新馬回顧<10/26・27>

競馬予想ブログ JUST

ダートの方がいいデュードヴァン、次走期待ゼノヴァースほか新馬回顧<10/26・27>

読了までの目安時間:約 3分

 

また金曜日に雨が降って、土曜は回復途上の馬場状態。

東西でマイル戦が行われたが、京都の重馬場はアメリカ血統で欧州型マイラーに育ったサプレザを母に持つサトノインプレッサの渋とい末脚で、東京の稍重馬場では、祖母アドマイスのアオイクレアトールが上手に抜け出して、それぞれ勝利。

時計はそこそこでも、上がりが速くなる東京でさえハービンジャーとゴールドシップが続いたくらいで、軽快に脚を使うタイプには苦しかった。

東京未勝利をR勝ちの馬も、Eフラッシュ×ロブロイだった。

一方で、ダートの新馬は京1200は父トランセンドのタマモアテネ、東1400もノーザンリバー<タキオン×マキャヴェリアン>の伏兵牝馬・ボンボンショコラらが、グイグイ前に行って押し切り。

東マイル快勝のデュードヴァンは、デクラレーションオブウォーという芝で成功の欧州向きアメリカ配合馬で導入済みの父を持つ馬だが、ダートの方がいいか。アサティスになるかも。

より馬場質が難解になった日曜日は、低調なレースが続いた。

芝は4戦。

東1400牝馬戦直線一気はブラックタイドのアカノニジュウイチ、荒れ馬場でヨーロッパのローカル戦のような気配だった新潟1400はフェノーメノ産駒のザイラ。牝馬らしい一瞬の決め手もプラスだったのだろうが、勝因は血統だろう。

引き続き、絶妙なスパートでやや過剰人気だったシングライクバードの仔を抑え込んだのが、キズナの大型馬・ケヴィン。

東1800は良血馬が揃うも、トウケイヘイローで清水久詞厩舎の北村宏司と揃い踏みだった伏兵・トウケイタンホイザが好位抜け出し。

扱いの実に難しい馬たちばかりで、近年の傾向の通り、すでにクラシックホースがデビュー済みで、なおかつもう勝ち上がっている可能性を示すような結果だった。

東京のゼノヴァースに関しては、まだ上手に走るスキルがなかっただけで、藤沢厩舎だから明けには勝ち上がるか。

数字以上の末脚に迫力があった。

京ダ1800は、重馬場を先行押し切りでキンノマサカリが勝利。

メイショウサムソン産駒ながら、キングカメハメハの母マンファスを3代母に持つ。芝では重厚すぎるか。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方