マイラータイプが多い?

競馬予想ブログ JUST

リピーターが減る宝塚記念

読了までの目安時間:約 3分

 

グレード制導入後の35回の宝塚記念で、2度以上馬券に絡んだのは古い順で、

スズカコバン 84①85①

ニッポーテイオー 87 88②

メジロマックイーン 91②93①

ダンスパートナー 96 97③

ステイゴールド 98②99③

テイエムオペラオー 00①01②

メイショウドトウ 00②01①

ツルマルボーイ 02 03②

タップダンスシチー 03③04①

メイショウサムソン 07 08②

ブエナビスタ 10 11②

アーネストリー 10③11①

ゴールドシップ 13 14①

皆GⅠ馬であり、3回は来ない。

マイラータイプが多いのも、また特徴か。

距離を延ばしてこその馬が台頭する舞台ではなく、距離を短縮して本領発揮の馬が、中距離ベースのスピード型をどう潰すかというのがテーマのレース構図が、今も昔も変わらない。

ただ、注目すべきは、ここ2年の大阪杯GⅠ昇格後の結果。

大阪杯①

キタサンブラック

スワーヴリチャード

らが人気の中心だったのに対し、

キタサンブラック

サトノダイヤモンド

といった、一見盤石の軸馬にも思えた彼らが、無残な負け方をしている。

それも、

サトノクラウン 大阪杯⑥

ミッキーロケット 春天④

あまり流れとは関係ないところにいた面々が、突如として激走している。

時計が出やすいことが、たとえ、ちょっと雨が降ったくらいの馬場状態では変質しないので、サンデーの血を持たない一定以上の時計の勝負に強い馬の台頭を許している。

その上で、グランプリ戦の好走馬が、そこで力出せずの結果に終わりながら、きっちり巻き返している。

昔の宝塚記念に戻っているのだろうか。

ここを経て、好走馬は急に元気を失い、負けた馬があっさり秋に盛り返している点は、大いに留意したいところだ。

あの頃も、あまり産経大阪杯の勝者は勝ち切れなかった。

そういう不確定要素が同コースのレースに起因するものとして生じているせいで、ここ2年はどことも関連性のない馬が激走中。

買いづらくなっていたゴールドアクターが、大負けの春天の直後に快走しているように、どんどん特殊なレースになりそうな素地が、このレースにはある。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。

2019/11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
2019/11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
2019/9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
2019/8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
2019/8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
2019/7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


日曜のG1などメイン予想は直前公開となりますが、無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」では土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方