ロベルト系の復習

競馬予想ブログ JUST

ロベルト系の復習 ~ デアリングタクト(桜花賞)ほか

読了までの目安時間:約 3分

 

久々に勢いを取り戻したロベルト系の活力について、今一度振り返って行こうと考える。

 

・ロベルト<父ヘイルトゥリーズン/ダービー・コロネーションCなど14戦7勝/USA産>

-クリスエス

 -シンボリクリスエス

  -エピファネイア

   -デアリングタクト

ゴツさ満点の迫力型でお馴染みだったアメリカンタイプの血統が、日本の高速馬場に最も適応した、単純に絶対能力が最上位だったろうシンボリクリスエスの活躍、種牡馬入りで、流れ一変。

真の大物を出し続けるファイアーラインとでも評すべきか。

 

-シルヴァーホーク

 -グラスワンダー

  -スクリーンヒーロー

   -モーリス

ナリタブライアンと双璧かそれ以上とされたグラスワンダーがサイアーラインを牽引するが、シンボリクリスエスよりは案外、芯が細いようで、サンデーサイレンスとダイナアクトレスの血を借り、モーリスと同期のゴールドアクターを紡ぎ出した。

元来、スピード型が多いから、違った発展の仕方もあり得る。

 

-ブライアンズタイム

 -ナリタブライアン

 -タニノギムレット

  -ウオッカ

日本競馬界における最重要ポジションを担い、同系統のサンデーサイレンスよりも長めに、よりタフな地方ダートへの適応力も示した、本当の意味で日本の競馬の番組に適したブライアンズタイムの産駒は、大物の割に、血統的価値に見合った活力がなかったのか、種の拡張に失敗した。サンデーサイレンスの影響も多分にあった。

 

-リアルシャダイ

 -ライスシャワー

早くから社台SSにスタッドインしたリアルシャダイだが、どこか鈍重さからくる不器用な面を直系では活かせず、母系に入って本領を発揮した時期が、少々早すぎた面は拭えない。

最近はほとんど目立たないため、過去の存在となってしまった。

 

ーレッドランサム

 ーインティカブ

  -スノーフェアリー

ホークスター<父シルヴァーホーク>に期待した能力の発揮を、20年あまり経過した後、突如として日本のファンに見せつけたのが、正真正銘、本場のグラスグラシックウイナーとして来日したスノーフェアリーだった。

ロベルト系があまり目立たないエリザベス女王杯において、連続の完勝は、鞍上ライアン・ムーア以上のインパクトを残した。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方