血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

遅ればせながら

読了までの目安時間:約 3分

 

ようやく、である。

その昔、シリウスシンボリが皐月賞の乗り替わり問題で大揉めとなり、トライアルはトライアルでも、皐月賞トライアルからダービーに直行して、以降、長期欧州遠征に出るというようなことがあった。

2年くらいして戻ってきた彼は、あの時のシリウスではなかったが、ダービー馬らしいプライドを見せてくれた。

オーナー側とすれば、直前に敢行したシンボリルドルフでの米国遠征の苦い経験もあり、兎にも角にも、名誉挽回したいという思いは強かったのだろう。

ハクチカラがその前の長期遠征者。

その後が、1年だけだったがエルコンドルパサー。

実は、それ以来の3連続以上もしくは数か国戦連続参戦の国内GⅠ馬となったのが、ディアドラなのだ。

全くもって結果は奮わないが、現役を続けるきっかけとなった府中牝馬Sの強烈な末脚が、明らかなダメージになっているのだろう。

エルコンドルパサーはそれが出る前に、先駆者たちは、ディアドラと似た経緯を経て、ハクチカラが一つハンディキャップ競走を勝ったのみで終わったことは、しっかりと違いの部分で認識すべきなのだろう。

凱旋門賞はそういうことはないが、香港はもはや、外国のレースではないことも、しっかりと踏まえた上で、明らかに別物。

そう。違う何かを求める普遍的な挑戦の時代が、本物と確信した時、また積極的にそうしたいと思うようになる「分相応」のキャンペーンを行えるレベルに達した今、再来したのである。

そして、同じような結果がもたらされた。

しかし、今は欧州遠征や米国遠征に囚われない。

盛んにアジア圏にもオセアニアにも、中にはフランスに日本人調教師がいるからそちらへ現役馬として移籍することが普通に行われる時代。

それでも、ジャパンブランドが今は優勢だから、当地の名馬クラスには敵わないにしても、下級条件から準重賞くらいは、しっかりと結果が求められる。

血統水準もさることながら、その本質的適性を見極めたら、国内戦に向く馬など、本来は少ないはずで、普通のことになったことに意味があるのだ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方