雨雪コロナと波乱

競馬予想ブログ JUST

雨雪コロナと波乱 ~ 無観客競馬、G1の騎乗停止など

読了までの目安時間:約 3分

 

新型コロナウイルスの感染状況がパンデミックであるとWHOが宣言して以降、中止、延期をする競馬開催の主催者の判断が世界の潮流とするなら、フェブラリーSの前後から本格的に無観客で競馬をすることを徹底していった中央、地方ひっくるめた日本の競馬関係者は、今のところ、気づかないだけかもしれないけれども、クラスター感染の温床と悪評を頂戴することもなく、やっとこさ格好だけはしっかりと整えて、体裁を保ったままであるのは立派。

武藤騎手の途中退場には、一瞬ドキッとしたのは確かだが…。

 

ところで、ルメール騎手らが緊急措置となる2週間の隔離義務を負い、その要因となったドバイ問題のあおりを受けた本来ドバイ開催が行わていたはずの週に起きた様々な出来事は、一概に、偶々ではない部分を孕んでいる。

 

雨に雪が混じり、時に降り積もるのは春の競馬では想定内だ。

それでも、土日で最高格の重賞の1位入線騎手が騎乗停止を食らうほどの斜行をするというのは、かなり珍しい。

言わずと知れた名手が、池添騎手とそれぞれのパートナーを何とも言えない気持ちにさせつつ、馬場が荒れていたせいとか、久しく浴びていなかった注目を一身に浴びた時の馬の焦りのようなものが、はっきり結果に表れるなど、滑稽な話である。

 

池添騎手は準備してここに挑んでいるけれども、特に、高松宮記念の上位入線馬は、ほとんど乗り替わりだった。

テン乗りも多く、馬のことをよく知る騎手の馬が、記録上では勝利したとなっているが、ちゃんとこの週に重賞を制したというのは、メンバー中最も苦しい位置から勝ちまわって楽々と抜け出した武豊騎手のサトノインプレッサだけだったように思う。

人も馬も、気持ちの揺れ動きというのはあって、その幅が大きくなるのは仕方がない。

ただ、最高の舞台に向かう条件として、最大限のことをやり抜くための最低限必要な準備が、ちょっと足らないのではないだろうか。

それもまた、人間の業。

 

悲喜交々の優勝騎手インタビューが見られた翌週、今度は感染者とGⅠライヴ観戦で騎手3人が除外の憂き目に。

うまく付き合っていくしかない。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方