2019年 短距離路線総括

競馬予想ブログ JUST

福永騎手(ミスターメロディ)、ルメール騎手(タワーオブロンドン)ほか短距離路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

阪急杯で人気を裏切った馬が高松宮記念を制し、マイラーズCで完全不発だった有力候補は、よりメンバーが集った本番2戦ともを制した。

一方、異例のタフなローテで本場ヨーロピアン的臨戦過程でスプリント路線に、満を持して参戦の無冠の帝王が、前哨戦と合わせて本番も完全勝利。

同じ厩舎の桜の女王は、路線のオーラス・阪神Cをレースレコードで快勝。

ここに登場人物は3人しか現れないわけだが、その全てに絡んできたのは、福永騎手とルメール騎手だけ。

奇遇なことに、欠席中の浜中騎手の前にダービーを最高の騎乗で制した二人である。

福永騎手のミスターメロディに対する考えは、常に一貫していたように思う。

掛からないようにしたい。

初タッグのファルコンSで見事に、初芝と初オープンのタフなシチュエーションを勝利という形で決めた。

距離が延びて、その次はダメで、阪急杯は休み明けの外枠からの競馬で自滅。

より流れた本番を制した、自在の好位抜け出しの形は、途中から馬作りに参加していたインディチャンプにも繋がる。

ルメール騎手はタワーオブロンドンが京王杯2歳Sを快勝した当時から、スプリンターと言っていた。

以降、マイル等での紆余曲折を経て、夏の北海道からスプリントに本格参戦。

その前に京王杯SCを快勝していたから、もう迷いなどなかった。

時計勝負への対応力がライバルのダノンスマッシュより上だったから、春の大一番を使わなかったことも秋の勝因だったか。

ライバルはもう、年下の先行型・グランアレグリアとなった。

秋になり、インディチャンプが一瞬の決め手だけならアーモンドアイにも劣らないことを示した安田記念と同じ展開を、京都で見せられるかとなった時に、福永騎手がいなかった。

ところが、それ以上にテン乗りマスターのミスターステイゴールド騎手・池添謙一のパーフェクトライドが、マイルCSを占めた。

ほとんど好位抜け出し。春より強かった。

香港でズッコケたが、これはこれでステイゴールドだからご愛嬌。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方