。

それでも、サートゥルナーリアはもう現状キープが至上命題となったことが、伏兵の台頭を許した面はある。

戸崎で新馬を制し、川田では皐月賞に行けなかった浜中のロジャーバローズ…。

レコードの価値がもはや、全く形骸化している中で、2:22.6の価値は、そんな状況でも幸運を勝ち取った浜中騎手と、ちゃっかり春二冠の角居調教師の情熱に、何かを見出すしかない。

タニノハローモアやクライムカイザーのような存在が登場したかと思えば、3強で決まったロングエースの72年とアドマイヤベガの99年はレコード&武という、芯を捉えたようであやふやなコネクションが、どれもやんわり繋がりを持つ。

令和の競馬は、昭和の時代の再復習の舞台となっていくのだろうか。

ハローモアとクライムは、ダービー以降も堅実に走ったが、レコード勝ちの2頭は…。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方