2019 2歳馬選定

競馬予想ブログ JUST

2歳馬選定<~アルテミスS>

読了までの目安時間:約 3分

 

まず、オープンクラスから回顧。

サウジアラビアRC サリオス

新馬戦で3F38.3秒を中団より後ろから構えて差し切ったのに対し、今回は、35.1秒を好位グループから追走で同じ上がりの33.1秒で、同じように快勝。

着差も似た感じで、時計は4秒半ほど短縮。3歳時に出番があるかとともかく、少し絞れただけで、物凄い決め手を発揮できるだろう。

アルテミスS リアアメリア

戦前の評価に則した結果であり、控える作戦も読めた中で、相手が軽かったというよりは、それらが極端スピード決着や決め手比べを嫌ったことで、イメージ通りに運んだ2頭は残り、テーマを完遂したリアアメリアは差し切り。

平凡な時計は仕方ない馬場状態であり、そこでのスピード能力のランキングが見えたことが、ファンにとってもありがたいこと。

もみじS<不良>

道悪経験が重賞でのものというラウダシオンの手応えが、勝負所で違った。その他の人気勢もこういう馬場は合うようだ。

アイビーS<重>

ハーツクライ<母母父リファール>×オラトリオ<父デインヒル>×エルナンド<父ニジンスキー>×カーリアン<母ニジンスキー>のワーケアが楽勝。牝馬のキレにも負けず、10F路線のキーマンになれそう。

萩S<稍>

ワールドプレミアの半弟・ヴェルトライゼンデが、スミヨンで渋馬場の決め手比べを制す。といって、何か特別なものがあるかと言われると…。

想像を絶する凡戦だった可能性もある。

1勝クラス総括

りんどう賞のヤマカツエースの半妹は、意外な時計勝負への強さが兄と同じ。下げたらきっとキレる。

紫菊賞組は低調で、重賞挑戦で見せ場を作った順に評価すればいいか。

プラタナス賞のタガノビューティーは男馬だが、相当にキレる。第二のサンライズノヴァか。

東芝1400勝ちのゼンノジャスタ、なでしこ賞快時計勝ちのテイエムサウスダンなどは、特に、コアゾーンにおける爆発的快走に要注意。

【主な勝ち上がり馬】距離別に一頭ずつ

2000

東 フィリオアレグロ<重>

1800

京 ディアスティマ

1600

東 フェルミスフィア・牝

1400

京 レシステンシア・牝<稍>

1200

京 クラシックココア(牝)

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方