ギルデッドミラー、マンバーほか新馬回顧<7/13・14>

競馬予想ブログ JUST

ギルデッドミラー、マンバーほか新馬回顧<7/13・14>

読了までの目安時間:約 3分

 

芝の馬場発表は悪い印象を与えないものだったが、ダートを見れば、そこは推して知るべしという状況。

その割には、土曜の新馬はすんなり収まった。

函館1200はその中では荒れた方だが、人気馬の早めに動かして直線はごっつあんですだったマンバーの方が強かった感じもする。ジョーカプチーノの牝馬。

来週も登場したら、やはり人気薄で狙いたい。

本州のあと3戦は人気馬の競馬。

中京マイルは血統馬も集ったが、セレクトセールで弟が異様な金額で競り落とされて注目されることになったギルデッドミラーがいい末脚を見せた。オルフェの牝馬。

福島の1800は、いかにものサムライハート×ソウルオブザマターという配合のディアセオリーが、早めの進出から押し切り勝ち。専門分野で強そうな感じは、鞍上の江田照男騎手込みという面もある。

1200M牝馬限定戦の方は、ディープ×ソーマジック、小柄な牝馬でも力強く伸びたマジックキャッスルの圧勝。

そもそも、マイルくらいが合いそうな配合だし、相手関係や自身の現状の力量なども考え、ここを選んできた節がある。

その意味で、ローカルで早熟性を活かせるスプリンターがいなかった分を差し引かないといけないが、総合力は評価すべきだろう。

日曜は湿り気が若干飛んだ函館の1800戦が注目。

ゴールドシップが好位につけ、エピファネイアが立ち遅れてから5F付近でそれにつけるという展開。

勝ったのは常識的な走りを見えたゴールドシップ産駒のサトノゴールド。

アメリカンな上に、ヒムヤーもインテントも入った畏怖するべき異系が含まれる母系にこの父。

特徴を掴ませぬままGⅠまで勝ってしまえば、我々は感服するのみという謎多き才能に育ちそうだ。

本州は芝の短距離戦が全て重馬場で…。

中京1400(牝)のキズナ・クリアサウンドは強かったが、1200の方のMウォリアー・ダンツウィザードは明らかに馬場と断然人気馬の不発の影響大。

福島1200のアンライバルド・Mテナシャスも、1:12.0の馬場が味方したラフィアンだし…。

大きく敗退の人気馬は、新潟で巻き返し必至だろう。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方