2019 古馬王道路線総括

競馬予想ブログ JUST

リスグラシューはトニービン伝説がハーツクライを経て三倍増し ~ 古馬王道路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

最後はああいう形となったので、年度代表馬も当然リスグラシューだし、最もインパクトを残した馬も彼女となるわけだが、4歳と5歳の晩成型が爆発したシーズンと考えると、アーモンドアイだけが異質で、後はなるようにしかならないという面々がようやく力を発揮したというシーズンであり、個々の分析はそこまで必要ないように思う。

リスグラシュー

最も成長を遂げたリスグラシューは、突然走り始めたわけではないが、スイッチがオンになった時のトニービン伝説がハーツクライを経て、三倍増しくらいになった感じがする。

平坦洋芝を最も得意とするステイゴールドの産駒も、国外戦では元気いっぱいだったが、リスグラシューのコックスプレートの勝ち方は、他がもう少し何とかならなかったのかという春秋グランプリとは異次元で別物。

流れに乗らないという選択をして、函館より短い直線で、ゴールドシップ張りの捲りを決めて圧勝。

相手関係は遥かに日本馬の方が強力だったが、個人技を競ったシーズントータルの得点は、この結果を踏まえるとアーモンドアイの比ではない。

おかしいくらいの強さがあった。沙田でなぜ負けたのだろうか。(笑)

フィエールマン

フィエールマンは天才だから、本番になると調子が勝手に上がる。

中山で走った冬のレースと、意気揚々とライバルを翻弄した淀の道中とでは、何から何まで違った。

有馬は残念だったが、結果はまずまず。春天連覇は濃厚だろう。

とか言いながら、ドバイに行ったりして。

結論

結論としては、3頭だけで古馬のレースをして、それがいないと違うタイプの馬が快走の流れ。

皆、GⅠ馬が勝ったわけだが、個性があまりも違ったのは、前述の理由が挙げられる。

アーモンドアイとスワーヴリチャードは、喧嘩をしているわけではないが、あのJCを挟んで、好む領域にはっきりとした棲み分けがなされた印象がある。

インからスルスルの秋天、インからドタドタのJC。

キレイに走ったあのJCを経て、どちらも大人になったわけだが、好きなポジションではなく、好ましい条件がまるで違ったのだ。

有馬はどちらも完敗であり、アルアイン同様に、何かに恵まれないと勝てないほど、レースの展開や馬場が異質だたことが伺える。

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方