牝馬クラシック戦線【2020年・春】 総括

競馬予想ブログ JUST

牝馬クラシック戦線【春】総括 ~ デアリングタクトからデゼル、リリーピュアハートまで

読了までの目安時間:約 3分

 

レシステンシアがハイセンスな競馬でデビュー戦を勝利した時点で、リアアメリアとウーマンズハート、マルターズディオサやそれと好勝負を演じたマジックキャッスルとギルデッドミラーに加え、名門厩舎の期待馬が多数存在していた。

 

リアアメリアとウーマンズハートは負け知らずで2歳チャンピオン戦に挑む過程で、京都の新馬戦を楽勝するデアリングタクトが登場する。

そうしたメンツが大体ガラガラポンしている時に、密かに中山で格好のいい競馬をして2000Mの新馬戦を圧勝するウインマリリンが登場する頃、サリオスとレシステンシアがドえらい勝ちっぷりで、歴史的2歳王者に輝く。

 

前途洋々、牡馬にもまだマイラプソディやコントレイルという駒が残っている中で、ハイレベルなクラシックが展開されると思っていたが、年が明けると変化が起きた。

牝馬戦線では、JF惨敗のリアアメリアに東京で負けていたサンクテュエールがシンザン記念を、好メンバーのフェアリーSを良血スマイルカナが逃げ切り完勝。

そういう過程でエルフィンSでウオッカ超えを果たした2頭目の牝馬となったデアリングタクトが再登場。

 

アブレイズもミヤマザクラも、一時はすべてものにしそうな勢いだったスカイグルーヴもいたが、レシステンシアが自分らしさを取り返した桜花賞で、誰にも真似できない、道悪桜花賞での追い込みを敢行、勝利に繋げたデアリングタクトだけが、まだ目の黒いアーモンドアイに対抗できる存在として名乗りを上げたのである。

オークスはほとんどおまけのようなもので、今まで経験のない、左回り、長距離輸送、間隔の短さ、揉まれる競馬に人気を背負った際の対応などを、桜花賞でできなった分、全て取り込んでしまって、真の意味での優駿牝馬へと駆け上がった。

 

ここに挙げた面々は、牡も牝もなく、これからGⅠ戦線を戦うべき力の持ち主なのだ。

デゼルにもリリーピュアハートにも先はあるが、それはまだ後の話だろう。

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方