2019 2歳牡馬路線総括

競馬予想ブログ JUST

コントレイル、サリオスほか 2019年2歳牡馬路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

朝日杯の終了時点で思ったことは、時計の持つ意味合いは、牡牝で若干異なる場合があるということ。

思えば、時計を持っていたアストンマーチャンは、まだ速い競馬で目覚める前のウオッカに差し切られた。

中山時代から、朝日杯は速い時計を持っていた馬が、そのまま速く走る歴史があって、阪神移設直後にはその傾向は薄まったが、本質でホープフルSとの棲み分けが果たされた今、マイルの実績であったり、チャンピオンコースで結果を残した明らかに強い馬が、そのまま走る傾向がはっきりと戻ってきたと言える。

鈍重さが少しずつ磨かれ、シャープさには程遠い一方、自慢の成長力を加速度的に証明するサリオスの才覚を、今更疑う余地などない。

ホープフルSが終了し、コントレイルの芸術的な2000M走に感嘆の声を上げる間もなく、驚異的なツートップと、上がり目で見劣らないその他同期生の手駒の豊富さに、改めて、恐れのようなものを覚えた。

コントレイルはある意味、3歳春完成を目的に作り上げられた期待馬。

既に、ワンターンのスピード競馬にも対応し、同時に、こうやって中山の高速決着ではないクラシックトライアル的一戦も楽勝である。

サリオスは天才的なようでいて、豊かな成長力を秘めるトニービンやドイツ血統のズルムーの存在を一時忘れさせる、ニジンスキーやデインヒルといった欧州型の3歳チャンピオンにフィットした血の効果が今のところ出ているだけで、本質は完成待ちの段階だろう。

そもそも、出来上がり間近のディープの一流馬で、キャリアの積み上げ方がハイセンスなほど、どんどんチャンスを得ていけるコントレイルの配合には、完成を遅らせる要素が見当たらない。

しかし、今は同じくらい強い。

さて、どう挑んでいくのかが、他馬の照準になってくるわけだが、何もせず結果を出した順から、好機に恵まれるのではないだろうか。

ステークスウイナーは、大体GⅠどちらかに挑戦していたから、その再戦となっていくのだろうが、全容の掴めないホープフルS参戦予定だった骨折休養中のグランデマーレやまだいるハーツクライ・マイラプソディらが、未対戦でGⅠ登場は怖い。

自力走行型は侮れない。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方