フェブラリーS、川崎記念、帝王賞、かしわ記念

競馬予想ブログ JUST

ダート路線 2019年春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

思い出してみると、ゴールドドリーム<昨年GⅠ2勝>とインティ<フェブラリーSまで7連勝>が一緒に出てくると、レースが締まった。

一方で、ミツバが勝った川崎記念と渋残りの帝王賞は、何だか思っているのと不思議なほど違う展開になったことで、読み切れないことが多かった。

ミツバは揉まれ弱かったが、東京で横山騎手と逃げ勝ったあとは、それがいくらか解消した。

4歳秋に得た新境地は、松山弘平騎手の積極性を活かす戦法にはなったものの、彼とはGⅢを勝つのがやっと。

ところが、ずっと乗っていなかった和田騎手が乗った途端、川崎記念ウイナー2頭の併せ馬を一刀両断とし、キレで撫で切った。

競馬とはそういうものだ。勉強になる一戦だった。

フェブラリーはほぼ、スタートで松山騎手のサクセスエナジーを抑え込んだ武豊騎手の威圧感でゲームオーバー。

インティは自分の知っている競馬を東京でもやることができたから、ゴールドドリームに追い詰められても危なげなかった。

が、その伏線があるからこそ、出負けのかしわ記念はゴールドドリームにつつかれて、船橋の直線でも耐えきれず。まあ、これは絶好調時にマイルCの粗相があったルメール騎手の気合いが上回ったということか。

ところでやる気のある馬に行かせて、形そのものは悪くなかったが、結果的に前傾ラップだけで負けただけではない雰囲気の帝王賞のインティは、一体何だったのか。

オメガパフュームの決め手は59でも炸裂しそうな雰囲気だったから、大井で全く崩れない彼の存在は、レーン鞍上以上に懸案事項だったのだろうが、にしても、特段覇気がなかったわけでもなく、ナイターの影響なのか。

ミツバにも言えるのだが、オメガとはある程度使い込んでいいタイプが、タフなレースの勝因になったところがある。

いつまでもフレッシュな状態で…、がテーマのマイラー2頭は、そういうタフさが足らないのか。

ダートの馬の本質的には、マイラーの方が優秀なのだろうが、競走馬としての味わいは前記2頭の方が遥かに上なのだろう。

大舞台で変わった、という印象を残してくれた。

↓【注目】オールカマー&神戸新聞杯の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方