アーモンドアイ、今春での引退か

競馬予想ブログ JUST

アーモンドアイへの願い ~ 引退時期、凱旋門賞?ドバイターフ?

読了までの目安時間:約 3分

 

引退時期

今年中であることは既定路線だろうが、故障の可能性が何かしらの事故以外には想定されないタイプの馬なので、ある意味で、ここでお仕舞いとしやすいのは確か。

最初は、それこそドバイターフ連覇をはなむけにして、血統背景からウオッカのように海外のビッグサイアーと交配するプランでもあるのかなと思っていたが、有馬参戦で狙いが変化したところがある。

次戦を決めるごとに、着地点は流動的になりそうだ。

筆者は断固として、今春での引退を推挙する。

クラシックレース皆勤賞も未勝利のリスグラシューとは違うのだから、その他の目標に重きを置くことは本来、もう難しいはずなのだ。

狙うべきタイトル

となると、凱旋門賞に行きますか、という感じになる。

あの有馬の負け方から、ブリーダーズCに行く意味もない。

10F路線でせっせと稼ぐほどの意味もなければ、また香港に行こうと思うことも無駄な思考の消費となるだけ。

天皇賞連覇を中心に据えつつ、有馬大敗の穴埋めをできれば、12F戦への復帰は不可能ではないだろうが、前に行けるということも条件になるか。

ポケットに収まって、直線でドカン。リスグラシューのあのイメージができれば、アークに行ってもいい。

その代わり、それを引退レースとすべきだろう。

鞍上の変更の可能性

さて、禁じ手がもはやなくなった感もある乗り替わりのあれこれ。

ルメールが選択したアーモンドアイとなっているが、目標の変化や昨春の粗相も記憶に新しいので、ないわけではないと思う。

ムーアという感じではないが、ヨーロッパだとビュイックとかフランキーなどが万が一でも手が空いていれば、ちょっと話をしてみるくらいは…。

日本の騎手なら、断然ユタカ・タケだろうが、積極性が最近目立つ松山・北村友両騎手は、そもそも牝馬の扱いも得意なタイプだから、機会があればこれはこれで面白い。

まあ、あと何戦するかわからないが、ルメールで完結する物語を完成させる義務が、オーナーにはある、とここは敢えて記しておく。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方